wh0
今回紹介いたしますのはこちら。

「わがままハニイホリック」第1巻 みなもと悠先生 

秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスより刊行です。


さて、「かみさまドロップ」を完結させたみなもと先生の最新作となる本作。
本作もやっぱりみなもと先生の得意とされているラブコメディです。
ですが今回は、今までの先生が描いてきたラブコメ作品とはちょっと違うスタート切るようで……?



標まといは、女の子と見間違えるほどきゃしゃでかわいらしい顔立ちをしている男子です。
見た目や引っ込み思案なところのある性格とは裏腹に、「男番長伝説」と言うレトロな男くさい漫画の主人公、男番長にあこがれ、彼のような男らしい人物になりたい!と日夜思っているのですが……
そんな憧れとは裏腹に、クラスの、それも女子たちに使いっぱしり扱いされ、それを断り切れず結局受け入れてしまうというちょっと情けない毎日を送っています。
その日も使いっぱしり仲間の並木とともにパンを買いに行ったのですが、そんな時彼のクラス、2年B組のトップクラスにいるグループと鉢合わせてしまいます。
サッカー部で活躍し、ビジュアルもハイレベルな、学校外にもファンがいると言うイケメン男子の王司と上井。
そしてもと地下アイドルで今は雑誌モデルをしているという女子、姫川。
そして……そんな3人ですら彼女の言うことをすっと聞いてしまうという学校の「女王」、蜂ヶ崎ハニイ。
トップグループと言うことで、彼らはまといをぞんざいに扱ったりはしないのですが、名前すら満足に覚えていないようで……どちらかと言うと眼中にない、と言う方が正しいようです。
……が、まといは自分の立場の差を知っていてなお、ハニイへ並々ならぬ思いを抱いていて……!

実はまとい、ハニイとは学校外以外での接点があったりします。
と言っても密かに仲良くしている、などと言う色気のあるものではありません。
町にある銭湯を営んでいるまといのおうち。
そこにハニイは毎日やってきて、風呂上がりに番台に座るまといから牛乳を買う、と言うのがお決まりになっているのです。
そんなハニイとのささやかすぎる接点となっている銭湯ですが、悩まされることももちろんありまして。
まといは姉二人に妹一人という4人姉弟なのですが、基本的には長女であるすばるが店番をすることになっています。
しかしすばる、毎日のように合コンに出かけるのを趣味(?)としておりまして、ちょくちょく店番を押し付けられ、放課後友達とどこかに行くなどの自由を許されなくなってしまうことも少なくないのです。
家でも学校でも、誰かにいいように使われて、嫌と言うこともできない。
こんなの、ぼくのなりたいぼくじゃない……
そんなことを考え、うなだれながらも……今日もハニイは来てくれるかな、とちょっぴり胸を躍らせるまといなのでした。

そんなまといの運命を変える出来事が起きたのは、体育の授業中のことでした。
いつものように生き生きと活躍しているように見えるハニイでしたが、突然倒れこんでしまいました。
慌ててみんなが駆け寄り、保健室に連れて行こうと持ち掛けるのですが……そこで、ハニイは、まといに付き添ってくれないかと頼んできたのです!!
いつも一緒の三人は、なぜ自分じゃないのかと不満ですが……女子は試合をしている最中ですし、男子は自習中とはいえ、王司や上井のような女子に人気のあるものが付き添っては角が立つかもしれない、と不満はあってもとりあえずは納得したようです。
まといはトップグループの人なのに自分の名前をちゃんと覚えてくれている、と、いつにも成して高鳴る胸の鼓動を抑えながら、ハニイを保健室へ連れていくのです。

保健室にハニイを連れていくと、先生は昼食に向かったようで留守。
ふたりきりでいるのも緊張しすぎることですし……まといはスポーツドリンクでも買ってくるよ、と彼女を置いて逃げ出そうとするのです。
するとその瞬間!!
ハニイは、後ろからまといに抱き着いてくるではありませんか!!
私、スポーツドリンクよりほしいものがあるんだけど……
と言うハニイ、そう言えばいつも飲んでいるのは大好物とみんなに周知されている牛乳でした。
ですが、今日は学校の自販機の牛乳は売り切れてしまっています。
そう告げるまといなのですが、ハニイは……こう言うのです!!
にぶいのね、それともわざと?
私、標くんがほしくて二人きりになったのに。
ハニイはそう言うと、まといをベッドの上に押し倒します。
私ずっと感じてたのよ、銭湯でも学校でも、標くんの視線。
標くんも望んでたんじゃない?こんな風に二人きりになれるのを……
そう言って、まといを誘惑するかのような言葉を投げかけてくるハニイ!
臨んだ形ではないかもしれませんが、願ったりかなったりの状況、のような気もしますが……まといの目にはその時、とんでもないものがうつっていたのです。
ハニイの背中に
wh1
悪魔の羽、のようなものが生えているという光景が……!!

