tr0
本日紹介いたしますのはこちら、「trash.(トラッシュ)」第5巻です。
作者は原作が山本賢治先生、漫画がD.P先生。
秋田書店さんのヤングチャンピオン烈コミックスより刊行、ヤングチャンピオン烈にて連載されています。

さて、伝説の殺し屋バレット&フランチェスカの異名を持つ、るしあとマインの女子高生コンビの戦いを描いていく本作。
組同士の抗争がメインとなる上に、原作があの山本先生ですから毎回毎回文字通り血湧き肉踊る戦いが繰り広げられていくわけですが、今巻の戦いは……?

るしあの元に雇い主である美能子が仕事を持ってきました。
アジア最大のマフィアから依頼された、とある組の幹部5人を殺すと言うその仕事。
いくらなんでも組の幹部5人を殺すと言うのは難しすぎるとるしあは難色を示すのですが、その依頼料が1億と言う破格な料金であること、そしてるしあがつい先日、美能子に黙って勝手に「お仕事」をしてしまった引け目もあり。
しぶしぶるしあはその仕事を請けることにしたのでした。

とは言え組の幹部5人を殺すと言う困難なミッションをどうこなせばいいのでしょうか?
実は、タイミングよく絶好のチャンスがやってくるのです。
そのとある組をはじめとした、数多くの組を傘下に持つ大組織、村上会の会長の誕生会。
傘下の組のものは墓の下にいても出ろ、とまで言われている大イベントで、どんなまずい状況があって雲隠れしていなければならない状況だとしても、仮に檻の中にいたとしても、参加しなければ命は無い……そんなイベントが!!

その頃、香港では。
地元のマフィアが豪華なレストランを貸切にして談笑していました。
ですがその貸切にされたレストランに、無遠慮に入って行こうと言う3人組が現れます。
tr1
胸元をガバッと開けたセクシーな衣装を身に纏い、キャスター付きの旅行カバンを引き摺っているショートカットの女性。
そして、背の高いオールバックの男と、筋骨隆々の坊主の男……
近寄るなという警備の警告を無視して進んで行く3人、当然警備は警戒し発砲してでも中に入れまいと銃を取り出します。
が、その引き鉄が引かれるよりも早く、背の高い男は警備に急接近!
奇妙な手袋のようなものをつけた右手を警備の顔面に押し付けたかと思うと、その手をおもいっきり擦り取るようにおろしました!
すると警備の
tr2
顔面の皮がずるりと剥け落ちてしまったではないですか!!

警備がいなくなったことなど知らないレストランの中のマフィア達。
そんなマフィア達のいる部屋の扉が少しだけ開き……そこから先ほどの旅行カバンが部屋の中に置かれました。
マフィア達は爆弾か何かか!?と驚き、様子を見ることしかできません。
すると、カバンの中から奇怪な音が聞こえ始め……中から鍵が開けられるような音が聞こえます。
バカッと音を立てて開くカバン。
すると部屋の中に、なんとも言えない悪臭が立ち込めるではないですか!!
カバンの中には一体何が入っているのでしょう。
それを見たマフィア達は言葉を失い……程なくして、部屋の外にまで届く絶叫が響き渡ったのです……

部屋の外にいたショートカットの女は、15分くらいかな?とその絶叫が終わるのを待っていました。
すると彼女の携帯が着信します。
携帯に出ると……それは彼女達の次の仕事の案内だったようで。
電話を終えると、彼女は仲間に告げるのです。
次の仕事は、日本だって、と。

るしあの仕事の日がやってきました。
何か予定でも会ったのか、まだマインがこの場にやってきていないのが気にかかりますが……るしあは絶対に来るから、それまでに侵入口を確保しておく、というばかり。
この仕事に失敗したら、るしあとマインが犠牲になるどころか、美能子たちの組も村上会に目を付けられて「終わり」でしょう。
今の美能子ができることは、準備した道具を渡し、信じることくらいなのです……

入るときは派手に、入ったら地味に。
そのアドバイスに従い、るしあは入るときは組の関係の女を装って入り込み、中に入ると今回の誕生会用の臨時のお手伝いさんを装って潜入することに成功しました。
ただその衣装が
tr3
エロスなメイドさん風なのが気になるところですが……!!

