mr0
今回紹介いたしますのはこちら。

「マッシュルーム」第1巻 小池ノクト先生 

幻冬舎さんのバーズコミックスより刊行です。

さて、ホラー漫画を得意とする小池先生の最新作となる本作。
現在、同時にウェブ漫画誌チャンピオンタップ!にて「黒街」を連載されていますが、そちらはシュールなギャグとと恐怖が紙一重な感じになった、ホラーコメディ的要素の強い作品になっています。
が、本作はガッチガチのガチンコホラー!!
その内容は……?


東京。
警察と一緒に、一人の老人がマンションの一室に入ろうとしていました。
彼はこのマンションを取り扱っている不動産屋さんのようで、この部屋から異臭がすると苦情を受けて様子を見に来たのです。
異臭だけならまだよかったのですが、その異臭の苦情からこの部屋の住人と連絡がとれなくなってしまったのです。
ということはひょっとすると……!
おそるおそる、扉を開ける二人。
瞬間、二人は思わず顔をしかめてしまいます。
鼻をつんと衝く異臭、飛び交う羽虫。
これはもう決まりでしょう。
……老人は愚痴を言い始めます。
うちは昔ながらの商売をやっていて、いろいろと融通が利くようにして何とか生き残ってきたのに、参ったなぁ……
そんな愚痴を無視して中に入っていく警察ですが、すぐに「それ」を発見してしまいます。
老人にこっちに来るなと叫ぶ警察!!
その死体をみるに、どうやらただの自殺ではなさそうで……!!
そこにあったのは、ぐちゃぐちゃに散らかされた数名の死体と……全裸で壁にもたれかかるようにして息絶えている男性の姿……!!
mr1
警察は、すぐに殺しだと応援を頼むでした!!

老人は、物件の大家さんに例の部屋を無理心中だったと説明します。
物件は築40年ですし、いっそ駐車場にでもしないかとも提案したのですが……どうやらまだ賃貸を続ける気のようで。
リフォーム業者をあたってみるかなどと考えていたのですが……
そんなもろもろの相談なんかを、自宅兼店舗でしていたところ……孫の倫が帰ってきました。
買い物袋から、夕飯の材料を取り出し、「今日は85点」とつぶやく倫。
どうやらこの倫はドライな性格らしく、例の物件の事件のあらましを聞き、「馬鹿なやつ」と切り捨てるのです!
心中するくらいなら、最初から結婚して子供なんか作らなければいいのに、と言う倫。
いろいろあったんだろうとなくなった一家をフォローしようとする老人なのですが、倫はその被害者と別に交友があったわけでもないんだし、むしろ迷惑をかけられたと怒るべきだというのです!
そうこうしている間に夕食を完成させた倫、よし、これで今日の俺90点、と料理の出来にご満悦。
二人で夕食を始めるのです。
さあ食べようとしたところで、話題が倫の母親のほうに変わっていきました。
お前の母さんだって何も悪くなかった、あんな男に引っかからなかったら……
そんな老人の言葉に居心地の悪さを感じた倫、クリーニングに出してたシャツ取りに行ってくる、と家を出ていってしまうのでした。

そのついでに犬の散歩をすることにした倫。
その道中、例の事件のあった物件に通りがかったのですが……もう日も暮れたにもかかわらず、警察官が警備をし、立ち入り禁止のテープが張られていて……まるでドラマのワンシーンのようになっていました。
そんなことにちょっと感動した倫ですが、その時急に連れていた犬が吠えだします!
どうやら犬は、前方から歩いてくるおじさんに向かって吠えているようで……
いくらなだめても吠えるのを辞めない為、やむなくすみませんとそのおじさんに謝り、強引に犬を引きずっていくのでした。
……その時、倫は気づいていなかったのです。
そのすれ違ったおじさんが
mr2
あの物件で、全裸で死んでいたはずの男性と同じ顔だったことに!!

その後、倫はひょんなことから知り合った雑誌記者にそそのかされ、その部屋の中に入ることになってしまいます。
部屋の中は、案外片付いていました。
ですが、あの全裸で死んでいた男性が横たわってい場所に、奇妙なヨゴレのようなものが残っていることに気が付くのです。
まさかそこに舌があったとは思いもしない雑誌記者、なんだこれとれに手を伸ばすのですが……その瞬間、
mr3
暗闇からにゅっと手が伸ばされ、記者の腕をつかんだのです!!
誰もいるはずがない事件現場に伸びた手。
果たしてこの手は誰のものなのでしょうか!?
まさかあのおじさんがよみがえり、人ではないものになったとでもいうのでしょうか!?
死んだはずの男性が歩き回る。
一家心中にしては、家族の殺しかたが残忍すぎる。
雑誌記者がだしぬけに言いだす、都市伝説「黒男」。
様々な謎が持ち上がる中……倫はこの後、さらに驚くべき恐怖と絶望に巻き込まれることとなるのです!!


というわけで、幕を開ける本作。
静かな立ち上がりとなる本作ですが、この後物語は一気に加速!!
倫はこの国を……いや、世界を揺るがすかもしれない事件に巻き込まれてしまうのです!!
死んだはずのおじさんがよみがえった……ゾンビもののようにも見えるこの物語。
ですが、本作はゾンビものではありません。
ゾンビよりももっともっと危険で、厄介な存在と遭遇する倫たち……
果たして倫はどうなってしまうのでしょうか。
そして、その恐ろしい敵の脅威がひそかに蔓延しつつある、人類の未来はどうなるのでしょうか!!
先の見えない、恐怖がゆっくりとはじまるのです!!

そして、今回紹介した本編開幕前に、序章ともいえるエピソードが収録されているのですが……そこにも数々の謎のヒントが隠されていそうです。
おそらく人類が、その脅威の敵と初めて出会い……そして、広まることとなるそのきっかけであろうこの事件。
本編のつながりはまだ明かされていませんが、やはり倫の母親と関係があるのでしょうか?
なんにせよ、今後の展開に期待せざるを得ません!!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!