話を聞いてみれば、まといは人間の精気を糧とするサキュバスなのだとか。
普段は代用食である牛乳を飲むことで、正体を隠しているのだそうですが、今日は牛乳が売り切れだったせいでエネルギー切れを起こし、こうして正体があらわになってしまったとのこと。
先ほどまでの積極的な行動が、自分の精気を狙い、餌の確保のためだったと知って、まといは大きなショックを受けてしまいました。
自分が、クラスの中でいちばん餌にするのにふさわしい存在だったってこと?
思わずそう尋ねるまといに対し、ハニイはあっさりと答えました。
当たり前じゃない、あんたの他に誰がいるのよ、ウチのクラスで。
……とどめを刺すかのようなその言葉で、まといは完全にスイッチが入ってしまったようです。
ハニイの目から見ても、自分は餌にしかならない、餌にしてもいいような最底辺の存在だったというのか。
そんな怒りと落胆の混じった気持ちが、まといをとんでもない行動に走らせたのです!!
ハニイが悪魔だという秘密、皆にばらされたら困るんだよね?
だったら蜂ヶ崎さん、僕の言うこと聞いてよ。
wh2
ぼくの彼女になってよ。
今日のこと誰にも言わないって約束するから、蜂ヶ崎さんの地位を利用させて。
……自分の立場を変えたい、と言う気持ちは、怒りと落胆でとんでもない暴走をしてしまったようです。
クラスのトップ中のトップであるハニイの彼氏、と言う地位を得れば、クラスの誰も自分を使いっぱしりにしたりしなくなる。
ハニイを利用して、今の立場を脱してやる!!
そう考え、口走ってしまったまとい。
ですが、流石にその考えが男らしいというものからほど遠いものである事はわかっています。
すぐに、こんな卑怯で情けないやり方は男らしくない、と思い直し、ハニイに謝罪。
牛乳があれば元に戻れるんでしょ、購買で買って来る、とその契約を自ら反故にしようとするまとい。
ですがその時、ハニイはとんでもないことを言い出すではありませんか!
いいわよ、あたし、あんたの彼女になる。
なりたいの、あたし、あんたの彼女に!!
そう言って、ハニイは
wh3
いきなりまといの唇を奪いました!!
勿論、ハニイが実はまといを好きだった、と言うわけではありません。
本来あまり牛乳が好きではないというハニイですが、まといの家の銭湯で飲む牛乳は格別だったそうで。
その牛乳をたくさん飲んでいるまといの精気は、それはもう美味しいものだろう、という意味でまといしか餌になる人物はいない、と思っていたのです。
そしてこうしてキスなどで精気を奪うサキュバスなのですが、キスは人間にとっては求愛行動。
その求愛行動を人前で堂々と(?)できる恋人関係は、サキュバスにとって最高の関係だと言えるわけです!!
ハニイが自分を見下していたわけではないと知って少し安心したまといですが、自分を恋人ではなく餌tだとして見ているというのは同じこと。
大人しく受け入れるのは……とは思うものの、ハニイのこんな言葉を聞かされてはうなずくしかないのです。
今のパ尻生活から、漫画の主人公みたいな男らしい男になりたいんでしょ?
彼女の秘密が誰にもばれないよう、自分の生命力をかけて守る彼氏、だなんて、最高に男らしくてカッコいいと思うけど?
どう?あたしのこと彼女にしたいって思わない?
憧れの人が実は悪魔で、愛のない恋人になろうだなんて。
それなのに……その提案を受け入れ、その上なぜかぞくぞくしたものを感じてしまうなんて、自分はどうかしている……
まといはそんなことを思いながら、彼女と小指と小指を絡み合わせるのでした!!



と言うわけで、予想外のスタートを切る本作。
主人公とヒロインが付き合うことになる、と言う場面から始まると言うだけではなく、そのお相手がサキュバスで、ただの餌としての関係にすぎない、と言う……ちょっと、いやかなり変わった設定となっているわけです。
これからの展開はおそらく、まといがこの出来事をきっかけとして少しずつ男らしくなっていき、そしてハニイのほうも契約だけではない特別な感情を抱いていく、と言う感じになっていくのでしょう。
第1巻でもほんの少しながらそう言った展開が描かれていくのですが、そこはみなもと先生ですからすんなりお話が進んでいくわけがありません!
ハニイの取り巻きだった3人も、突然二人が付き合うことになりました、と言われて素直に受け入れることはないでしょう。
今までまといを一番こき使っていたクラスの女子、二宮もなにかよからぬことを考えているようです。
いつどこでエネルギー切れを起こしてしまうかわからないという爆弾を抱えながら、なんだかんだ恋人関係を楽しんではしゃいでしまうハニイの問題もありますし、そしてハニイの人間ではない知り合いの存在もちらついてきて……!?
気になる要素が次々に投入され、一筋縄ではいかない二人の関係が予感されるのです!!

今回のメインキャラは今のところハニイとまといだけですが、今出ているサブキャラもキュートなキャラが多く、彼女たちの活躍にも注目したいところ!!
二宮や姫川はもちろんの事、まといの姉妹たちも出番は少ないながら見せ場がありますし……
今後の彼女たちの同行にも注目必至ですよ!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!