ターゲットはすぐに見つかりました。
あとはタイミング……注意深く様子を窺っていますと、お手伝いさん仲間の工藤と言う女の子がその視線に気がついたようです。
あの組が気になるの?と問いかけてくる工藤。
tr4
るしあの鋭い視線にいち早く気がつき、見ていた相手がどの組か、と言うことを知っている彼女、何者なのでしょうか……?
単なるお手伝いさんでは無さそうですが、すぐにるしあの計画をばらしてやろう、と言うつもりでもないようで。
考えているうちに、誕生会の主役が登場し、雰囲気が騒然となります。
現れた村上会の会長、やはり相当アレな人物。
わざと嘘の誕生会の日程を教えて不参加の女性を作り上げ、その女性を捕獲。
この誕生会の見世物の材料にしてしまったのです。
毎年恒例のお仕置きショー、と言う名目でその女性は……
体の前面を縦に切り開かれ、「中身」をぶちまけさせられてしまったのです!!
しかもその状態で台の上に乗せられ、露出した中身に酒をぶっ掛けられました!!
想像を絶する痛みでしょう、彼女はバタバタと踊るようにのたうち回り……
tr5
……人間の、活け造り……
その異様な光景を見て舌なめずりをする会長、そしてそれを見て盛り上がっているそぶりをするしかない参加者達……
るしあこの異常さを見て、仕事のリスクの高さを再確認。
とっとと終わらせて出なければ、と決意を新たにするのでした。

その時。
そもそもこの仕事を持ち込んできたアジアのマフィアの依頼人の元にある一報が届いていたのです。
この会の参加の組と取引をしている関係上、誕生会の場にいた依頼人。
そんな依頼人のもとに、香港から荷物が届いた、と。
香港からの荷物……
tr6
それは、あの三人組です……!
準備は出来たわけね、最高のパーティーを始めましょう。
そうほくそ笑む依頼人。
どうやらこの仕事、これからもまだまだ波乱が起きることになりそうです……

というわけで、今回はとりわけ危険な仕事に挑むるしあとマイン。
マインがいない状態でのるしあは、無双できるほどの戦力を備えているわけではありません。
ましてここで騒ぎを起こせば、ターゲットを無事消せたとしても村上会に目を付けられる形になるわけで。
密かに、誰がやったのかも分からないうちに、標的を消さねばならない。
そんな仕事を行わなければいけない場所に、あの危険な三人組までやってきてしまうのです!!

そんな息詰まる展開も注目ですが、本作の最大の売りといっても過言ではないエロス&バイオレンス描写もバッチリ収録されています!!
主人公だろうと、結構いいところのあるその雇い主だろうとまったく遠慮なく酷い目にあう本作。
今回は単身危険な地に乗り込んでいるから仕方が無いとは言え、るしあがそれはもう酷い目にあわされてしまうます!!
しかも今回は、エロス面もバイオレンス面も両方!!
主人公がこんな目にあっちゃっていいのかしら、と言うくらいの酷い目にあわされ方はそっち系が得意な方はもちろんのこと、苦手な方でも目を見張ってしまうことでしょう!!
この容赦もえげつもない敵や展開はまさに山本先生ならでは!
バトルもエロスもグロスもバッチリ描き上げる、D.P先生によってその魅力(?)はさらに引き立っているのです!!

るしあ受難の「trash.(トラッシュ)」第5巻は全国書店にて発売中です!!
驚きの敵に驚きのどんでん返し、圧巻の決着に今後の展開のおぼろげな示唆もある、充実の今巻。
1冊1エピソードというのも、刊行ペースがやや遅めな本作では嬉しいかも!?
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!