mb0
今回紹介いたしますのはこちら。

「陣内流柔術流浪伝 真島、爆ぜる!!」第16巻 にわのまこと先生 
日本文芸社のニチブン・コミックスより刊行です。

さて、八代の過去、そして古澤の謎の一端が明らかになり始めた前巻。
「ランド」と言う気になるワードも出始め、真島はさらに過去の情報を得るために新たな心理療法にチャレンジ。
それが見事にはまり、真島は再び記憶の中に入り込んでいったのですが……?


記憶の扉の奥底に飲み込まれた真島。
その先に待っていたのは……得体のしれないリングでした。
わけもわからず戸惑っていますと、いきなり襲い掛かってくる男がひとり!
不意に富んできたパンチを食らってしまった真島、リングのコーナーのほうへ吹っ飛ばされてしまうのですが……コーナーポストの代わりに存在しているのは、巨大なファン!
巻き込まれれば簡単に人間などバラバラになってしまうであろうファンの目前で何とか踏みとどまる真島。
そんな真島に、襲い掛かってきた男は立てと命じてきました。
男は、元GIGAバトラーのミシェルと言うそうで。
必ず真島をKOして、この「アンダーバトラー」のポジションから抜け出す、と並々ならぬ決意とともに真島におそいかかってくるのです。
真島はミシェルの猛攻を回避するのですが、どうやら真島がこの記憶の中に入り込む前の段階で、この体は相当ダメージを負っていたようで、思うように体が動かないのです。
しかもリングはマットではなく、コンクリート。
さらにレフェリーも客も、挙句の果てにはロープすらないこのリング……信じられないことに。空中に浮いているのです!!
状況を知れば知るほどわけがわからなくなってくる真島ですが、相手は待ってはくれません。
レフェリーがいないからなのか、それとも最初からルールなどないのか、金的を蹴ってくるミシェル。
ですが真島はすぐに体勢を立てなおし、みぞおちに鉄菱に打ち込みました!!
動きが止まったミシェルの首をがっしりとホールドし、そのまま後ろに投げつけ、ミシェルの頭をコンクリートのキャンバスに突き立てたのでした!!

勝負が付いたというアナウンスとともに……今まで宙に浮いていたように見えたキャンバスは、まるでスタジオのような無味乾燥な場所へと変貌していました。
そして、かわってGIGAの「ウィッチ」が姿を現したのです!!
ウィッチは真島を気やすくレイと呼び、試合が終わったならさっさと行くよと部下に手錠をかけさせ、真島を連れて行くではないですか。
導かれるまま後をついていくと……廊下の途中にあった窓から、外の様子が見えました。
するとそこは……
mb1
地球上とは思えないような、はるか高地に出来たような幻想的ともいえる風景で……
ウィッチは言うのです。
「キング」に挑戦する……チャンピオンシップをやるのは常にここ……この「国(ランド)」で闘るのよ、と!!
この信じられない光景も、ひょっとすると先ほどの宙に浮くリングを映し出したような「バーチヤ空間」なのでしょうか……?
ウィッチはさらに驚愕の言葉をつづけます。
あんたはあのロスのホテルでの死闘のあと、数日間眠らされこのランド、「ヴリルランド」に連れてこられ……ここで「経験値」を上げながら2年も戦っている。
……記憶を失った真島にはその状況が全く分かりません。
ですがとにかく重要なのは、野々宮とどぶろー先生がどうなったのか、です!
それについて尋ねると、またもウィッチは思わせぶりな言葉で真島を惑わせます。
大丈夫、二人は必ず会える。
mb2
ただし真島零自身に、「キング」になりたい気があればね!

謎は深まるばかりですが、真島をもしかすると一番困惑させたのは……ウィッチの態度です。
真島のことを、レイと来やすく呼ぶ彼女……どうも、この記憶がない時期の真島と男女の関係にあったような感じで……!?
もう真島の頭の中はハテナでいっぱい!!
整理しきれない頭のままでたどりついたのは、選手たちのリラックスルームのような場所。
大勢の選手らしき屈強な男たちが、試合風景を映したモニターを鑑賞していたのですが……
そこで、真島をにらみつけてくる男がいたのです。
その髪型は、八代と同じ……?
男の名は、バズ・アクロイド。
かつてどぶろー先生と対決し、「雷電光」によってあばらをへし折られ敗北した男です!!
陣内流に恨みのあるバズ。
無論真島に対しても並々ならぬ恨みがあってもおかしくはないわけで……
当然の流れと言いますかなんといいますか、真島とバズは正式に対決することに!!
mb3
かつてどぶろー先生に敗れたとはいえ、そこから成長も遂げているはずで、簡単に倒せる相手ではないでしょう!
わけのわからないまま戦いに挑むことになった真島、果たしてその戦いの行方は!?


というわけで、本格的に過去編が始まることとなる本巻。
この後、ついに本編にあの男が姿を現すのです!!
真島が背負っていた運命とは?
その失われた時で繰り広げられた、すさまじい激闘とは……?
まだまだ謎の全容が明かされるのは遠そうですが、それでも徐々に真相に近づいているのは確か!
この過去の中で見えてくるものとは……
物語最大の謎に迫る今巻も見逃せませんよ!!

今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!