bn0
本日紹介いたしますのはこちら、「超級!機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン!」第1巻です。
作者は島本和彦先生と宮北和明先生、脚本に今川泰宏先生。
角川書店さんの角川コミックス・エースより刊行、ガンダムエースにて連載されています。

さて、明鏡止水の境地に達し、東方不敗とデビルガンダムを撃破したドモン。
ですがその強大なパワーの為にシャイニングガンダムのエネルギーを使い果たしてしまって再びピンチに。
そんな時、新たなモビルファイター、ゴッドガンダムが登場!
ドモンは新たな愛機に搭乗し、一路ガンダムファイト決勝会場、ネオホンコンへと急ぐのでした!!

そのころ、ネオホンコンの会場では大変な事態が巻き起こっていました。
会場へむかう先頭グループの中で、実力はありながらも非道な行いを辞さないタイプのファイターが、次々と会場に辿り着く寸前のガンダム達を破壊していたのです!!
大会の本命とは言い難い、何とかかんとか勝ち抜いたり、うまいことかくれてようやくこの日を迎えたファイターたちは為す術なくやられていくばかり。
激しい戦いで消耗しきってしまっていたファイターもいたのでしょう、ここは見逃して決勝大会で勝負してくれ、と懇願するのですが、無法者たちは一切聞く耳を持たないのです。
雑魚がみんな決勝に出たら、対戦表が膨れ上がってめんどくさいスケジュールになっちまうんだよ!
bn1
そう語ったのは実力者のゼウスガンダム。
確かに実力者からすれば、膨大なその他大勢の戦いを見ているのは苦痛でしかないでしょう。
どうでもいいガンダム同士の戦いを書く作者さん的にもしんどいはず……!!
数多くのザコガンダムを蹴散らし、悠々と一番乗りを果たすゼウスガンダム。
後を追う様に実力派が会場に到着して行き……
まさにこの決勝大会は、強者だけの頂点をきめる戦いと言うのにふさわしいものになりそうです!

その頃のドモンは、地球の大気圏外に設置されているロープの反動を使い、猛烈なスピードでネオホンコンへむかっていました。
その凄まじいスピードは、明鏡止水の境地に至ったドモンをして、耐え切れるかどうか、と言う激しい衝撃を生み出していました。
bn2
シャイニングガンダムは、そのドモンの力に完全についてくることはできなかったはず。
今度のゴッドガンダムは、逆にドモンの体がついていけないほどのポテンシャルを秘めているようです!!
体が壊れてしまいそうな衝撃が走る中、ドモンはこの凄まじい力を使いこなせるか不安になっていました。
その不安に答えるかのように、突然目の前に父の映像が現われてドモンに問いかけてきたのです。
このゴッドガンダムはお前に合わせて作ってあるが、お前があるレベルに到達するまではこのガンダムを使いこなすことなどできない。
怒りのパワーでは、このゴッドのハイパーモードは使用できんぞ!
ですがドモン、ある程度のレベルになる修行は積んできていますし、怒りも越えてます。
そう父の映像に告げてみると、ほう、怒りを越えて来たか!とご満悦で消えて行きました。
なんだか謎の登場でしたが、ともかくこれでドモンにも覚悟のようなものができました。
このガンダムは、今まで以上に自分が試されることになりそうだ。
それでも必ずこのゴッドガンダムを使いこなし、決勝を勝ち抜く!!
そして必ず優勝を……
そう思っていた瞬間、後方から何かが四つ、物凄い勢いでドモンに迫ってくるではないですか!!
bn3
これも大会の参加者なのか?
そんなことを考えていますと、その物体が次々とドモンに攻撃を仕掛けてくるのです!!
なんかごっつい大型ガンダム、鳥のようなガンダム、ボールから手が生えているようなガンダム、そして……馬。
わけがわからないドモンですが、この4体のガンダム(馬?)がただならぬ存在であることはわかります。
逃げ切れる相手ではなさそう。
だからと言って、ここで一戦交えたら、ネオホンコンにたどり着けないのでは……?
しかしこのままではただやられるのを待つしかないかもしれません。
ここは一か八か。こちらから仕掛けるしかないのだろうか!?
決死の思いでこちらから仕掛けることを決意したドモン!
ところがその瞬間。
ダメだ、ネオホンコンへ向かえ!と言う声が響き渡るではないですか!!
直後、海中からまたも新たなガンダムが4体飛び出してきたのです!!
bn4
新手の敵が4体も出たのか!?
焦るドモンですが……どうやらそうではなさそう。
その4体の新手のガンダムは、ドモンに攻撃を仕掛けてきた4体のガンダムにそれぞれ攻撃を仕掛けていきました!
その4体、よくよく見ればシャッフル同盟の4体のガンダム……に似ている、それっぽい謎ガンダム達!!
bn5
彼らはもちろん通りすがりのガンダムなんかじゃありません。
あのデビルガンダム包囲網によって精も根も使い果たし、海の藻屑と化してしまったかに見えたシャッフル同盟の面々。
彼らがそれぞれの国の技術の粋を集めた、最新型ガンダムに乗り換えて決勝会場に向かっていたのです!!
ドモンを含め、全員が新型のガンダムに乗り換えたシャッフル同盟!
パワーアップは確実ですが、その実力を存分に発揮するには何よりもとにかく決勝大会に出場しないことには……
心強い仲間が駆けつけてきてくれたとは言え、この4体のガンダムと馬が強敵で、ガンダムファイト決勝大会までの時間制限が間近なことは変わっていないのです!
このガンダムと馬の正体は?
新生シャッフル同盟の実力は?
何よりも、ドモンたちは決勝大会に間に合うのでしょうか!?

というわけで、新たなシリーズとなった本作。
長かった予選大会&修行編もようやくおわり、これからが手に汗握る決勝大会となる……と思った矢先に襲い掛かる妨害!
決勝大会が始まる前からこの盛り上がりということは、決勝大会がさらに大きく盛り上がることはほぼ間違いないといっても過言ではありますまい!!
シャッフル同盟の更なる奮起、そして東方不敗の暗躍。
例の新手、なんたらかんたら四天王も姿を現し、激しい戦いの予感はびんびんですね!!

改題して再びのしきりなおし、「超級!機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン!」第1巻は全国書店にて発売中です!
迫る激闘、その前に巻き起こる大嵐が収録された今巻。
新たなモビルファイターのお披露目もあり、早速見所満点の内容になっていますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!