sp0
今回紹介いたしますのはこちら。

「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」第2巻 横田卓馬先生 

集英社さんのジャンプコミックスより刊行です。

さて、ひょんなことからダンス部に入部することになった土屋。
強烈なインパクトを持つ部長をはじめとした先輩たちや、予想以上にハードな練習にあっぷあっぷしていました。
ですが同時に入部した同じ一年生の亘理の頑張りを見て、自分ももっと頑張らなければと気持ちを引き締めたのでした!


とにかくひたすら練習漬けになっていた土屋と亘理。
初試合の二日前になって、滑り込みで何とかワルツの基本足型を習得することができました。
それでもホールドをしっかりして、姿勢もピンとまっすぐしていれば十分戦えるとのこと。
その上で、試合中はできる限り笑顔でいることを心掛けろと部長はアドバイス。
初めての試合で緊張も半端ないだろうし、固まってしまって動けなくなることもあるかもしれない。
でもそう言うときはまず笑顔!
sp1
無理やりにでも笑ってしまえば、そのうち本当に楽しくなって緊張も和らぐってもんよ!
そんなアドバイスを受け、本番前最後の部活を終えるのでした!!

本番の前日の土曜日は、日曜日の試合の準備に当てられました。
まず明日着る衣装を借りに部長の家が運営している服屋さんへ。
自分の燕尾服を手に取ると、いよいよ明日は本当に本番なんだという気持ちが高まってきます!!
いつにもましてドキドキする土屋ですが、準備はこれだけではありません。
明日のダンスに備えて、試合用の髪の毛にセットしなければいけないのです!
男は基本的にそれほど難しいものではないので自分でやるのですが、女性はちょっと自分でやるのは無理なかんじ。
そこで、亘理をはじめとした女性陣は美容室へセットしてもらいに行くのです!
ということはこの後練習はしないのか、と部長に尋ねる土屋。
そうなるけど、一人練習(シャドー)はしてもいいのよ、と答えまして……
本番前日に練習なしということで少し不安を感じている様子の土屋ですが、そんなことをしている場合じゃありません。
いくら簡単とはいえ、髪の毛をどうすればいいのかすら分からない土屋ですから、部長や先輩の八巻とともに髪の毛のセットを教わりに行くことになったのでした。

ばっちり決まったオールバック。
それを崩さないようにうつぶせになって、明日に備えてはやめに寝ようとするのですが……やはり緊張でなかなか眠りにつくことができません。
頭をよぎるのは、やはり、不安。
最後にもう一回くらい合わせたかった、でもさぼってたわけじゃないし、二週間みっちりやったし、前日くらい大丈夫……
自分に大丈夫と言い聞かせてもうやはりモヤモヤは抑えきれません。
一人シャドーをやってみたり……したいのですが、土屋の自室は狭くてそれも無理。
やはり二人であわせたいなぁ、と思っていますと……突然形態が震えました。
亘理さんからのメッセージが届いたのです。
どうやら彼女も眠れないようで……
その後二人はメッセージをやり取りして、近くの公園で集まることに。
土屋が慌てて公園に向かうと、そこには髪の毛をばっちりセットした亘理さんが待っていました。
さっそく二人で最後にひとあわせ。
不安をほんの少し軽減して、ベンチに座って一休みしていると……亘理さんがつぶやきました。
土屋君が起きててくれてよかった、うまくできなかったらって不安で、友達と電話とかしようかと思ったけど、やっぱり一緒に練習できたらいいかなって思ってたから……
ありがとう。、ちょっと安心した。
……頑張り屋で、ダンスの習得に関しては土屋の一歩先を常に行っていた亘理さん。
不安なのは自分だけかも、とちらりと思ったこともあった土屋でしたが、彼女も初試合なんだから不安で当たり前なんだと実感。
そこで土屋は、大丈夫、笑顔笑顔!笑顔でいれば大丈夫だよ!と
sp2
ニカリと笑って力づけたのです!!
ここで僕がリードしなきゃ、男じゃねえぜ!
心の中で決意した土屋は、自分の不安を押し殺して大丈夫と励ます土屋。
もしかしたら、ここで土屋はまた一歩成長できたのかもしれません!!

やってきました、試合当日。
初参加である二人は、何から何までにびっくりし続け。
すでに中学生の試合が始まっていることや、そしてその中学生の試合が自分なんかよりも数段サマになっていること。
それを見ている、試合を控えた大人の選手までいること。
そして……自分たちは、3グループに分かれて行われるワルツの競技で、土屋と亘理の二人は1グループ目に出場することになったこと!!
様子を見られないままいきなり踊らなければならないことにより緊張する二人!
見方を変えれば、自分たちより優れたダンスを散々見てからの出番でなくてよかったとも考えられなくもありませんが……そんなことを考える余裕も二人にはありません。
土屋は燕尾服に、亘理は艶やかなドレスに着替え……いよいよワルツの一次予選が始まります!!
もうこうなったらやるしかない!!
土屋は覚悟を決め、会場へ!
そしてとにかく練習通りに、笑顔で行こう!!と例のスマイルで亘理さんに話しかけるのですが……
sp3
亘理さんはその言葉に応えず、目は泳ぎ、冷や汗がとめどなくあふれていて……!?
完全に上の空の亘理……とんでもないくらいに緊張しているようです!!
こんな状態で踊ることができるのでしょうか?
そして、土屋は……!?


というわけで、試合デビューとなった土屋と亘理。
ダンスの習得度などから、どちらかという土屋のほうが不安かと思われていたこの初試合ですが、競技開始前に亘理が思わぬ硬直!
一体彼女に何が起きたのか?
土屋はそれをフォローすることができるのか?
緊張の初試合は、容赦なく始まってしまうのです!!

そんな初試合をたっぷりと描いた後、先輩たちのエネルギッシュな試合風景を描写。
さらにそのあとは新たなシリーズへ突入していきます。
初試合を終えた土屋と亘理はこの後どのようなダンスに挑むことになるのか?
そして、そのダンスを披露する舞台は?
そんな新展開に加え、土屋や亘理の過去に触れていく展開も始まっていきますよ!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!