6a0
今回紹介いたしますのはこちら。

「六道の悪女たち」第3巻 中村勇志先生 

秋田書店さんの少年チャンピオン・コミックスより刊行です。


さて、悪女に惚れられる力を手に入れてしまった六道。
その力に翻弄されつつも、番長の幼田を改心させることに成功するなど秘めていた男気を見せ、乗り越えていくのです。
が、またも新たな悪女の存在がちらつき始め……?



皆でツーリングに行こう、と言うことになりました。
六道と課長も原付の免許を取り、あとはバイクの手配をするだけ。
課長はお父さんのものを借りることになったのですが、六道が乗る分は飯沼が譲ってくれるとのこと。
「原付くらいいくらでも手に入る」と言う飯沼の言葉を信じて待っていたところ、そこはさすがの飯沼、早速バイクを持ってきてくれました。
ですが飯沼が持ってきたのは
6a1
なんかものすごい勢いで改造してある、あんまりにもあれなバイクだったのです!!
これには六道も思わず突っ込むしかありません。
いらないよこんなの!!と……
とはいえ、飯沼がダチだという六道のために本気で「これがいい」と思って用意してくれたバイクです。
正直恥ずかしさはぬぐいきれませんが、この改造バイクに乗ることを決意したのでした。

一人の夢見る少女がいました。
白バイにあこがれ、そして白バイ警官になる夢を持つ少女が。
彼女は白バイを、公道の規律をただし、市民を危険にさらす暴走族から行動の平和を守る正義の味方、白馬の王子様だと称し……その白馬の王子様へのお焦がれを暴走させてしまっています。
やがて白バイ警官になると固く決意はしているものの、その日が来るまで待ちきれず、自作の制服と自作の白バイに乗り、勝手に白バイ警官に扮して公道の平和を守っていたのです!!
彼女の名は姫野莇美。
彼女は一般の車両の交通違反などを見つけると注意しつつ、今日は見逃すから気を付けて、と警官のふりで正しい交通ルールを教えています。
……自分がルールを破っているのはおいておいて……!
そんな彼女ですが、あるものを見ると豹変してしまうのです。
それは……暴走族です。
悪い奴らには一切容赦しない、と鬼のような形相を浮かべる彼女ですが、まぁ今は平日の昼間。
こんな時間に暴走族など普通はいませんから、その表情を穏やかにするのです。
が、そこで通りがかってしまったのが
6a2
飯沼のあのバイクに乗った六道だったのです!!
六道は一応このバイクに乗ってはみたものの、早速限界を迎えていました。
やっぱり無理だ、どうしてもこのバイクに乗り続ける自信がない!
飯沼君に変えそう、よく考えたらこんなバイク違反な気がするし、警察に見つかったら捕まってしまうかもしれない……
そうドキドキしながら、とりあえず家に向かっていたところでした。
そんな六道の背後から迫ってくる、莇美!!
最悪だ!!
免停、罰金、退学……そんな言葉が次々に脳裏に浮かんできて、顔面から血の気を引かせる六道……!!
もう素直に止まって話をするしかない、と覚悟を決めたのです。
が、なんと言うことでしょうか!!
莇美は、何も言わずいきなり木刀で六道に殴りかかってきたではないですか!!
何でいきなりブッ叩くんですか!大けがしちゃいますよ!と戸惑い振り向く六道!!
莇美はそんな言葉を全く聞かず、よくも私の前でそんなバイクに堂々と乗れるわね、覚悟しなさい、と心の中で冷たい審判を下すのです!!
しかしそこで、彼女は初めて六道の顔をまともに見て……
6a3
六道の姿に、白馬の王子様を見出したのでした!!

とある理由により、何よりも暴走族を憎んでいる莇美。
そんな彼女が生まれて初めてかもしれない恋心を抱いたのが、どう見てもそっち系のバイクに乗っている六道……!!
六道の力は悪女を惚れさせるもの。
彼女が六道にときめくのは悪女であるからなわけで、暴走族と彼女が思っている対象に恋したとしても、彼女を悪女たらしめる暴走族への容赦なき攻撃性が消えるわけではありません!!
果たして彼女は六道をどうするのか……!?
新たな悪女との騒動が、こうして幕を開けるのです!!



というわけで、新シリーズが本格始動する今巻。
この莇美と言う女性の過去と、現在まで続く暴走族への憎悪。
そこを一つの軸として、ある暴走族チームが物語に密接に絡んでくることとなります。
莇美に惚れられてしまった六道は、その騒動にやっぱり巻き込まれてしまうことに。
……と言うのは少し違うかもしれません。
飯沼との対決を一つのきっかけとして、徐々にとはいえ確実にその秘めた男気を強くしていった六道ですから、悪女だろうと何だろうと、女性が目の前でトラブルに巻き込まれるのを黙ってみていることはできないのです!!
莇美が白バイにあこがれるきっかけとは。
莇美と暴走族の間にいったい何があったのか?
その二社の対立に割って入る六道は?
飯沼や課長、大佐は、乱奈はどうするのか?
今まで以上に大規模な戦いへと物語は憑き進んでいくのです!!

乱奈、幼田とは違うタイプの悪女となる莇美のキャラクターに注目が行く今巻ですが、その敵となる暴走族の危険さ、そして何より六道の男気は必見と言える内容となっています。
体の強さ的な意味では変わっていない六道ですが、今までもここぞという時に見せていた男らしさを今巻でもばっちり見せてくれています!!
成長していく主人公、繰り広げられる戦い……
ハーレムもの的な側面と、しっかり少年漫画した熱い展開と、今巻もばっちり両面楽しめるのです!!
ちなみに巻末にはおまけの4コマが4P描き下ろされておりまして、そこでは飯沼のバイク趣味に関して掘り下げられているのも必見!!
怖くてカッコいい彼の意外な(?)一面が見られますよ!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!