ko0
今回紹介いたしますのはこちら。

「男塾外伝 紅!!女塾」第2巻 原案・宮下あきら先生 作画・サイトウミチ先生 

日本文芸社さんのニチブンコミックスより刊行です。

さて、男爆によって日本の男子から大和魂が失われた日本。
そこで、屈強な日本女子を作るという女塾が開塾!!
女塾にはどこかで見たような日本女子を目指す者たちが集まっていまして、その中でひときわ強い輝きを放っているのが……剣桃子。
彼女はやはり……!?


女塾の前に、金髪の少女が立っています。
彼女ははるばる海を渡ってこの女塾にやってきています。
その胸中によぎる思いはいかなるものなのか。
彼女がそうやって門の前に立っていますと、一人の女性がその金髪の少女に声をかけてきました。
ここは泣く子も黙る女塾だ、塾生でもないものがこの門をくぐる意味がわかっているのか?
といっても、私も今日復学するところだ、もめ事話にしてもらえねぇか?
そう言う女性は、背中に巨大な太刀を背負い、ただならぬ威圧感を纏っています。
ですが金髪の少女は言うのです。
いやだ、といったら?
その言葉を聞いた女性は、背中に背負った太刀を抜き、答えました。
一文字流斬岩剣、この私に斬れないものはない。
すると、金髪の少女は鋭い棘のあるブラスナックルを構え、ものおじもせずそれに応じます。
時代錯誤のサムライというわけか、肩慣らしにはちょうどいいだろう、と!!
二人は同時に駆けだしました。
刀とナックル、どちらも当たれば無事では済まない威力を秘めた武器の一撃が交錯し……!!
ko1
二人の武器は、お互いの顔面を捕える直前でとまっていました。
かたや名刀一文字兼正、かたやダイヤモンドよりも固いとされているマグナムスチール製のナックル……
どちらかが後少しでも踏み込んでいれば、その刃はお互いを捕えていたでしょう。
この交錯で、お互いはその実力が並のものではないことがわかったようです。
実力を認め、このまま無傷で塾の門を通ることを許した刀の女性はこう名乗りました。
女塾2号生筆頭、赤石楓。
その名の利を受けて、金髪の少女も名乗るのです。
人は、JKと私を呼ぶ!

JKは、留学生として女塾にやってきたようです。
そして、入塾するなり塾長にある提案をしてきました。
それは……女塾名物、撲針愚(ボクシング)の開催!!
彼女はこの女塾に、強く激しく世を魁たという熱き男たちの魂を受け継ぐ闘士に会うためにやってきました。
先ほどであった赤石は、確かに骨のありそうな人物ではありました。
ですが、その後に出会ったのは松尾や田沢……彼女のお眼鏡には到底かなうはずもありません。
そこで大々的に戦いの場を作り、手っ取り早く強者をあぶりだそうとしたのでしょう!!
しかし本当に実力のあるものが、いきなり出てきた身も知らぬ女に重い腰を上げることはないでしょう。
そこでJKはある余興に挑むことになるのです。
突如せりあがってきたのは、4つの巨大なファンが上下左右に配置された仰々しいもの。
そのファンの羽根はすべて鋭い刃になっていまして、羽根と羽根の隙間は拳を差し込むほどのスペースもないように配置されています。
そしてそのファンは毎秒100回転という超高速で回転を始めました。
毎秒100回転する刃のファンが4機……そのごくごくわずかな隙間に手を差し込み、その奥に配置されたクマさんのぬいぐるみを抜き取らなければならない!
そんな、とても正気とはおもえない余興に挑むJKですが、やはり躊躇はありません!
空高く飛んだかと思うと、拳を一閃!!
難なくクマさんを救出した……と思いきや、これはおまけだ、と言うJKの言葉に呼応するかのように
ko2
巨大ファンはすべて粉々に砕けてしまったのです!!

JKの実力はもはや疑うところもないでしょう。
こんな相手と戦うなんて、と青くなる松尾ですが……こういう相手にこそ燃えるのが、富樫です!!
得意のドスの鋭さを見せてやるとばかりに意気込む富樫ですが、この撲針愚ではそれは使えません。
手をすっぽりと覆う、棘付き鉄球グローブを装着しなければいけないのですから!!
とはいえ、このグローブならむしろドスよりも強力そうだ、と富樫はめげずにリング上へ!
JKに殴りかかるのですが、その拳を振り下ろした先に彼女の姿はありません。
まるで消えたかのような鋭い動きでJKは富樫の後ろへ回り、棘付き鉄球グローブのストレートが富樫の顔面に……!
ko3
お前も私の敵ではない。
顔色一つ変えずにその実力を見せつけたJK……
富樫は、まさかの一撃KOを喫してしまったのでしょうか!?
巻き起こるJK旋風、果たしてその結末は!?


というわけで、今巻も「男塾」のリメイク的な物語が進んでいく本作。
紹介した冒頭部分で早くもJや赤石の系譜のキャラクターが登場し、撲針愚と言う男塾名物の中でも屈指の知名度を誇る(?)バトルも再現されました!
さらに原作をなぞりつつもただなぞるだけではなく、赤石の復学に原作とは違う理由が用意されていたり、JKはこの戦いでいきなりあの必殺技を繰り出してみたり、心眼のくだりが独自のものになっていたりと、工夫が凝らされて飽きさせないつくりになっていますよ!!

そしてこの後、男塾の名物キャラ、虎丸の流れをくむキャラがいよいよ登場!!
原作ではあの戦いの時に突然存在を思い出されて連れ出しに行くという流れでしたが、本作では原作の別の話とミックスされ、そこまで突然感はない(?)登場の仕方となっています!
原作ではいろいろお下品な技を持っていた虎丸だけに、女性となったらどうなってしまうのか……
いろいろと不安に感じる読者の方々もおられるとは思いますが……ご安心を。
……あれ、やってくれますから!!!

そして次巻からは満を持して「男塾」が本格的にバトル漫画になっていったきっかけと言えるあのシリーズが開始する様子!!
原作でも屈指の人気&強さを持つあのキャラが、本作でどうなるのか!?
楽しみでなりませんね!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!