120
今回紹介いたしますのはこちら。

「U12」第2巻 闇川コウ先生 

講談社さんのアフタヌーンKCより刊行です。

さて、突如として拉致されて怪しい施設に閉じ込められてしまった少女たち12人。
その施設は、少女たちに対して犯罪を行った極悪犯が収容されていれる施設で、捕えられた少女たちはその極悪犯たちの欲望のはけ口として「お楽しみ会」に参加させられることとなってしまいます。
本来ならばなすすべなく汚されてしまうところでしょうが、捕えられていた少女の中の1人、かなめだけはまるでそのことを知っていたかのように落ち着き払っていて……?


かなめによって、最初のお楽しみ会は潜り抜けることができた少女たち。
ですがある日、突然起こった地震をきっかけにしたかのように、この施設の「最悪の三人」のうちの一人、002号が少女たちの前に出現!
たまたま支給されたふりふりの可愛い服を着ていた心愛を、最初のお友達にするといって連れ去ってしまったのです。

心愛が連れられてきた、002号の部屋。
そこは、心愛と同じくらいの年のころかと思われる女の子の人形がたくさん並べられていました。
ですが……その人形に、違和感を感じる心愛。
この人形、人形ではないのです。
002号曰く、可愛さがずーっと続くようにしてあげた……そう、人間の亡骸なのです!!
002号は、うれしそうに語り始めます。
見てこのツヤ、普通の剥製じゃこうは行かないのよ。
体液を抜いて、代わりにシリコンを注入するとこんなきれいなお肌になるんだから。
だけど全身一気に加工するのは無理だから、ちょっと工夫がいるのね。
一回まず体のパーツを、手足、頭、ゆびさきから眼球に至るまで分解してあげるの。
121
こんなふうにね。
パカリと、剥製の頭をとって見せる002号……!
心愛はふるえます。
たまらず駆けだして逃げようとするのですが、002号はそのガッチリとした体躯に似合わず敏捷で、すぐに回りこんでしまいました!!
死にたくない、助けてと泣き叫ぶ心愛。
002号は、これを打てば痛い思いをせずに気持ちよくお人形さんになれるの、と言いながら心愛の腕に注射器を突き立て……る、その直前!
002号の部屋に、かなめたちがなだれ込んできたのでした!!
とても囚人の部屋とは思えないその部屋に驚く一同ですが、そんなことに気を取られている場合ではありません!
心愛は死の恐怖で気絶はしてしまっていますが、まだ無傷。
あとは002号をどうにかして、彼女を助けだすだけですが……
002号はその巨大な体と、そこから一振りで大人の頭をかち割る威力を持つ斧を持っています。
真っ向からぶつかり合っても、勝ち目はないでしょう。
……ですが、大の大人との命のやり取りはすでに経験済み。
この状況もある程度は想定していたのでしょう。
かなめたちはアイコンタクトで何かを確認し合い……一斉に動き始めました!!
琴美と日向がそれぞれ右手と左手にわかれて駆けだし、残った少女たちはお昼の残り物や文房具といったものを002号の顔に投げつけて視界をふさぎます。
生まれた一瞬のスキをついて両サイドから琴美と日向が攻め込んでいくのですが……この一連の動きはすべて囮!!
本命は、背後に忍び寄ったかなめによる、先のとがった鉄パイプでの頭部への一撃!!
その一撃は確実に002号の頭部を捉えたのです!!
ですが……叩きつけた鉄パイプのほうがかけてしまったではありませんか!!
その原因は、002号の頭髪にありました。
彼の頭髪は、金属製のヘルメットのようなものに髪の毛がはりつけられた、かつらだったのです!!
122
そのかつらがずれ落ち、露わになった002号の頭部はいびつに変形していて……!?
その体を見て驚愕し、戦意を失ってしまった少女たち。
002号はそんな自分を見ておそれを抱いた少女たちに怒りを感じ、その斧で……まずは琴美の頭をかち割ろうとにじり寄ります!!
間一髪のところでかなめは、背後から002号に声をかけて気をこちらに向かせ、この部屋にある人形を使って斧を防御!
琴美を守ることに成功したのですが、同時に自分で愛する人形に手をかけてしまったと002号にうろたえさせることもできました。
その隙をつき、かなめはあの注射を002号に注入することに成功したのでした!!

この薬液を注入されれば、死は免れません。
目前に迫った死を覚悟する002号ですが、最後にあなたも!と、最後の力を振り絞って琴美へ斧を振りおろしたのです!!
とっさにそれをかばうかなめ!
琴美の体は無事でしたが……
123
かなめの体は、ランドセルごと肩から背中にかけて切り裂かれてしまったのでした……!!


というわけで、さっそく衝撃の展開が待っていた今巻。
おそらくこれで002号の脅威は去ったと見ていいでしょうが……問題はこの後です。
斧で体を切り裂かれたかなめは、どうなってしまうのでしょうか?
即死にはならなかったとしても、この非道極まりない施設でまともな治療が受けられるわけもありません。
彼女はその命を繋ぎとめることができるのか……その不安は、やってくるであろう次の「お楽しみ会」に直結してきます。
前回のお楽しみ会は彼女がいてこそ全員無事に終えることができました。
ですが、生きているにしろ命を繋いだにしろ、しばらくの間かなめを戦力に考えるのは難しいでしょう。
かなめに続き、一同にもすぐに命の危険が訪れるわけです……!!

そしてこの後、重要なカギとなりそうな新キャラクターも登場。
最悪の三人の一人が002号ということは、001号や003号あたりがおそらくほかのその三人に該当するのでしょう。
その001号がいよいよ姿を現すのです!!
001号は、他の囚人たちに劣らない外道であることは変わりません。
ですが、それ以上にあるとんでもないことをしでかすのです!!
もう一人の新キャラクターとともに、物語にこの後、大きな変革をもたらします!!
その変革により、物語の経路も少しずつ変わってきそう。
まだまだ明かされないかと思っていたいろいろな部分が描かれそうで、この後の展開にも期待せざるを得ませんよ!!

もちろん第1巻に引き続き、救いようのない外道犯罪者はてんこもり!
そう言った存在に嫌悪感を抱くかもしれませんが……当然彼らも報いを受けていて……
胸糞悪い外道が、無様に死んでいくという姿にカタルシスを感じるのも本作の楽しみの一つかもしれません!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!