ko0
今回紹介いたしますのはこちら。

「男塾外伝 紅!!女塾」第3巻 原案・宮下あきら先生 作画・サイトウミチ先生 

日本文芸社さんのニチブンコミックスより刊行です。

さて、虎丸、JKを加え、いよいよメンバーがそろい始めてきた本作。
大まかに原作をなぞっていく本作ですが、今巻でいよいよ男塾の方向性を決めたといっていいあのシリーズが開幕!!
その内容とは……!!


女塾では、広く門戸を開放して「愕怨祭」が催されておりました。
女子校の文化祭とはいえ、なにせやっているのが女塾。
今一つ人気がない……と思いきや、JKの接客するメイド喫茶なんかがうけて、評判が上々な部分もあるようです。
が、油断していると虎丸の猛虎流奥義がさく裂したりするなど、やはり女塾らしいトンデモ事態が起きてしまうのでした。
そんな時、受け付けのほうから叫び声が響いてきます。
受け付けには、中はともかくここは普通でよかった、と胸をなでおろしていた田沢と松尾がいたはず。
受け付けのほうへと桃たちが駆けつけますと、そこには……変わり果てた姿になった二人が倒れていました。
トレードマークだった田沢の丸メガネが壊され、松尾の天然パーマがストレートヘアーに矯正されている……!!
そんな惨たらしい所業をしたのは……見るからに物騒な雰囲気を身にまとった他校の女生徒の集団でした!!
その連中、悪名をとどろかせている「関東豪学連」なる集団。
98校を支配下に置き、構成員は1000人を超えるという巨大組織で、その力は女塾をしのぐともいわれているのです。
その集団の中から、鉢巻きをしめ、左目に眼帯をした女が現れました。
関東豪学連新鋭隊長、森田小鉢。
そうなのったその女は、女塾の実力なんてこんなものか、と漏らしました。
女塾を侮辱され、なにより田沢と松尾をやられてしまった富樫は黙ってはいられません。
早速喧嘩が始まる……と思いきや、突如森田は握手を求め、こんなことを言いだしてきたのです。
今日は文化祭なんだろう?平和的にスポーツで決着と言うのはどうかな?と!!

というわけで、スポーツ対決が始まりました。
種目は……関東豪学連名物、「羅苦籠守(ラクロス)」!!
パッと見た感じ、ルールなんかは普通のラクロスと同じように見えるのですが……
立ち上がりは、豪学連が華麗なパスワークで女塾ゴールに迫ることからはじまりました。
が、そのパスを丹念パーマが早くも復活した松尾がカット!!
新しい眼鏡を装着した田沢とともに、生きぴったりのコンビネーションで一気に速攻を仕掛け、見事一点を先取したのでした!!

この調子で一気呵成に得点を重ねる……と言いたいところでしたが、ここで豪学連が動きだしました!
豪学連の選手の持つ突如クロスの柄が分離し、仕込みづえのような刃物が登場!!
富樫に思いきり切りつけてきたのです!!
ko1
が、富樫はあっさりその仕込みクロスの刃物を愛用のドスで受け止めたではありませんか!!
この女塾に来るような人物が、まともなやつなわけがない!
流石女富樫、すでにこの女塾というものがどういうものがしっかりとわかっているようです!!
しかしその攻防のせいで、ボールはこぼれてしまっています。
森田はそれをしっかりとキャッチし、一目散へゴールにダッシュ!!
強烈なシュートを放つのですが……
キーパーを務めていたJKがしっかりそれをキャッチ!!
関東豪学連も初戦は烏合の衆らしい、と吐き捨てるのです。
ですがJKは忘れていたようです。
これは普通のラクロスではなく、「羅苦籠守」であるということを!!
耳を澄ますと、キャッチしたボールの中から時計の針のような音がしていることがわかります。
そしてその直後……
ko2
ボールが爆発したではありませんか!!
流石のJKも吹っ飛ばされてしまい、かなりのダメージを追ってしまった様子。
森田はいやらしい笑いを浮かべながら、今さらになって羅苦籠守のルールを説明し始めたのです。
ボールは時限式の手投げ弾を用い、武器の使用は自由。
これが関東豪学連名物・羅苦籠守よ!!
森田は、鎖付き鉄球の、持ち手のほうには小野が付いている特殊な武器を取り出し、叫びました!
遊びは終わりだ、ゴールは貴様らを血祭りにあげてから奪ってやる!
関東豪学連の力、思い知らせてやれ!!
豪学連の選手たちは、それぞれ武器を取り出して襲い掛かってきました!!
ですが女塾としても、球技よりも喧嘩のほうが得意分野。
喜々として乱闘に突入し、こっちの方が性にあっていると笑うのです、が!
森田は勘違いするな、これは球技だぞとつぶやいたかと思うと……
ko3
時限式手投げ弾を使って女塾を追い込んでくるのです!!
なにせこの手投げ弾、爆発のタイミングを知っているのは豪学連側のみ。
女塾はいつ爆発するかわからないボールにも気を使わなければならないわけで、圧倒的不利を強いられます!!
このまま女塾は豪学連の軍門に下ってしまうのでしょうか!?
いや、女塾にはまだあの女がいます。
今まで沈黙を守ってきたあの女、桃子が!!


というわけで、関東豪学連が登場した今巻、
豪学連が登場したということは……すなわち、あの人物が登場するということになります。
羅惧美偉ならぬ羅苦籠守での戦いを、じっと見守っている2人の人物。
一人は2号生筆頭の赤石楓。
そしてもう一人は……関東豪学連の総長であるあの人物です!!
とうとう登場する男塾での人気キャラをもととしたあの人物。
そしてその人物が出たということは……そう、驚邏大四凶殺が始まるわけです!!
オリジナル要素を盛り込みつつも原作をなぞっていく本作で、驚邏大四凶殺がどのような味付けがされるのか!?
今後の展開が楽しみでなりませんね!!

そして、スルーされるかもしれないと思っていた江戸川も登場!!
ごっついのう、のセリフと顔面返し、あとはヘタレ要素しか頭に残らない江戸川先輩が、本作ではどのような姿になっているのか!?
原作ではあまり絡まなかった一号生意外との絡みなんかも増量されていますので、ぜひともその変化を皆様の目でご確認ください!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!