tr0
今回紹介いたしますのはこちら。

「trash.(トラッシュ)」第9巻 原作・山本賢治先生 漫画・D.P先生 

秋田書店さんのヤングチャンピオン烈コミックスより刊行されました。

さて、ひろしと同じ場所からやってきたという少女・ケテを助けるため、そしてなによりもスー・インの仇を討つために戦う美能子たち。
その戦いのなかで、るしあは恨んでも恨み切れない怨敵と対峙し……?


美能子は自らの手でスー・インにとどめを刺しました。
首だけになっても、ひろしの血液の力で無理やり生かされている。
そんな状態で長く苦しむよりは、と自らが手を下したのです。
本来、自分の命を容赦なく狙ってくる刺客が相手であろうとも、人間に向かってじゅうの引き金を引くことができない美能子。
ですがそんな彼女も、あまりにも哀れなスー・インの姿を見て手を下さずにはいられなかったのです。
自らのした行いに、吐き気が抑えきれなくなってしまう美能子ですが、それでも引く気はありません。
スー・インの仇を取るまで何があっても戻らない!
沿う美能子は豪語するのですが……
その時、額を撃ち抜かれて死んだと思われていた福萬がむっくりと起き上がったではありませんか!!
側近、出堀は慌てて福萬の巨体にショットガンをぶち込むのですが、福萬は全く怯みません。
構わず右手で出堀の腹を殴りつけて動きを止めると、今度は左手でアイアンクローのように出堀の顔をキャッチ!
福萬の前では小さく見えるものの、出堀も十分に巨体。
それを福萬は片手で軽々と持ち上げるばかりか、その頭を砕こうと力を加えてきて……!!
美能子一人では、ショットガンの直撃を喰らってもけろりとしている福萬の相手をすることなど到底できません。
このままでは目の前でまた、信頼する人物が殺されてしまう!!
美能子が絶望仕掛けたその時です!
tr1
何かが飛来し、福萬の腕をぶった切ったのでした!!
それは、マインの投げた愛用のフランキスカ!!
ギリギリのところで、マインが駆けつけてくれたのです!!
マインは駆け付けるなり、福萬の胴体を真っ二つに両断!!
今度こそ福萬を仕留めた……と思いきや、切断された体の中から足が飛び出し、マインを蹴りつけたではありませんか!
たまらずふっとばされたマイン、体勢を立てなおすと……なんと、福萬の中から
tr2
チャイナ服の少女が飛び出してきたではありませんか!!
中華スーツを脱いだ私は三割強いアルよ!と息巻いて現れた彼女、モンキーレンチを鎖でつないでヌンチャクにしたような道具を振り回し、マインに襲い掛かってくるのです!!
……が、そんな相手に苦戦するマインではありませんでした。
そのヌンチャクをあっさり叩き落としたかと思うと、すかさず蹴りつけてきた福萬の足をフランキスカで迎え撃って切断!!
あっさりと勝負は決してしまったのでした……

スー・インは殺していない、助けてくれと命乞いをする福萬。
ですがマインたちからすれば、直接手を下したかどうかなど関係ありません。
もはや彼女たちは、許すことのできない敵。
交渉の余地など一切なし!
マインは容赦ない一撃を加えようとするのですが……それを、ひろしが止めました。
もうだれかが死ぬところは見たくない、人殺しをするまいンさんも見たくない。
そう言って泣かれてしまえば、さすがのマインもそれを押し切って殺すことはできません。
美能子はるしあと連絡を取り、合流することにしたのです。
……そのあと、忘れ物を取りに行くと称してひきかえし、福萬の始末はきっちりつけて。

るしあは、恨み深い因縁の相手を前に、すぐにでも殺してしまいたいという気持ちをぐっと抑え、片腕をふっとばした「だけ」で我慢し、情報を聞きだそうとしていました。
合流した美能子たちにもすごまれれば、もはやそいつも隠し立てなどできません。
男は、ぽつぽつと話し始めます。
死なない子供を食べることで不老不死になろうとしている連中がいる。、
この国でも屈指の資産家が作ったコミュニティで、さる研究機関に莫大な資金援助をしていて、定期的に不死の子供を提供しているらしい。
その子供たちを国内で一時的に預かってスポンサーのもとに運ぶのが、うちの組の仕事だったんだ.
箱に入れられた子供は箱に入れられて一部の組員しか存在を知らされず、極秘裏に搬送していた……が、ある日持ち掛けられた。
荷物を横流しして大金を稼がないか、と!
男は持ち掛けてきた相手から派遣された4人の殺し屋を使い、その作戦を決行したのですが……
結果はこのありさまです。
美能子たちは取引を持ち掛けたのが「ヴァルゴ」と名乗る若い女だということを聞きだすと、その息の根を止めるのでした……

4人の殺し屋の中で一人だけ生き残った黒髪の女は、仮のアジトへ戻っていました。
そこに、何者かがノックをする音が響き渡ります。
早くもマインたちがこの場所にたどり着いた……というわけではありません。
ヴァルゴから頼まれた助っ人です。
そう言って中に入ってきたのは……
tr3
あの厄介極まりない男、ヘル=モスキート!!
まさか再びマインとるしあはこの男と戦うことになってしまうのでしょうか!?


というわけで、長編シリーズとなったケテ編が完結となる今巻。
ひろしの仲間であるケテは、放っておけばただただ権力者たちに蹂躙されるだけの存在。
彼女を助けることはもちろんのこと、スー・インの仇を取らずに終わらせられるわけがありません。
黒髪の女、そしてヘル=モスキート。
強敵がそろう中で、マインとるしあは逆襲を果たすことができるのでしょうか!?

さらにこの後、物語は予想外の展開へと向かっていきます。
非業の運命を強いられたケテは、果たしてこの戦いを終えて新たな人生を手にすることができるのでしょうか。
それとも、運命は無情な牙を剥くのでしょうか。
血しぶき飛びはらわた舞うバイオレンスアクション、今巻も見どころばっちりですよ!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!