tr0
今回紹介いたしますのはこちら。

「trash.(トラッシュ)」第10巻 原作・山本賢治先生 漫画・D.P先生 

秋田書店さんのヤングチャンピオン烈コミックスより刊行されました。


さて、ケテを巡る戦いが決着した前巻。
ですが、マインとるしあと美能子の周りには更なる危険な香りが漂い始めます。
エクスプローダー&ハルバートと呼ばれる女性二人組の殺し屋と、その二人を雇う謎の女、そして村上組の会長が動き始めていて……!



激しい戦いを生き延びたマインでしたが、その代償はやはり大きかったようです。
今までも大きな負傷をしてきたマインたちではあるものの、腕利きの医者の存在もあり、何とか体の治癒には成功してきました。
ですが、今回の……鼓膜の損傷、そして食いちぎられてしまった指だけはどうにもできないようで。
今回ばかりは完治は望めなそうです。
とはいえ、無事に生還した一同は、それぞれいつもの日常に戻りつつありました。
……それが、ほんの束の間の平和であるとも知らずに。

硲は、パチンコに興じておりました。
ですが一向に当たりが出る気配はなく、どんどんとおかねは呑み込まれていってしまい……ついには、今月の食費がすべて露と消えてしまいます。
人目もはばからず大声で嘆いていたところ、そこにいかにもという風貌の三人組がやってきました。
どこの金融機関の方?と、借金取りか何かかと彼らを見る硲でしたが、どうもそうではない様子。
岩志の組長さんに頼みごとがあるんだけど、と言うその男ですが……目的は……

美能子のもとに電話がかかってきます。
硲からの電話であるそれは、ギャンブルで大勝ちしたから、たまには恩返ししたい、食事に行かないか、というものでした。
なんだかんだ硲のことが好きな美能子は、珍しい、そこまで言うなら、と口では文句を言いながらも頬を赤らめてその誘いに乗ろうとするのです。
が、直後、電話口から来ちゃだめだ、これは罠だ、という硲の叫び声が聞こえてきます!!
そしてそれを打ち消すように、何かを殴りつけるような音と、間の叫び声が……!!
次に電話から聞こえてきたのは、先ほど硲に声をかけた男でした。
まどろっこしいのはやめだ、とその男はもう小細工なしに用件を伝えてきます。
こいつは人質だ、助けたかったらひとりで指定した場所に来い、1時間過ぎたらこいつはブチ殺す、ちょっとでもこざかしいマネをしてもブチ殺す。
……会話の内容から、男が村上組の構成員であることがうかがえました。
美能子が、先日の事件で村上組の組長にうその報告をしていたことがばれたのでしょう。
完全に美能子たち岩志組は、村上組の粛清の対象になってしまったようです。
村上組は圧倒的な力を持つ勢力です。
まともにことを構えれば、岩志組に勝ち目はありません。
ですが……今は硲を助けないわけにはいきません!!
美能子は部下の出堀に電話し、大至急車を出すように指示!
ショットガンを構え、すぐに乗り込む準備を整えるのです!!

電話を受けた出堀は、身支度を整えて家を出ようとしています。
奥さんと娘さんに、急用で出てくるから晩御飯は先に食べておいてくれ、と声をかけるものの……返事はありません。
そこで二人がいるはずのリビングに向かいますと……そこには、体を両断され、物言わぬ躯となった二人が転がっていたのです!!
流石の出堀も、予想だにしなかったその光景を見て言葉を失ってしまいました。
そしてそんな様を見て、笑い声を上げるものがいました。
tr1
ショック受けてる?おじさま。
二人とも天国へ送ってあげたよ!
そう言うその女は……エクスプローダー&ハルバートの片割れ、ハルバートです!
大ぶりの斧を持った彼女は、今まさに二人殺したとは思えない笑顔で出堀にそう語りかけました!
ですが出堀は何も答えません。
おじさま何か言ってよ、よくも嫁と娘を、とかさぁ、ねえっでば!
しばらくして顔を上げた出堀は、こう言いました。
何か言ったか?
そして間髪入れず、ハルバートに銃弾を浴びせたのです!!

美能子は、一人でしていの場所に乗り込むことになってしまいました。
ですが相手は複数、しかも硲が人質に取られているとあっては何もできません。
あっけなく確保されてしまい、隠し持っている武器はないかと下着姿にされてしまい……
そして、とんでもない仕打ちを受けることとなります。
次はこいつの腹の中を調べろ!
その指示を受けた大柄な男が、美能子の髪の毛をつかんで引き摺り起こし、そして……幾度も幾度も、腹にパンチを叩き込んでいく……!!
tr2
マインやるしあと違い、体は普通の女子高生である美能子がそんなことをされてはたまりません。
最初こそ唾を吐きかけるなどして抵抗していましたが、やがてそれすらもできなくなり……!!

そのころ、るしあは後藤と待ち合わせをしていました。
彼女が探し求めていたターゲットが見つかったとの知らせを受け、駆け付けたのですが……約束の時間になっても現れません。
後藤は立場的に考えても、感情的な面で考えても、るしあとの待ち合わせに遅れるなんてことはあり得ないはず。
と言うことは、何かあったのか……?
るしあが嫌な予感を感じていますと、そこに黒いスーツの女が現れ、ルシアに語りかけてくるのです。
tr3
ここ、路上喫煙禁止だぞ。
もちろんそれはただの注意ではなく、ルシアに用事があるからこその会話のとっかかりにすぎません。
そのスーツの女は……そう、殺し屋、エクスプローダーです……!!



というわけで、この後壮絶な戦いが幕を開けることとなる本作。
今までも強力な敵は登場してきましたが、まともにやりあえばマインとるしあに並ぶものはほとんどいませんでした。
ですが今回のエクスプローダー&ハルバートはわけが違うようです!
その得物もマインとるしあを彷彿させる彼女たちは、実力も二人と同等か、それ以上!
さらに、村上組と一応は手を組んでいるわけで、その村上組の巨大な力も敵として立ち塞がってくるわけです!!
さらに、エクスプローダー&ハルバートを雇っている謎の女……情報屋・ヴァルゴを名乗る女も本格的に始動!
るしあと何らかの因縁があるらしい彼女のその目的は一体……!?
この後も、凄惨な戦いが繰り広げられていく本シリーズ。
いつにもましてエロスシーンが多いような気がするのも見どころですが、何よりも注目しなければいけないのは……いままで活躍していたキャラでも容赦なく死んでいく油断できない展開でしょう!
これからも犠牲者が続々出ていきそうな予感、メインキャラでも平気でひどい目に会わされてしまう凄まじさと、その展開はまさしく予想不能!
そして山本先生がお気に入りっぽいあのキャラも登場し、物語はさらに混沌と、凄惨になっていくのです!!

クライマックスのかおりがする本作、なんと次巻で最終巻とのこと!!
おそらく最後のシリーズであるこのシリーズで、この後一体何が起こっていくのでしょうか!?
一瞬たりとも目の離せない展開が続きそうです!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!