so
本日紹介いたしますのはこちら。

「ソレミテ~それでも霊が見てみたい~」第2巻 漫画・小野寺浩二先生 総合プロデュース・石黒正数先生
少年画報社さんのYKコミックスより刊行です。

小野寺先生と石黒先生、そして少年画報社の編集者の皆様で心霊スポットを巡っていく本作。
今まで霊を見たことが無いという小野寺・石黒両先生が、その目で霊を見るために心霊スポットに赴き、霊を見ることができたら連載終了!というコンセプトで始まったわけですが、今巻では……?

今巻でも小野寺先生たちは様々な心霊スポットに挑んでらっしゃいます。
好事家の間では有名な心霊スポット、「腹切やぐら」から始まり、石黒先生の休暇をかねた取材旅行に無理矢理ついていく形になる香川編、石黒先生のご実家のある福井編、押しも押されぬ観光スポットでありながら同時に自殺スポットでもある東尋坊などなどの遠方ロケが多数!
そしてなんとその中のひとつである、末尾に2のつく部屋に幽霊がでるともっぱら評判らしいG県の某ホテルのロケにはアニメ放送を目前に控えた「僕らはみんな河合荘」の作者、宮原るり先生が同行していらっしゃいます!!
あまりにも霊を目撃できなかったためか、心霊アンテナ(?)がすっかり鈍感になってしまった小野寺・石黒両先生の分まで派手に怯えてくださっていますよ!!

この漫画のコンセプトと言えば、今まで見たことの無い霊を見たい、というものでした。
ということは霊を見れば終わりと言うことで、連載が続いていると言うことは、「結局霊は見られませんでした」というオチが延々続くと言うこと。
同じオチがずっと続けば当然人気も落ちてきて、下手すれば霊を見た!ではなく、人気がなくなった!で終了という可能性もモリモリでてくるわけで……
そこで本作は新企画を盛り込むことになりました。
ソレはズバリ「霊視」なんかのオカルティックなアレコレをしてもらいに足を運ぶと言う、体験企画!!
今回は前世を記憶を呼び覚ます「過去世退行催眠」の体験と、オーラを見てもらって占いをしてもらうズバリ「霊視」の体験です!
普通に考えれば物凄く胡散臭いこの二つですが、霊は信じたいけど信じる確証をもてない小野寺・石黒両先生はどんな体験をすることになるのでしょうか!?
例の存在を信じる一助になるのか、それとも!?
いつもの企画とは少し違ったアプローチながら、興味深い内容になっています!!

新企画はもちろんのこと、今までの通常企画もいつにも増してアグレッシブになりおまけに同行した宮原先生によるレポート漫画6P,石黒先生による番外編6P、荒れすぎて本編からカットしたエピソードを4Pと本編意外にも見所が満載!
ホラー好きならずとも楽しめる内容に仕上がってますのでご安心(?)ください!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!