kn0
今回紹介いたしますのはこちら。

「キン肉マン 読み切り傑作選2011-2014」 ゆでたまご先生 
集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行です。

さて、29日の金曜日……キン肉マンの日に発売されたこのキン肉マン読み切り集。
その表題通り、近年に描かれた作品を収録しています。
5エピソード6話を収録している本作、その題材は脇役キャラの隠された真実をつまびらかにするものから、あのタッグ、あのチームの結成秘話、一話完結のヒロイックアクションなどなどが繰り広げられていくのですが……
そんな中でもとりわけ目を引くのが、本単行本のために44ページも描き下ろされた新作、「ラーメンマンとブロッケンJr.~恩讐の彼方に~」でしょう!!
今回はそのエピソードを取り上げてみたいと思います!!


数々の名勝負、珍勝負が繰り広げられた第21回超人オリンピック。
そんな数ある名勝負のうちの一つ、ラーメンマンVSブロッケンJr.が決着していました。
ブロッケンの攻撃を受けるだけ受けたうえで、ロメロスペシャルによってレフェリーストップ。
親父のことを忘れろ、そうすればお前は強くなる。
そんなアドバイスまでつけてしまう、ラーメンマンの完勝でした。
が、そのファイトスタイルゆえにラーメンマンの負ったダメージも甚大!
勝ち名乗りを受けた直後、倒れ込んで病院に担ぎ込まれてしまったのでした。

病院に担ぎ込まれたラーメンマンは、最新医療の力によっていろいろ検査されることに。
MRIで体を検査しようということになったのですが、なんということでありましょうか。
ラーメンマン……
kn1
頭の中に脳みそが入っていないのです!!!
なるほどこりゃあのちにベアクローで頭ぶっ刺されても復帰できたわけだわ……
って、そういう問題じゃありません。
確かにその時、「脳を抉ったせいで植物状態になった」的なことを言っていたはずですし……
しかもその直後、MRIは爆発!!
重症にもかかわらず立ち上がったラーメンマンは、西洋医学とやらでは私の体は治療で金と言い残して立ち去って行ってしまいます。
要するに、超人の力は科学的なあれこれを超越していて、そのためにMRIで検査ができないということのようです。
……すごいですね、超人体!

で、ラーメンマンはその体で腕立てまではじめます。
おまけに同室のブロッケンのベッドのすぐ横で!!
もちろんそんな行動を自分へのあてつけととり、不快さをあらわにするブロッケン。
ですがラーメンマンは、いつも通り万全で勝負に挑むための準備をしているだけだと言い張るのです。
不敵な笑みを浮かべながら、大けがを押して訓練に励むラーメンマンを見て、ブロッケンはどうしてもその得体のしれない余裕じみたものの正体が気になってしまうのです。

その夜。
だしぬけにラーメンマンが向くりと起き上り、窓からそてへ出ていきました。
気になったブロッケン、そっと後をつけてみます。
するとラーメンマン、故郷を思わせる山を見つけ、園山を見ていると力が湧いてくるとその山に踏み入り、そこで訓練を始めました。
訓練を続けているうちに、どんどん傷の癒えていくラーメンマン!!
kn2
こいつはとんでもないとばかりの表情でブロッケンがのぞいていることに気づかないラーメンマン、何やら小さな木を踏みつけてしまいました。
その木から何か力を感じたラーメンマン。
そっと手に取ってみると、その木から発せられるガスがラーメンマンの超人パワーの回復を促進してくれているようで……
みるみる力を取り戻し、さらに生き生きと特訓を始めるラーメンマン!!
そのあまりの生き生きっぷりにびっくりしたのか、ブロッケンはたまらず飛び出して叫びます。
お前がそうやって特訓をしているのは、戦いに備えた超人レスラーの崇高な理念故なんかじゃない。
「史上最悪の残虐超人」としての血が騒いで仕方がないからだ、だれも見たことのないロボ超人のちをなめてみたい、そんな邪悪な念に駆られているだけだ!!
何たる完全な早とちり……
ともかく、ブロッケンはラーメンマンを根っからの残虐超人だと決めつけ、戦いを挑むのです!!
kn3
突然始まった、まさかのリターンマッチ。
果たしてブロッケン暴走は収まるのでしょうか?
そして、この後次の試合でブロッケンがラーメンマンのセコンドについたその理由が明かされることになるのでしょうか!?


というわけで、ブロッケンとラーメンマンのエピソードを描いた作品を収録した本作。
この読みきり、突然得意技になっていたあの技の初披露なんかが描かれたり、今後のラーメンマンにとって重要なあれの名前も出てきたりしまして、見どころ満載の作品となっております!!
もちろん他のエピソードも名作、迷作てんこもり!
ゆで先生らいい、細かいことは気にしない奇抜な発想が光る「キン肉マン外伝 ベンキマン」、マシンガンズ結成&多分命名秘話「ザ・マシンガンズ 空白の三日間」、なんという冷静で的確な判断力なんだ!でおなじみのあのチームに隠されたさらなるエピソード「超人血盟軍、結成秘話」、そしてラッカ星編をほうふつとさせる初期キン肉マン的な一作「奇跡の救世主伝説の巻」……
どれをとってもキン肉マンファン感涙の作品ばかり!!
以前出た37巻のようにナンバリングされていてもおかしくない、キン肉マンファン必携の一冊になっているのです!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


……ベンキマンの頭のあれって、黄色だったんですね……!!