me0
今回紹介いたしますのはこちら。

「魔法少女・オブ・ジ・エンド」第5巻 佐藤健太郎先生
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスより刊行です。

魔法少女達の誕生と、つくねになんらかの関係があることがわかった一同。
ですがその間にも魔法少女達は攻め手を緩めることはしません。
救いにきてくれた自衛官達をはじめとして、生き残った者たちは次々にその毒牙にかかってしまったのです。

つくねの中に住むもうひとつの人格、あすか。
それがこの魔法少女を生み出したひとつのきっかけであることは間違いないようです。
そして彼女の目的が、「この世界で計画を完遂してハッピーエンドを向かえる」と言うことわかりました。
だからと言ってこの絶望的状況を打破できることにはつながらないように見えます。
が、そこで非情とも取れるふと角推論を打ち出したのが芥でした。
魔法少女たちの中には時間を超えられるものがいた。
ということは、魔法少女たち自身も時間を越えて未来から来たのではないか?
ならば、未来に魔法少女を生み出して送り込んできたのであろう、つくねを殺してしまえばこの魔法少女達はいなかったことになるのではないか?
それがわかったところで、芥は虫の息、つくねにたどり着くまでにどんな魔法少女が待っているかもわかりません。
芥達はつくねの元にたどり着けるのでしょうか?
そして、つくねを殺すと言う恐ろしい計画を実行に移せるのでしょうか?
物語のすべてのカギを握るであろう児上はどうするのでしょうか……!!

と言う感じで、またまた急展開を迎える本作。
すべての謎がおぼろげながら明かされてきた今巻ですが、それをすべてひっくり返してしまうかのようなとんでもない出来事が巻き起こってしまうのです。
ついに黒幕らしき人物がしっかりと明かされ、そして謎ばかりが残っていたフードの人物の正体も示唆。
様々な謎が明かされはするのですが、それが物語の謎の全容を明かすことにはつながっていません。
黒幕と思しき人物は、何を目的にこんなことをしたのか?
その背景にはまだ更なる黒幕の影があるように感じられます!
芥がとんでもないことになってみたりと、まだまだ謎は多く控えてもいますし……
これから先もまだまだ見逃せない展開となって行きそうです!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!