mb0
今回紹介いたしますのはこちら。

「陣内流柔術流浪伝 真島、爆ぜる!!」第15巻 にわのまこと先生 
日本文芸社ノニチブン・コミックスより刊行です。

さて、見事Braveトーナメントで優勝を果たし、チャンピオンベルトを手にした真島。
そのベルトに隠されていた失われた過去のヒントとは、あの地下駐車場で行われた激闘の映像でした。
その映像によって、どぶろー先生と野々宮の生存が確認できた真島でしたが、またもトランス状態になって暴走してしまい……?


暴れまわる真島。
こんな時こそ巨漢、八代の手を借りて抑え込みたいところですが、八代はこの時所要があってこの場にはいませんでした。
では何をしていたかといいますと……意外な人物と会っていたのです!
その人物とは、
mb1
FBIの捜査官だった、K!!
八代はKに呼び出され、バーで会談をしていたのでした。

Kが追いかけているイースターエッグ事件と、八代。
この無関係にも見える二者を結びつけるものがあるとすれば……八代にはたった一つだけしか思い当たるものがありません。
ですがどうしても八代にはその「悲劇」を真島達に語ることができなかったのです。
その最大の理由は……古澤です。
いつどこでその冷たい目を光らせているかわからない古澤の存在が、どうしても八代に過去を語る踏ん切りをつけさせなかったのでした。

ですがどうしても誰かにその悲劇を語り、楽になりたくもあった八代。
様々な事情を知っているKにならば、と考えたのでしょう。
八代はゆっくりと過去を語り始めるのです。

日本のとある団体でプロレスラーをしていた八代。
ですがクラシカルなプロレススタイルを目指していた彼とは違い、団体はハードコア方面へ進み初めまして。
八代は活躍の場を本場、アメリカへと求めたのでした。
そこで彼が出会ったのが、無二の盟友となるジャックでした。
喝さいを浴びるヒーローになりたいという夢を持ってアメリカにやってきた八代でしたが、ジャックはお前のビジュアルでそれは無理だ、とぴしゃり。
二人でヒールユニットを組んで暴れまわろうと提案してきたのです。

その提案は見事ヒットし、二人はどこに行っても馬頭の声を投げかけられる「ヒール人気」を爆発させました。
八代は赤の、ジャックは青の揃いのコスチュームを着たヒールユニット、ナチュラルボーンデビルスは、その二人の体躯とコスチュームの色合いから、、まるで赤鬼と青鬼のよう。
mb2
そのうえ二人で同時に繰り出す必殺の「タイフー・ボム」のインパクトもあって、飛ぶ鳥を落とす勢いを保持したのです。
タイフー・ボムはデスバレーボムのように相手を担ぎ上げて脳天から落とす形なのですが、タイミングよく相手の足をクラッチしていた手を外すことにより、遠心力が働いて相手はマットと体が平行になって落ちる、という派手さと安全さを兼ねそろえた技でした。
おかげでレスラー間の評判も上々で、各地から引く手あまたの状態となります。
そんなさまざまなオファーの中に、転機となるものが含まれていたのです。
ジャック個人に舞い込んだ、「GIGAバトル」への招待です!!
実はジャック、自身の師匠がかつてGIGAバトルに参加しており、そこで師匠がどぶろー先生に敗れ去ってしまっていた、という過去を持っていました。
いつかその戦場で師匠の敵を討ちたい、と願っていたジャックにとってこのオファーは望んでやまないもの。
最初こそ八代を一人残してオファーを受けることはできないと考えて断ろうとしたジャックでしたが、ほかならぬ八代がその背を押してくれ、オファーを受ける決心をしたのです。
そうなればコンビは解消です。
ならばそのコンビ解消もド派手にしようと、二人はリング上で仲間割れというストーリーを演じることにしました。
さながら「泣いた赤鬼」の昔話の再現のように、八代をベビーフェイス転向させるおぜん立てをしてプロレスを去ることにしたジャック……
思惑通り、リング上は八代のベビーターンを歓迎する声があふれて……
感極まりながら、八代は訣別のタイフー・ボムを放つのですが、その瞬間のことです。
八代の目に、異様な光が飛び込んできました!!
すると八代の体は硬直し、本来外すはずの足のクラッチが外れず、足がもつれてしまい……
ジャックは体が反り返った状態で顔面からマットに落下。
mb3
頸椎を損傷し、二度とリングに立てない体になってしまったのです……!

それ以来、すっかり転落人生を歩くことになってしまった八代。
そこに近寄って来たのが……古澤だったのです!!


というわけで、八代の過去が語られ始めた今巻。
順風満帆の道が見え始めた矢先に起こった悲劇。
そこにすかさず現れた古澤、あまりにタイミングが良すぎるのではないでしょうか。
心なしか、八代の目に不可思議な光を当ててきた謎の人物もどこか古澤に似ているような……
今までも十分すぎるほど怪しかった古澤ですが、もうその怪しさはぶっちぎり状態!!
この後に待っていた事件は、八代をさらなるどん底に叩き落とすことになるのですから!!
そしてイースターエッグ事件と、八代の身にこの後おこる事件に共通しているあるモノ。
そのうえさらなるさまざまな謎のカギが登場しまして、物語はさらに混沌としていきます!!
謎深き古澤の、謎の深遠……
真島の失われた過去とともに、それが明らかになるのはいつの日なのでしょうか!?


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!