ma0
今回紹介いたしますのはこちら。

「僕のヒーローアカデミア」第16巻 堀越耕平先生 

集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行です。


さて、かつてオールマイトのサイドキックだったナイトアイの事務所でのインターンに励んでいた出久。
そんな中で、思いもよらぬ遭遇を果たし、そのことをきっかけとして死穢八斎會への突入作戦に参加することになりました。
切島や梅雨、雄英ビッグ3とともに挑む突入作戦、果たしてその成果は!?



八斎會に突入した一同でしたが、やはり八斎會もそのままおとなしくお縄についてくれるはずもなく。
多くの所属メンバーが立ちはだかり、一同を迎え撃つのです!!
雄英ビッグ3、天喰の活躍のおかげでその攻撃の第一波はしのぐことができました。
他のメンバーはさらに先へ急ぎ、目標であるエリの救出へ向かうのです。

ですが、流石に天喰一人では八斎會のメンバー全員をとめることなどできません。
突如壁が隆起し、相澤に襲い掛かってきたのです!!
強力な個性を持っていればいるほど、相澤の個性を消す能力は厄介。
まずは相澤を消そうと考えるのも当然と言えば当然です。
が、そうはさせないとファットガムが動きます!!
その雪だるまのような巨体からは想像できない素早い動きで相澤を突き飛ばし、相澤の脱落を阻止!!
相澤の身代わりとなり、ファットガムは壁の隆起に呑み込まれてしまったのでした。

ファットガムはそのまま、薄暗い部屋に放り込まれました。
しかし幸か不幸か、その部屋にやって来たのはファットガム一人ではありません。
実はファットガムが壁の隆起に呑み込まれそうになったとき、自分ならばダメージがないと踏んで、切島がファットガムの前に飛び出していたのです。
そのまま切島はファットガムの体の中にめり込み、一緒にここまで来てしまった、と言うわけなのです。
切島とファットガムは、周囲を警戒します。
いつ敵が襲い掛かってくるかわからない……と思いきや、早速暗闇の中から上半身裸の男が現れ、拳を振るってきたのです!!
切島はすかさず、体を硬化します!!
拳、砕けても知らねえぞ!!
切島はいきなり全開バリバリ!!
全身を限界まで硬くする、安無嶺過武瑠(アンブレイカブル)で拳を迎え撃つのです!!
上半身裸の男は、お構いなしとばかりに拳を連打!!
ma1
切島もファットガムもまとめて、パンチの嵐を見舞います!!
そして上半身裸の男、乱波はひとしきり拳を浴びせた後、こう言うのです。
俺は思うんだ、ケンカに刃物や銃は無粋だって。
その身に宿した力だけで殺し合うのがいいんだ、わかるかな?
そう言うだけあって、乱波の攻撃は強力無比!
大量の脂肪で相手の攻撃を吸収してしまうファットガムでも、ダメージを負ってしまうのです。
切島はと言うと……壁までふっとばされてしまい、自慢のアンブレイカブルで固めた体もひび割れだらけになってしまっていました。
ma2
とりあえず切島も致命的なダメージは負っていないことを確認すると、ファットガムは攻撃へ転じます。
そのボディから繰り出される攻撃は相当重い一撃なのでしょうが、その攻撃は乱波には届きませんでした。
乱波とともに行動しているもう一人の敵……袈裟のような服を身にまとった男、天蓋の個性であるバリアに阻まれてしまったのです!!
マシンガンのようなすさまじいラッシュを放ってくる乱波、そして攻撃を無力化するバリアを貼る天蓋。
攻守に優れた組み合わせの個性を持つ二人を前に、ファットガムは顔をしかめます。
対する天蓋も圧倒的有利を確信しておりまして、こちらは矛と盾だが向こうは盾と盾、そっちの少年は盾と呼ぶにも半端なようだ、と余裕の表情を崩しません。
一方、たった一度の攻撃でアンブレイカブルを砕かれてしまった切島のショックは多大。
倒れないというのは強い、と言うかつて自らに力を与えてくれた爆豪の言葉が、今度は切島を苛むのです。
もう一度来たら耐えきれない、強くなれた気でいたが、俺はまだ……
もはや切島の心は折れかけています。
が、ギリギリのところでなんとか踏みとどまることができました。
まさに心が折れようとしていたその瞬間、ファットガムが叫んだのです。
その状態を解くな、心まで折れたら本当に負けだ!
ヴィラン退治は「いかに早く戦意喪失させるか」だ、こっちが先に戦意喪失してどうするんだ。
こんな三下とっととぶっ飛ばして、みんなのところへ戻るぞ!!

