jo0
今回紹介いたしますのはこちら。

「ジョジョリオン」第12巻 荒木飛呂彦先生 

集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行です。

さて、定助の過去を知っている様子の奇妙な女、カレラとであった前巻。
謎多き植物、ロカカカを追う中でとうとう自分の失われた過去の手掛かりとなるかもしれない人物と出会うことができた定助ですが、決定的な事実はつかめないまま彼女は姿を消してしまったのでした。


空条仗世文。
カレラは定助のことを確かにそう呼びました。
信用にたる人間かと言うと疑問なカレラではありますが、定助と同じように「岩人間」に襲われるなど、そう言った意味で同じ境遇にある……信用できる、と言えるかもしれません。
とにかく定助はせっかく手に入れた情報を探るため、康穂に助けを求めます。
康穂のスタンド能力も駆使して、仗世文のことを探り……住所、電話番号などをすぐに調べ当てました。
そのあたりはあとで定助が探ってみるとして、康穂に一番入手してほしいのは仗世文の顔が確認できる写真です。
その入手をお願いしていたところ……にわかに東方家が騒がしくなってきました。
常秀が憲助や常敏を探し回ってうろつき始め、大弥もそわそわしています。
その騒ぎの原因は、東方家の長女・鳩にありました。
24年間存在していなかった、鳩の「彼氏」が現れ、この家に連れてきた、と言うのです!
正直今の仗助にとってはそれほど興味のわかない話題ではありますが、家の問題となれば無視するわけにはいきません。
大弥はものすごくワクワクしていまして、自分は視力が弱いから、代わりに彼氏の顔を教えてくれと定助に寄り添ってくるのですから一層この場から離れられず……
彼氏、ハンサム?セクシー?どっちナリか教えて!
そう言われて視線をやった先には……いました、彼氏。
ですがなんといいますかその彼氏、田最環と言う男……
jo1
セクシーでもハンサムでもない……身長が低くぽっちゃりしていて、奇妙な髪形に口ひげ、昔のロッカーのような服装、という、何とも言い難いルックスの男性でして。
鳩は彼にベタぼれのようですが、やはり家族たちの反応は微妙!
おまけに、ボゾボソぶつぶつと、小さな声で途切れ途切れに話す様子もまたその微妙な印象に拍車をかけるのです。
その滑稽な様子をみて笑いをこらえていた常秀なのですが、よろしくお願いします、とぼそぼそやっていた環に、挨拶の時くらいグラサンを取れよ!と突っかかりました。
そのグラサンをとるときの勢いで環の髪の毛はめくれ上がり……頭頂部の髪の薄さが露わになっちゃったのです!!
あまりのインパクトに、そろって黙ってしまう一同。
大弥がどうしたの、何が起こったの?と定助に尋ねるのですが……
定助は、憲助さんや常秀が無いなら、俺も特にコメントはないよ、とごまかすのでした。

お土産にと環が持ってきた羊羹の箱。
環が握ったであろうドアノブ。
そこに、なんだか変なものが付いています。
それはなんだかべとべととした……指紋、のようなもの……?
虹村さんはノブのそれを拭きとったのですが、その時その指紋のようなものが今度は手形になって廊下の方まで続いているのに気が付き、そちらのほうへ向かっていきました。
羊羹の指紋に気が付いたのは憲助ですが、憲助は今それに注意する余裕などないのです。
愛娘の鳩が得体のしれない男を連れてきたんですから……!
しかも付き合ってどのくらいだと尋ねてみれば、鳩はこともなげにまだ知り合ったばっかり、最近だ、まだ2回「した」だけ、と軽く言ってきて……!!
憲助の心中はもうとんでもないことになってます!!
苦虫をかみつぶしたような、苦悶の表情を浮かべる憲助!!
その様子を見て、常秀はより一層笑いはじめるのです!!
……その常秀の右腕やリストバンドに、
jo2
あの指紋が付いていることには、誰も気づいていませんでした……

その後、鳩と環のなれそめなんかの話を聞かされることになる憲助。
その表情は終始曇ったままです。
そのげんなりするやり取りの最中、定助には待ちに待った知らせがきました。
jo3
仗世文のパスポートの顔写真を見つけた、と言う康穂の知らせが!!
一体仗世文はどのような顔をしているのでしょうか。
やはり、定助と似た顔をしているのか?
仗世文に迫ることで、失われた定助の過去がわかるのか……?
康穂は仗世文の顔写真をFAXですぐ送ると言ってくれました。
求めてやまなかった自分の過去を、とうとう手繰り寄せることができるのか……
そんな定助の期待をよそに、東方家には異変が起きはじめていました。
いつの間にか抜け落ちていた、常秀のリストバンド。
忽然と姿を消した、虹村さんと……残された、虹村さんの形をした奇妙なシミ。
そう、東方家は「攻撃」を受けているのです!!
攻撃を仕掛けている人物は……一人しかいないでしょう。
あの奇妙な人物……環!
その目的は、スタンド能力は一体……!?


というわけで、東方家全体を巻きこんだ戦いが始まってしまう今巻。
このともすればギャグキャラに見えてしまう環ですが、この人物がまさかの本作の重要な鍵を握る人物だったりするのです!!
突然始まってしまったこの戦いで、本作の謎の数々が明かされていくことになりそう。
手始めとばかりに、今巻では吉良吉影、ホリー、そして仗世文の過去が明かされます!!
彼らの東方家、岩人間、ロカカカの関係が描かれ……そして、それがこの物語の始まりであることがわかり、それが克明に描かれていくのです!!
一気に物語が進んでいく今巻は、謎解き的な意味でも、環と言う得体のしれないスタンド使いとの戦いに関しても、見逃せない内容に!!
ジョジョ史上最も謎が多いと言える本作の謎が、徐々に明かされていく……!!
本作もクライマックスは遠くないのかもしれません!!
これから先の展開、まさに必見のものとなるでしょう!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!