810
本日紹介いたしますのはこちら、「ハチワンダイバー」第31巻です。
作者は柴田ヨクサル先生。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックスより刊行、週刊ヤングジャンプにて連載されています。

さて、最大の将棋トーナメントもクライマックスに近づいてきました。
準決勝で激突した、菅田と鈴木八段の師弟対決は、対局の最中に成長を遂げた菅田が見事師を乗り越えて見せました。
続く準決勝第2試合でぶつかっているのは、名実ともに「神」であった森根名人と、次代の谷生として力を付けていっているそよ。
果たしてその結末は……?

お互いが堅い守りを誇る穴熊、相穴熊で幕を開けたそよと森根名人の対局。
嵐の前の静けさ、と言うにふさわしいムードで始まったこの戦いですが……
最初に仕掛けてきたのは、森根名人でした。
以前谷生と対局し、負け越してしまった経験のある森根名人。
そよのうちスジを見て感じるところがあったのでしょう、君は谷生の弟子かい?と尋ねて来ました。
そよはうつろな笑いを浮かべながら浮かべながら答えます。
だからなに?
私の中で谷生を肯定すると言うことは、「恐ろしい」。
そして、谷生とシンクロするのは、天空に浮かぶ想像上の遺跡から飛び降りるくらい最高に怖くて、ダメなのに……
811
最高に気分がいい!
そう言ったそよは、来なさい、といつもの言葉を。
言葉とともに指された一手は、なんともいえない迫力を持っていて……
森根名人は目を見張ります。
こんなにざわつく相手は初めてかな。
谷生を愛してた力だね。
……いえ、それだけではありません。
菅田の存在もまた、彼女に力を与えています。
私と一緒に強くなろうとしてくれる人がいる。
谷生でも何でも、何を使ってでも、私も強くなる。
そう言って指した手は、明らかな意思を持っているものでした。
名実ともに将棋怪の頂点にいると言っていい、森根名人への、挑発!
もちろん挑発されて黙っていられる森根名人ではありません。
「来なさい」とかなり上から言っていたが、私の棋風を知っててかい?
将棋界の頂点に立つものの棋風をそよが知らないはずもなく……
実は、「攻め100%」。
歴代名人の中で、最も「攻め将棋」。
時々、子どものように無邪気に、無茶苦茶に攻めまくる森根名人。
名人が言うには、短気だと言うわけではないんだそうです。
相手がどんな陣形を組んでいても、紙細工に見える。
それが例え穴熊でも。
森根名人が攻め始めます。
本気で名人が攻めを始めると、敵陣が跡形もなくなるまで滝のように止まらないそうで。
人はそれを、
812
「蜂巣流(ガトリングりゅう)」と呼ぶのです!!

名人が攻めを始めた途端、いきなりあちこちで火の手が上がり始めます。
ですが、これこそがそよの狙っていたことでもありまして。
「谷生の将棋」に、もう一度「私の将棋」を乗せる。
それは、「名人の攻め」を受け止めること。
谷生の魔性の力に加え、秋葉の受け師としての力を加え、より高みに上り詰める!!
それでなくては、谷生には勝てないと思ったのでしょう!!
その意気込みは、対局にも現れています。
あなたが攻めてこなければ、私のと金が間に合う。
そうなればあなたは一瞬だ、攻めを止めてはダメ。
来な、受けつぶしてあげるから。
813
言葉には出さずとも、駒がそう名人を挑発しているのです!!
その挑発を受けた名人は……淡々と語りながら、攻めの準備を始めました。
将棋というのは、まず駒で交渉するゲーム。
でもお互い欲を書きあい、小銭を取り合うように序盤中盤少しでも得しようとするもんだから、必ず交渉は決裂する……
棋士は会話以上に将棋で会話する。
気味のこの挑発に、「今日はいいかな」なんて思う。
顔やそぶりには一切出さず……ブチキレる。
君は受けに自信あるんだろうけど……深い森の奥の、「穴熊」の奥の奥にしっかり隠れるんだ。
……ブチキレてるように見えないだろ。
814
名人ですから。
静かに激怒している名人が指す一手。
それが、名人のガトリングの口火を切ることになりました!!
815
50手にもわたる、延々の攻め!!
日本、いや、宇宙最強の攻めにさらされたそよは、それを受けきることができるのでしょうか!?
そして森根名人を乗り越え、菅田の待つ決勝の場に上ることができるのでしょうか!?
戦いはさらにさらに加熱していくのです!!

というわけで、森根名人対そよの激突が収録された今巻。
着々と実力をつけ、ヒロインらしさからはかけ離れて言っているそよさん……
そのまなざしは完全にあっちへ行ってしまっておられますが、そんな彼女をこっちへ引き戻すことができるのは決勝で待っている菅田をおいて他にはいないでしょう。
谷生を打ち倒すと言う最大の目的はもちろんのこと、菅田とそよの恋愛も大事!
両想いに放っているものの、あまりに障害の多い二人の恋はどうなってしまうのでしょうか!?

そしてもうひとつ、鬼将会爆破チームの戦いも見逃せません。
決勝間近と言う状況のトーナメントですが、こちらも爆破成功間近に。
ですがそこに当然鬼将会の魔の手は伸びてくるわけで。
爆破が成功するかどうか、マムシたちの安否、そして爆破が成功したとしたらそのタイミングは!?
こちらも気になって仕方ありませんね!!

神VSメイド、「ハチワンダイバー」第31巻は全国書店にて発売中です!
熱過ぎる森根名人とそよの戦いがたっぷり収録された本作。
その決着まで収録されていまして、目の離せない一冊となっていますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!