乱波と天蓋のコンビネーションが機能すれば、勝ち目はないかもしれません。
しかしファットガムや切島にとって幸いだったのが、この二人はもともとコンビで戦おうとは思っていなかったことです。
乱波はとにかく素手で殴り合えればいいという、戦闘民族的な男。
それを天蓋が個性で邪魔しようものなら、天蓋に対しても思いっきり殴り掛かるような人物です。
その何も考えていない行動にあきれ返った天蓋は、手伝わないから好きに戦えとバリアを解除するではありませんか!
これでほんの少しだけ勝ち目が出てくる、と言いたいところですが、とにかく闘えればいいという乱波とは違い、天蓋は治崎の命令をきっちり遂行するスタンスのようで。
いざ、となったらバリアを出してアシストするに決まっています。
とにかく天蓋をどうにかしなければ勝ち目はない。
切島のダメージも相当なものですし……ファットガムは、覚悟を決めました!
やるしかない、下手をすれば死ぬが、やらなきゃ確実に死ぬだけだ!
そんな心のうちを隠しながら、ファットガムは乱波に挑発めいた言葉を投げかけるのです。
打撃が効いたのは久しぶりだ、俺も昔は武闘派だった、お前の腕が上がらなくなるのが先か、俺が耐え切れなくなるのが先か……矛と盾、どっちが強いか、勝負してみよう!!

乱波の凄まじい威力とスピードのパンチは、雨あられのようにファットガムに降り注ぎます。
その威力とスピードは、衰えるどころかどんどん増加。
これは間に合わないんじゃないか、とファットガムは焦りを感じ始め、そしてダメージを表情に現し始めてしまうのです。
乱波はそんな様子を見て、がっかりさせるな、まだ倒れるな、やっと方があったまって来たところなんだから、とさらなるパワーアップを用意しているかのような声を上げて……!!
その様子を……切島は見ていることしかできません。
何か、できること、俺に今できること。
ファットガムが死んじまう、なにもねえのかよ地味野郎、硬化破られたらなにもできねえのかよ。
何もできねえのかよ……!!
ma3
その目の中に揺蕩っているのは、恐怖の色。
天蓋はそんな切島を見て確信するのです。
あの少年はもう無理だな。
かわいそうに、ああなったらもう二度と立ち直れまい。



というわけで、切島に試練の時がやってくる今巻。
ファットガムには何らかの秘策があるようですが、このままではその秘策を披露する間もなくやられてしまいかねません。
ですが、切島が行ったところでまたアンブレイカブル状態をも砕く乱打を浴びせかけられ、ノックダウンさせられてしまうことは目に見えています。
ファットガムの秘策はさく裂するのか、切島は起死回生の一手を撃つことができるのか?
短期決戦となることは間違いないこの戦い、勝利をつかむのはどちらなのか……
切島&ファットガムVS乱波&天蓋、白熱の戦いの決着は間もなくです!!

今巻は八斎會への突入編が繰り広げられ、突入者それぞれの戦いがメインとなっています。
それはこの切島の戦い、そして天喰の戦いと言う2戦が中心なのですが、それ以外にも見どころは用意されています。
八斎會との戦いのなかでいよいよ動きを見せるヴィラン連合!!
ヴィラン連合の中でとりわけ動きの気になるあのキャラ、その存在感をしっかりと発揮してくれますよ!!
さらに、切島の過去が明かされるのも見逃せません。
なかなかに意外な切島の中学時代のお話が収録されておりまして、こちらも注目の内容になっております!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!