um0
今回紹介いたしますのはこちら。

「ウメハラ FIGHTING GAMERS!」第1巻 原作・折笠格先生 作画・西出ケンゴロー先生
角川書店さんの角川コミックス・エースより刊行です。

西出先生は09年ごろから活動されている漫画家さんです。
PHP出版さん関連の漫画やイラストを多く手掛けていらっしゃいまして、本作の前日譚的な作品、「ウメハラTo live is to game」も作画、同社から発売されています。

折笠先生も前作から引き続き原作を担当。
あの小池一夫先生のお弟子さんだそうで、作家さんもしていらっしゃるようです。

さて、本作は格闘ゲームをかじったことのある方なら誰しもが知っているといってもいい、格ゲー界のレジェンド、ウメハラさんの歴史を描いていく作品です。
「To live is to game」のほうでは、本格的に格闘ゲームにのめり込むまでを描いていました。
が、本作はウメハラさんが頭角を現してきた「ヴァンパイアハンター」全国大会終了後あたりから物語が始まっています。
そして、物語の主役自体も少し変わっているようで!?


1996年。
カプコンさんの、いや格闘ゲームの代名詞ともいえる「ストリートファイター」シリーズの最新作、「ストリートファイターZERO2」が稼働していました。
対戦が盛り上がるゲームセンターで、ひときわ盛り上がっている集団がいました。
その中心にいる少年は、ものすごい勢いで連勝をしているようです。
もはや勝つのが当たり前、と言うほどの余裕を見せているその少年の名は……大貫晋也。
のちに「オオヌキ」「ヌキ」として名をとどろかせ、ウメハラとしのぎを削り合うことになる人物です!!

そんな大貫、ゲームセンターで知り合った友人に、最近このゲーセンに来るようになったすごく強いやつ、の存在を聞きました。
ちょうどその人物はそのゲーセンにやってきておりまして、スーパーストリートファイター2を対戦中。
um1
使っているキャラはガイルでして、戦法は自分からは積極的に動くことなく、ソニックブームを放って相手を牽制し、焦れて飛び込んできたところを的確に迎撃する……いわゆる「待ちガイル」。
この頃のゲームセンターにはまだ待ちや当て投げといった戦法を忌避するのが主流となっていまして、大貫もそんな考えの持ち主でした。
ただのガン待ちか、まあ強いと言えば強いけど……
あんなので強いってんなら、まあ寒いよね。
そんな冷ややかな視線を送るのです。

ある日、仲間とカラオケで盛り上がっている最中のことです。
今はなきアーケードゲーム雑誌、ゲーメスと気になる記事が掲載されていました。
それは、ストZERO2の全国大会告知。
仲間達に参加を勧められる大貫、浅草では負けなしだけどなぁ、と最初こそ少し難色を示していたのですが……
絶対強いやつがいるって!という仲間の言葉が決定打となりまして、参加を決意。
いっちょ優勝してくるわ!と冗談半分の言葉とともに戦いに挑んだ大貫でした、が……
当時猛威をふるっていたしゃがみ強キックからの百裂キックのオリコンもさく裂し、なんと言葉通り優勝してしまったのです!!
um2
全国一の座を勝ち取った大貫。
ですがその輝かしいはずの栄冠は、大貫の心を高揚させるには至りませんでした。
あの程度で「全国」なのか。
他の参加者はあれで本気なのか、だったら本当にしょっぱい。
……たかがゲーム、本気でやるほどのものじゃないのか……
大貫はそんな考えにいたり、バンドやマージャンといった、ゲーム以外の趣味に割く時間を増やしていったのでした。

一年ほどたったある時、カプコンの新たな格闘ゲームが発売されます。
「ヴァンパイア」シリーズ最新作「ヴァンパイアセイヴァー」です!!
今までほど熱心に格闘ゲームに打ち込んでいなかった大貫ではありますが、このゲームには興味を持ちました。
格闘ゲームがお好きで、有名プレイヤーに詳しい方ならご存知とは思いますが、大貫さん、生粋の女性キャラ好き。
そんな彼が、セイヴァーのリリスに惹かれないわけがないではありませんか!!!
巣鴨で行われるロケテストに向かった大貫。
さっそくリリスを使いますと……やはりその実力は本物でして、連勝の山を築いていきます!
やっぱりこうなっちゃうんだよね、と勝ち誇っていますと、見知らぬ男性から声をかけられました。
マルゲ屋の大会には出るの?と。

マルゲ屋とは、かつてゲーメストの発行元であった新声社さんが運営していた店舗でして、ゲームセンター+マニア向けショップ、といった感じのお店。
そこで開催されたセイヴァーの大会に出た大貫ですが……そこで去年見かけた「しょっぱい待ちガイル使い」も参加しているのに気が付くのです。
あの時の奴じゃないか、いやなもの見たな……などと考えていた大貫ですが、その嫌な相手と早くも対戦することになってしまいます。
「次の試合は、大貫晋也くんと、梅原大吾くんです。」
……そう、あのしょっぱいガイル使いこそが梅原その人!!
um3
大貫リリスVS梅原ジェダ。
二人の今でも続くライバル関係が、ここから始まるのです!!


というわけで、前作とは違い、大貫さんを主役に据えて展開していく本作。
本作では前作でウメハラさんが格闘ゲームに目覚め、腕前を上げていく様が描かれていました。
こちらの作品ではその立場に大貫さんが据えられ、ウメハラさんはその前に立ちはだかる壁として存在!
打倒ウメハラを合言葉に、大貫さんが腕を磨いていくのです!!
が、漫画だからということなのか、本当にこうなのかはわかりませんが、主役となった大貫さん、けっこうイイ性格してらっしゃいます!!
主役でありながら、ヒールでもある大貫さんが、梅原さんとどんな戦いを繰り広げていくのか?
その成長や激闘、腹グロシーンなどなど、見どころは満点となっております!!

本作、各格闘ゲームごとに章わけされているような感じで描かれています。
序章的な意味合いの強いZERO2編、ウメハラさんとの初邂逅から猛特訓が描かれるセイヴァー編。
そして、二人の名を不動のものへ広めることになるであろうZERO3編。
二人がどんな戦いを繰り広げていくのか、そしてウメハラさんは主役に戻るのか!?
今後の展開も見逃せません!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!