hj0
今回紹介いたしますのはこちら。

「ハカイジュウ」第20巻 本田真吾先生 

秋田書店さんの少年チャンピオン・コミックスより刊行です


さて、暴走してしまった魅央を身を挺して救ってくれた陽。
ですがその代償は大きく、マスターの攻撃によって陽は体を前後に分断され……絶命してしまったのでした。


陽の死。
それは、魅央だけでなく、キイチやナナセ、そして何より盟友であった絢士に大きなショックを与えました。
慟哭する絢士……
そんな中で、マスターたちの軍勢は逆に勢いづいていきました。
最強のエボル、陽を倒した。
これでやっとクローン装置が手に入る!
そして、いよいよ「救世主(メシア)」が復活する……!
今日こそが真世界の幕開けの日だ、と歓喜の言葉でその勢いを盛り上げるのですが、同時に魅央へのフォローも忘れません。
陽は自分のあこがれだった、こんなことになって残念だ、でも真世界を作るにはやむを得なかった。
これで私の願いも、魅央の願いも叶う。
そう穏やかに語りかけると……魅央もまた、ぽつぽつと語り始めます。
私も父がいなければ弟を生き返らせることができると思っていた。
でも、私の愛した弟はもう戻らない、ずっと気付かないふりをしていただけだった。
父の気持ちもわからず、何度もひどいことを言ったのに、自分に思いを伝えてくれた。
私は、何も伝えられなかった……
二度と、何も……
そう言って、振り返った魅央の顔は……
hj1
怒りに燃えていました。
許さない、私の家族を奪ったあなたを!!
魅央の体は、その怒りを表すかのようにみるみると変化をしていきます。
一度は収まったはずの暴走……
それが、沸き立つ激しい憎しみのため三股起こり始めてしまいました!
憎い、憎い!
このままでは、魅央は二度と人間の感情を取り戻すことはできなくなってしまうことでしょう。
そんな魅央を止めたのは……彼女の心の中に残っていたのか、はたまた完全に命が尽きる前の情念なのか……陽でした。
そっちに行くな、魅央。
お前ならできるはずだ、大丈夫。
父さんはずっとお前を見守ってる。
背中からずっと魅央を抱き寄せてそう囁いた陽は、その言葉を最後に今度こそその姿を消してしまいました。
父のやさしいぬくもりと、その言葉……
魅央はその父の声により、暴走を抑えることに成功します。
魅央の体から沸き上がった、濛々とした煙。
それがおさまるにつれて浮き上がってきた魅央の体は……
hj2
怪物のへの変化を起こしながら、確かな人間の知性を感じさせる瞳の光を湛えた……「エボル」の姿でした!!
それを見たマスターは、おめでとうと拍手とともに祝福の言葉を投げかけ、そして、一緒に心世界を作らないかと魅央への勧誘を再会したのです。
魅央はそんなマスターの言葉を無視し、父の体を抱き上げて離れた場所へ安置。
そして、すぐに終わらせるからと父に声をかけ、マスターへと向き直ります。
そんな魅央は、その後ようやくマスターへの返事を返すのです。
あなたの目的に興味はないし、協力する気もない。
だから、父が守り続けたクローン装置は私が守る!!
……はっきりとした拒否の意思を受け取ったマスター、その答えはもう想定済みだったのでしょう。
残念です、とあっさりそれを受け入れ、あなたには知んでもらいます、と一斉攻撃の指示を出したのでした!!

魅央に襲い掛かってきたのは、6体のエボル。
多勢に無勢と言わざるを得ないその戦況ですが、魅央は冷静に攻撃してくるエボルの数を把握。
素早い動きでエボルの攻撃を難なくかわし、返す刀で次々にエボルを葬っていくのです!
あっという間に6体昂を片付けてしまった魅央。
マスターの部下のエボル達もその強さにシンと静まり返ってしまうのですが、魅央自身もまた今まで以上の力がみなぎる自分の体に驚きを感じておりました。
流石は最強のエボル、陽の娘、と言ったところでしょうか。
波のエボルで母が立たないと判断したマスターは、臨戦態勢に。
hj3
これ以上同胞の命を奪われるわけにはいかない、と……魅央に攻撃を仕掛けたのです!!
早くも始まった、マスターとの直接対決。
果たしてこの戦いで、すべての決着はつくのでしょうか……!?



というわけで、魅央がエボルとして覚醒した今巻。
この後物語は急展開を迎え、一気にクライマックスへと向かって行くこととなります!
魅央VSマスターの戦いの結果は?
レンの復讐は?
マスターが待望するメシアの復活はなるのか?
様々な思惑が錯綜する大阪城編は、怒涛の急展開で次なる物語へと転がっていきます!!
そして物語は最終章へ……!!
最終章となるシリーズでは、予想通りと言いますかなんといいますか、あの人がとうとう復活!!
まさかのラスボスとなってしまうのか、それとも……と言う気になる状況となって、次巻、最終第21巻へと続くようです!!
完結、とは謳われておりますが、この第2部の完結を意味しているのか、物語の完全な完結を意味しているのかはまだ分かりません!!
結局はっきりとはわからないこの怪物の正体は明かされるのか、世界は人類のもとへ帰ってくるのか、それともホラーものらしいふわっとしたフィナーレになるのか!?
全ては今夏発売予定の21巻で明かされる様子!!
その最終回に至る、みんな大好きあの人復活の今巻も見逃せませんよ!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!