ct0
今回紹介いたしますのはこちら。

「ちおちゃんの通学路」第5巻 川崎直孝先生 

KADOKAWAさんのMFコミックスフラッパーシリーズより刊行です。



さて、中の下の学生生活を目指すと言いながら、地味な見た目とは裏腹なアレな性格をいかんなく発揮してトラブルまみれの登下校を繰り返すちおちゃん。
メインキャストとなるちおちゃんと真奈菜の他にも、桃センパイや雪ちゃんといった個性豊かな面々もそろってきた本作ですが、今巻ではまた一人個性的な女子が登場するようで!?


ぎろり、と周囲をにらみつけるように見回している小学生。
そのいでたちからするに、私立の超お嬢様学校の生徒であることは間違いなさそうですが、それにしてもこの場所で見かけることはあまりありません。
一体何をやっているのかと思えば……やがて前からやってくるちおちゃんと真奈菜を見つけていきなり動き始めたではないですか。
そして何を言いだすのかと思えば、
ct1
そこの二人、私と決闘しろ!と、なんだかとんでもない発言が飛び出したのです!!
……が、ちおちゃんと真奈菜は全くそれに反応しません。
私の家の屋根に猿がいた、などと言う夢か現かと言うくだらない話から、その猿の鳴きまねなんかをして楽しそうに登校を続けるのです。
が、その時突然、真奈菜が奇妙なうめき声を上げ、なんだかおもしろい顔になるじゃありませんか!
どうしたのか見てみれば、なんと……

先ほどの女子小学生が、真奈菜のおしりに強烈なカンチョーをさく裂させていたのです!!
真奈菜が泡を吹いて倒れたのを見ると、強そうな奴は倒した、と今度はちおちゃんに狙いを定める小学生!!
何が何だかわからないちおちゃん、先ほど確かに決闘を申し込まれはしたものの、自分たちに向かって話しかけているとは夢にも思わなかったのです。
有無を言わさず襲い掛かってくる小学生ですが、おめおめと後ろを差し出す女子高生などいるはずもありません。
ちおちゃんはカバンを小学生の顔の前につきだして視界を奪ったかと思うと、素早い動きで後ろへまわりこみました!!
カバンが目の前から移動し、視界が開けた時にはもうちおちゃんの姿はない……
その状況に気が付いた小学生は、ちおちゃんもカンチョーによる決闘、ケツ闘の経験者であることを察知!!
背後から一気に勝負を決めにきたちおちゃんの攻撃を身を翻してかわすのです!!
が、ちおちゃんのそれは右手一本で放たれています。
次は左手の一撃が来る!!
それも予測した小学生はさらに体をひねり、追撃をも回避。
体勢を立てなおし、こんなところで「二丁拳銃(トゥーハンド)」の使い手に会うとは、とちおちゃんを強敵と認識しました。
そして公立小学校の育ちの悪さをなめるんじゃないわよ、とちおちゃんも臨戦態勢……
血を血で洗う激闘が始まる!!と思ったその瞬間のことでした。
ct2
意識を取り戻した真奈菜が、お返しとばかりに小学生に重い一撃をくらわし、ノックアウトしたのは……!!

ちおちゃんは、右手と左手の親指を結束バンドで結ぶ、と言うネット仕込みの拘束方法で小学生を縛り、そのまま担いで公園の森に運んでいきます。
そんなビジュアル的にヤバい行動までして彼女を運んだのは、ひとえになぜこんなことをしたのかを聞くため。
ですがどうして襲ってきたのかを尋ねてもプイとそっぽを向きますし、なぜカンチョーなのかときいてみても、お前は相撲取りにどうしてTバックを履くか聞くのか?とよくわからない返しをされる始末。
二人のいら立ちが募る中、彼女はようやくその行動の目的を明かしてくれました。
私は鮫島学園の女子生徒を許さない、お前らは弱そうだから目を付けた。
……そんな何だかかっこつけたようなことを言っておきながら、返り討ちにされてしまう体たらく。
ちおちゃんと真奈菜は思わず吹き出してしまうのですが、あんなことをされて素直に帰してあげるほど二人の人間はできちゃおりません。
この子いろんな意味で怖いから、社会的制裁で泣かそう!
流石の二人、まずは学校に連絡して親を出させ、真奈菜も病院に行って診断書をもらって……と、どんどんリアルな方面で追い込んでいく相談を進めていきます。
が、その時再び真奈菜が奇妙なうめき声を上げ、顔をゆがめたではありませんか!
なんと小学生、持ち前の体の柔らかさを発揮して、指を拘束されたまま足をくぐらせて手を前のほうへと移動。
そして油断したすきに再びカンチョーをさく裂させたのです!!
まだ負けていない、戦えるぜ!
そう言って再び闘志をみなぎらせる小学生……
となればもうちおちゃんも迎え撃つしかありません!!
バトルマンガ張りの攻防を繰り広げながら、縦横無尽に駆け回り、交錯する二人!!
決着はそう遠くないうちにつく……と思われたのです、が。
あまりに縦横無尽に動きすぎたため、二人はそのまま公園の広場に出てしまったのです。
広場には、たくさんの親子連れなんかが普通(?)に公園を使っております。
こんな中でケツ闘を繰り広げれば、小学生(それも手を拘束されている)相手に本気でカンチョーを狙う不審すぎる女子高生として衆目にさらされ……
ct3
下手をすれば、事案です!!
ちおちゃんはとっさに、丹間と制止をしようとするのですが、小学生からすれば人目なんて知ったことじゃないわけで……
思わぬ場所で追い込まれるちおちゃん、まさかこの皆さんの前でとんでもない一発を受けてしまうのでしょうかっ!?



というわけで、謎の武闘派小学生・ちはるが登場する今巻。
カンチョーを執拗に狙う女子小学生、と言う非常にアレな……出落ち感の強いキャラではあるちはるですが、この後も幾度となく登場。
カンチョーはともかくとしまして、その後も彼女は暴れまわってくれるのです!
そしてその中で、わりとあっさり彼女の本当の目的と、正体が判明。
驚愕……と言うほどでもない正体を持つちはるですが、基本的に非アクティブなちおちゃん達に事件を巻き起こすきっかけとなる着火剤として作用してくれます。
非アクティブとはいえトラブル体質であるちおちゃん達のもとに、事件を巻き起こす存在がやってくるとなれば……もう、めくるめく事件の連続は必然!
のぞまずしてより一層のドタバタ劇を巻き起こすちおちゃんの明日はどっちなのでしょうか!?

そしてちはる登場のお話の合間にいつも通りのちおちゃん&真奈菜の二人メインのお話もきっちり用意されています。
今回彼女たちに襲い掛かるのは、巷を騒がすサードウェーブコーヒー、そして雨上がり直後の水たまり!
なんてことない普通の日常も、彼女たちにとっては一大……いや、一小イベントになってしまいますよ!!

さらに巻末には描き下ろしのエピソードが8P収録!
お話の間と間にもそのお話の後日談的おまけ漫画も収録されていまして、今回もサービス満点の仕上がりです!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!