ha0
今回紹介いたしますのはこちら。

「僕のヒーローアカデミア」第13巻 堀越耕平先生 

集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行です。


さて、新たな戦闘スタイル、シュートスタイルに開眼した出久。
クラスメイト達も「必殺技」を次々と編み出し、勢いづく中で仮免試験に挑むことになりました。
出久達A組の面々は、マークも厳しい中で1次試験を全員突破!
無事最終試験に進むのですが、士傑高校をはじめとした強敵がまだまだそろっていて……?



最終試験は、救助訓練です。
ヴィランによる大規模破壊が行われ、倒壊した町の中で人々を救助していく……
そんな中で、出久達はなれないながらもできることをしていきます。
この試験は、減点方式。
マズイ行動をとると持ち点から点数を引かれてしまい、一定以上に点数が下がると不合格。
そんなすべての行動が即合否につながる難しい私見だというのに、その篩はさらに厳しいものになっていってしまうのです!
突如として巻き起こる、大爆発!!
そしてそれとともに現れる……
ha1
ヴィラン!!
今回は試験ですから、ヴィランと言う設定のプロヒーローが立ちはだかることとなるのですが、つまり逆を言えば相手は本物の強者と言うこと!
しかも今回のヒーローは、ヒーローランキングでナンバー10につける超実力派、ギャングオルカですからたまったものではありません!
ただでさえ、倒壊した町から、けがの具合などを確認しながら迅速かつ丁寧な救助をしなければならない困難なこの試験。
そこにプロヒーローのふんしたヴィランとの戦いが加わるのですから、もう大変なんてもんじゃありません!!
プロでも高難度のこの案件を前に出久達はどう動くのでしょうか……!!

ヴィランが出てきたのは、救護所のすぐ近く。
自分たちのも千葉の救助がまだだからと言って、無視できる位置ではありません。
そんな状況で、いち早く動いたのは「揺らす」個性を持つ真堂。
素早い連続の振動で、ヴィラン達の行動を制限し、救護所に近づかせないようにするのですが……ギャングオルカのほうが一手上を行っていました。
「シャチ」の個性の一つ、超音波による攻撃で真堂の体をマヒさせ、動きを止めてしまったのです!
そのまま真堂が食い止めている間に要救護者を逃がそうとしていた出久たちにおそいかかる……と思われたその時でした!!
巨大な氷壁がギャングオルカに襲い掛かったのは!!
轟です。
轟が、芦戸たちとともにこの場に駆け付けてきたのです!
芦戸たちと状況を確認している間にも、轟はギャングオルカへの警戒を緩めていません。
が、そこにまたも新たな男がやってきます!
吹き飛べ、と言う物騒な言葉とともに現れたのは、士傑高校の夜嵐!
ha2
広範囲に氷と炎で攻撃できる轟に、猛烈な風で行動を制限できる夜嵐と言うコンビは、その能力を発揮すればヴィランの集団をまとめて制圧することができるでしょう。
ですが……轟に対して、敵意をむき出しにする夜嵐、そしてその敵意を受けるココとあたりがなく、いらだつ轟、という具合で、二人の相性は最悪と言っていい状態なのです。
その相性の悪さはさっそく悪影響を生み出してしまいます。
夜嵐が風で動きを制限しようとしていたにもかかわらず、轟が放ったのは炎。
炎による温度上昇で風の向きが上方に変わってしまい、制圧がとけてしまったのです!
轟からすれば、最初にはなった氷がし逃れたから今度は炎、と考えただけの事。
炎も夜嵐の風で吹き飛ばされ、気分はよくないのですが……夜嵐は、轟が出柄を渡さないようにあえてこんなことをしたんだ、と噛みついてくるのです。
夜嵐がそう思った理由は……轟が、エンデヴァーの息子だからだ、とのこと。
その言葉は、轟をより一層いらだたせるのです!!
夜嵐は、当時いちヒーローファンだった少年時代の自分に、冷たい怒りを湛えた瞳を見せつけたエンデヴァーに恐怖を感じました。
そして、雄英の入試の時に出会った轟も、全く同じ目をしていて……
嫌悪している父親と、同じ目をしていると言われてしまった轟はどうしても、集中することができず……
渋い顔をする審査員たちのことも頭から消えてしまっている2人、全く息を合わせようとはしません。
夜嵐も、あんたら親子のヒーローだけは認められない、と言い切り、もとより歩み寄ろうという気もなし!!
再び炎と風を自分勝手に放つ二人、その風のせいで動けない状態の真堂へと炎が向かってしまいました!!
まさかの同士討ち、というどうしようもない一手となってしまったその攻撃、ギャングオルカはやれやれとばかりに目を伏せるのですが……その瞬間でした!!
ha3
出久が真堂を掴み、その場から助け出したのは!!
そして出久は轟と夜嵐に向かって叫びます。
何をしてんだよ!と!!



というわけで、とんでもない展開となってしまった最終試験。
夜嵐が轟に対して良くない感情を持っていたことは何となくわかってはいましたが、まさかそれを試験の最中にもむき出しにするとは……
轟もそれを迎え撃つ形になってしまったわけで、二人の印象はどうしようもないほど最悪になってしまったことでしょう。
実力で言えば、おそらくこの試験会場の受験生の中でも5市に入るであろうこの二人、まさかこんな自分の感情のせいで落第となってしまうのでしょうか!?
もちろん出久達ものんびりとはしていられません。
ギャングオルカと言う実力者、厳しい評価の目が光る救助活動、刻一刻と変わる状況……
全員合格を目指す出久達は、その目標を達成できるのか!?
そして何より、救助と言う言葉と対極にいる爆豪は……!?

そんな最終試験、最後の最後にどんでん返しが用意されて今巻で決着。
そのどんでん返しに仰天しているうちに、物語は意外な方向へと進んでいきます。
様々な想いの渦巻く雄英高校1年A組、その中で最もややこしい関係と言える二人がとうとう……!?
スピンオフの連載に、アニメ第2期も放送が始まった本作、本編のほうも負けじとフルスロットルです!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!