yn0
今回紹介いたしますのはこちら。

「約束のネバーランド」第3巻 原作・白井カイウ先生 作画・出水ぽすか先生 

集英社さんのジャンプコミックスより刊行です。


さて、孤児院からの脱出を目指すエマたちの戦いを描く本作。
内通者の意外な正体や、外の世界に要るかもしれない仲間の存在、新たな協力者など物語が動いた前巻ですが、その新たな協力者であるドンとギルダが思いがけない行動をとり始め……?


ドンは持ち前の特技、「スリ」の実力を発揮し、イザベラのポケットからマスターキーを抜き取りました。
そのカギを使って、イザベラがたまに入っているらしい隠し部屋の中を見てみよう、とギルダに持ち掛けます。
エマたちが明かした、イザベラが子供たちを「悪い人に売っている」と言う話が本当なら、売られていったコニー太刀をすぐに助けなければならない、だから少しでも手掛かりが欲しい……
ドンはそう考え、意を決して隠し部屋に潜入することにしたのです。
そのリスクが大きいことはドンもよく知っていますし、ギルダはギリギリまで悩んでいるようです。
ですが、ドンはその手掛かり以上に……本当にあの優しいママ、イザベラが子供たちを得るためだけに優しい演技をしていたのか……その正体を知りなくてならないのです。
結局はその疑問が、ギルダも突き動かすことになりました。
yn1
二人は書庫の本棚を動かし、隠し部屋を発見。
そして、マスターキーを差し込むのでした。

一方、エマたち三人は外の世界に要るかもしれない仲間、「ミネルヴァ」に関しての説明をノーマンにしていました。
図書室の、たくさんの蔵書のほとんどは外の世界から寄贈されたものです。
その「寄贈」が本当はどんな形で送られているのかはわかりませんが……送られてきた数々の本の中で、ウィリアム・ミネルヴァと言う人物が送ってきた本に張られていた、蔵書表にそのヒントがあったのです。
もともとその本は誰のものなのかを示す蔵書表ですが、ミネルヴァのそれは丸いフクロウの印が押されていまそて。
一見すると何の変哲もない印に見えるそれ……実は、印の外枠の円のカスレ具合がそれぞれ違っていて、それがモールス信号になっているのです!!
yn2
RUN(逃げろ)、DOUBT(疑え)、DANGER(危険)、TRUTH(真実)。
そして、HARVEST(収穫)、MONSTER(怪物)、FARM(農園)……!!
この蔵書表が、ミネルヴァが子供たちに真実に気づいて逃げろと促す助けの手であることを示しているのは間違いないでしょう。
外に出れば仲間がいる。
そう喜びたいところですが、レイはあくまで冷静。
このミネルヴァは仲間かもしれないが、生死すらもわからない相手だから期待しすぎてはならない。
そうは言うものの、逆に今も生きている、という可能性はあるわけで。
完全に希望を捨てなければならないどころか、外の世界に人間がいて、子供たちを助けようとしてくれている人がいる、と言う外の世界が鬼だけの世界ではないという、希望そのものともいえるわけです!
さらにエマは、ミネルヴァの本が2015年発行のものまでは存在することに気づいていました。
少なくともそこまでは、ミネルヴァはいた、というわけです。
そして、もう2冊、少しよくわからない本があることも明かしてきました。
PROMISE(約束)のモールス信号と、モールス信号のない、ところどころ破れている本がある……
その本、冒険小説と神話の本なのですが……それにもきっとなんらか意味がある、そして何か大切な道しるべになるだろう、とエマは確信しているようですが、あくまでそれはエマのカンにすぎず。
やらなければならないことが多い今、その謎の本にかかりきりになることはできませんが、それでもこの券の調査を進める必要はありそうです!

ドンとギルダは、隠し部屋の中に入っていました。
一見するとただの物置にも見えたその部屋ですが……よく調べると、地下に続く扉があることに気が付きます。
恐る恐るその地下への扉を開きますと、そこには驚くものばかりが並んでいたのです!
出荷リストか何かと思われる資料の数々。
リトルバーニーをはじめとする、引き取られていった子供たちが持っていったはずの物品。
そして、通信機器……!!
これらは、エマたちの言っていたことが間違っていないことを証明しています。
子供たちが持っていったはずモノがここに残っているということは、出ていくときに奪われたということ。
ギルダはやはりママはずっと嘘をついていたんだ、と驚愕するのですが……ドンはまた別のことに気が付いたのです。
エマたちはなぜ、売る相手が「悪い人」だとわかったのか、と。
もしかしたら、エマたちは嘘をついているのではないか。
ママはもっとヤバくて、コニーたちはもう……!!
信じたくない真相に近づきつつあるドンとギルダ。
ですがその時、上から音が聞こえてきました。
となりの書斎に誰かが入ってきた靴音が。
この靴音は……イザベラです。
yn3
何と言うことでしょうか……地下室の中にいるこの時に、イザベラが来てしまったようです!!
まさか、鍵がないことに気が付いて戻ってきたのでしょうか!?
ドンとギルダの背筋に冷たいものが走り……!!



というわけで、さらに物語が動いていく本作。
エマたちが希望となる手掛かりを見つけたのに対し、恐怖の足掛かりとなる地下室で追い詰められてしまったドンたち。
果たしてこの後、ドンたちはどうなってしまうのか?
彼らも優秀ではあるものの、エマたちほどではないわけで。
そんな彼らから計画にほころびが生まれ、すべてが水泡に帰してしまうことも考えられます。
一体脱出計画はどうなってしまうのでしょうか……!!

そして、この脱出計画の障壁となる数々のものの中で、最もアグレッシブに邪魔をしてくるクローネも動きを見せ始めます。
クローネはイザベラに従うというよりも、むしろライバル視し、そのママの座を奪い取ってやろうと企んでいます。
そんな彼女が、脱出を計画している子供たちを発見し、その証拠をつかんだとしたら?
ママの座を奪取するために、利用しようとすることは火を見るよりも明らかと言えるでしょう!!
脱出計画、脱出後の計画という大事なもの以外にも、注意を払わなければならないクローネやイザベラの動向。
その最大と言える脅威が、エマたちに一気に襲い掛かることとなるのです!!
さらに今巻のラストには、さらに驚くべき展開が待っていて……!!
緊迫の本作をさらに揺るがす急展開に、今後が一層気になってしまうこと間違いなしですよ!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!