ky0
今回紹介いたしますのはこちら。

「こもりちゃんはヤる気を出せ」第4巻 コンノトヒロ先生 

講談社さんのマガジンKCより刊行です。

さて、ヒキコモリ少女・こもりちゃんと彼女の保護者コウタ、そして彼らを取り巻く愉快な女子たちの日常を描いていく本作。
漫画家としてデビューしてみたりもしたこもりちゃん、仕事はゲットしたもののいまだバリバリのヒキコモリ。
ですがそんな彼女に、今巻はとんでもない転機が訪れることになるのです!!


ある日のことです。
いつものようにこもりちゃんとコウタが何やかんやとやっておりますと、お客さんがやってきました。
はいはいどちら様?とコウタが顔を出しますと……そこにいたのは、どこかで見たことのあるような内容な顔の女性でした。
その女性、トレーニングウェアに身を包み、なんか鉄アレイで運動を続けながら、こんなことを尋ねてきたのです。
こちらに、こもりが世話になってるというのは本当でしょうか?
突然現れて、こもりのことを尋ねてくるちょっぴり不審なこの女性。
戸惑いとともに、コウタはこもりに何の用でしょうかと尋ねてみますと……女性は非礼をわび、自己紹介をして来たのです。
いきなり押しかけてきてごめんなさい。
ky1
始めまして、こもりの母です。
……こもりの、母!?
自己紹介しながら今度は腹筋を始める彼女……
そう言えば、お顔の造形や特徴的な前髪、こもりちゃんの面影があるような!?

こもりちゃんを置いてどこかに消えてしまっていたこもりちゃんママ。
いろいろわけがあって、という彼女ですが、そのいろいろを玄関先の立ち話で聞くというのもなんでしょう。
立ち話もなんですし、と家の中に招き入れようとするコウタですが、ここでこもりちゃんママは意外な反応を見せるのです。
私、家の中嫌いなんです!お外が好き!!
そう言って、家の中に入ることを拒否するのでした!!

外でお話しよう、体を動かしていないと死んでしまう!と謎の要求をするこもりちゃんママ。
こもりちゃんとは正反対の、超アウトドアな彼女にまたまた戸惑うコウタ。
ですがいくらなんでもこもりちゃんに関しての重要なお話を外でするのもアレですので、半ば強引にぜひ中へどうぞ、と手を引いてエスコートしようとするのですが……
中はダメ!中はイヤ!外に出して!!となんとも人聞きの悪い言葉を連呼されてしまいました!!
さすがにこれ以上無理強いはできません。
仕方がないので、窓越しに二人を対面させることににしたのでした。

その時のこもりちゃん、漫画を読みながらお菓子を貪り食い、そのまま眠っちゃうという自堕落極まりない行為の真っ最中でありました。
ですがそれを見て、こもりちゃんママはなぜか立派に成長して!と感動するのです。
そしていよいよ感動の御対面。
おかあさんだよ、といきなり紹介されたこもりちゃん……
素直にお母さんと呼ぶのが気恥ずかしいのか、ダーツで呼び名を決めようとするなどちょっぴり照れ隠し。
とりあえず久しぶり須フィル対面を終えて、いよいよこもりちゃんママがこもりちゃんを負いていなくなった理由を聞くことになりました。
離せば長くなるんだけど、と深刻な表情で話し始めるこもりちゃんママ。
その内容は、こんな感じでした。
ky2
ジョギングしてたら、迷子になったの。
……それだけでした。
本作最大の謎だった気がするこのポイントが、すごく間抜けであっさりした理由だったことがわかり、いろいろな意味で驚き戸惑うコウタ。
ですがお話の盛り上がり的舐めんでも心配するコウタをしり目に、こもりちゃんとこもりちゃんママは盛り上がり始めています。
抱かせてちょうだいとこもりちゃんを招くこもりちゃんママ、ほんとにお母さんなの?接近してみよう、とにじり寄るこもりちゃん……!
ですが、そんな二人の間を隔てるのが……壁です。
家の中から出たくないこもりちゃん、家の中に入りたくないこもりちゃんママ。
親子の仲を分かつ無情の壁に、こもりちゃんママは涙するのでした……

お互い家の中か外かというところは絶対に譲れない様子。
ですがそれでもやっぱり親子の待望の再開、ある程度の譲歩はできるようです。
二人はお尻だけならばテリトリーから出てもいい、と言い出し、なぜかお尻を合わせて再会を祝うのでした!!

こうしてやっと姿を現したこもりちゃんママ。
お父さんも健在であることがわかり、これでハッピーエンド……とはいきません。
予想外の展開が巻き起こり、こもりちゃんママがまた姿を消してしまうのです!!
結局また振出しに戻ったのかと思われたその時。
こもりちゃんは、こんなことを言い出したのです。
もう待ってるのは飽きたかな……
ky3
今度はこちらから会いに行く……
……え?
それってつまり、外に出るって言うことなんでしょうか!?


というわけで、正真正銘のクライマックスを迎える本作。
突然姿を現したこもりちゃんママにより、物語は一気に決着に向かっていく、かと思われました。
実際決着には向かっていくわけですが、ちょっと思っていたのと違う感じ……
ですがなんにせよ、ザ・ダメ人間であったこもりちゃんが自主的に外に出ようと考えただけでももう十分かもしれないわけで!
一大決心のこもりちゃん、果たして順調に母親探しの旅に出ることができるのでしょうか!?
そして、ある意味こもりちゃんに依存しまくっているコウタはどうするのでしょうか!?
大家さんをはじめとしたみなさんは!?
感動……かもしれないラストが待っております!!

ちなみに、このラスト関連直前まではいつも通りのダメダメこもりちゃんが楽しめますのでご安心を。
今回はゲームがらみのネタ多数に加え、サイレント風の顔落ちで〆るネタ、安定のアキのおっぱいいじりなどなど絶賛平常運転!!
クライマックス直前の、嵐の前の静けさ部分も楽しめること間違いなしですよ!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!