hg0
今回紹介いたしますのはこちら。

「ハイスコアガール」第9巻 押切蓮介先生 

スクウェア・エニックスさんのビッグガンガンコミックスSUPERより刊行です。


さて、大野と日高の運命を決定づける一戦が行われた前巻。
大野と日高に関してはこれで決着がついたとみてよさそうで、ここからはハルオと大野の戦いに絞られていく様子!
ハルオもこの状況で少しでも有利に運ぶため、バイトをして原付免許を取るなど奮闘を見せるものの、肝心の大野の方が何やらいつにも増して元気がないようで……?



ハルオは、自分が大野が好きである、ということをようやく認めたようです。
それを聞いた宮尾は、すぐさま土井にハルオの母や真を交え、会議を始めます!!
ハルオは自分の中で渦巻いていたものが愛だと自覚した。
その事実に俄然盛り上がる一同ですが、自分の部屋でそんなことをされるハルオにとってはたまったもんじゃありません。
人の部屋で勝手に盛り上がりやがって!と不満の声を漏らすハルオなのですが、面白半分……いや、それ以上の興味で集合しているこの面々には、その言葉はスパイスにしかなりません。
そんな興味がほとんどとはいえ、お母さんや真からすればここまでたどり着くまでの道程をずっと見守ってきたわけで。
ようやくここまでたどり着いか、長かった、と感慨深げな声を上げるのです。
土井もまた思うところあるらしく、小学校の時は隠しただと思っていたハルオがあの大野さんとそんな関係になり、バイトして原付免許まで取るなんて、と敗北感に打ちのめされております。
ともかく、ハルオと大野にうまくいってほしいという気持ちはみな同じ。
となればやはり話題は、ハルオが大野に想いを伝えられるかどうか、になってくるわけです!!
大野がハルオの本心を知ったらきっと喜んでくれる、デートに出も誘ってみなさい!とけしかけてくる声は置いておきまして、もちろんハルオの方も何も考えていないわけではありません。
大野も何かを抱え込んでいるようだから自分が何かしてやりたいが、どうしていいかわからない。
自分のふがいなさ嫌気がさす、ほとほと無力な男だと痛感している。
……それに、大野との勝負はまだついちゃいねえ。
決着もついてないのに、浮かれた気持ちになんてなれねえ!
……ここでゲームの話が出てくるのもハルオらしいところ。
実際すでに固い絆ができているようにも見えますし、ここで外野が下手にけしかけるのもあまり良作とは思えません。
宮尾はがそう考えていますと、やはり同じようなことを考えていたのでしょうか、土井が口を出してきます。
ハルオと大野が決着をつけなければならない勝負の種目と言うのは、やはり「スト2」である、というのを確認し、取り出したのはゲーム雑誌のあるページでした。
スーパーストリートファイター2X全国大会。
これに大野と出て、ハルオが優勝する。
そして愛の告白をする!!
二人の因縁の決着をつけ、次なる段階へと進むには、これ以上ないほどの舞台と言えましょう!!
前回の二人の対決は、ボタンが効かないと言うハンデがあっての状態のもの。
その大会と言う大舞台で再戦を果たし、決着をつければ……
結果がどうなるかは全く分かりませんが、ハルオは本気です。
決戦の地は大阪。
ハルオは、その時を目指し、さび付きかけていた腕を再び研ぎ澄まし始めたのでした。

大野の方はと言いますと、いつも通りのポーカーフェイスではあるものの、やはり思うところは多分にあるようです。
大阪での大会出場は、前もって真の方からも伝えて置きました。
ハルオは本気のようだから、受け止めてあげなさい。
……そう告げられた大野も、思いは一つでした。
「時」が来る前に、雌雄を決するべきだ、と。

大野にとっての「時」は間近に迫っています。
それは、少し前のことでした。
指南役の業田から、こんなことを伝えられたのです。
晶さん、あなたにとって唐突な話かもしれません。
ロス在住のご両親が、あなたを呼び寄せています。
近々にと言うご意思であり、頃合いを見て、2年生の1学期が終わる7月末。
hg1
晶さんは日本を離れることになるのです。
……家柄の良い大野には、レールの敷いた道が待っています。
決められた学校へ通い、決められた場所に住み、決められた相手との結婚。
大野家の跡を継ぐと言う使命のある大野からすれば、それは遅かれ早かれやって来るのはわかっていたはずです。
ですが……

大野の対戦の腕はさび付いてはいません。
大野もまた、大会を見据えてザンギさばきを磨きあげておりました。
真のアドバイスもあり、とにかく一緒に大会に出ること前向きに考えてはいるようです。
ふたりでの大阪旅行。
それは心躍るイベントではあるものの、ハルオとの最後の思い出になるかもしれない、という思いもまた過ってしまうのです。
依然迷っている大野。
彼女はハルオと別にもう一人、向き合わなければならない人物がい得ることに気が付きました。
……大野の足が向かったのは……日高商店。
hg2
日高を尋ね、大野は……

日高との間に、どんな会話があったのかはわかりません。
ですが、結果として大野はハルオと二人で大阪に向かうこととなりました。
その胸には、おそらく一つの硬い決意が抱かれていることでしょう。
ハルオが、優勝したら大野に告白する、と決意しているように。
hg3
大野もこの戦いに決着をつけたら、ハルオに別れを告げる、と……!!



というわけで、とうとう最終決戦へと進んでいく本作。
ハルオと大野の間の因縁、それはやはりガイルVSザンギエフの戦いでしか終わらせることはできないでしょう。
とはいえ、戦いは大規模な全国大会。
まずは二人が予選を勝ち抜き、決勝トーナメントに出場しなければ始まらないでしょう。
普段の実力が発揮できれば、予選突破は難しくはないはず。
二人の精神状態は気になるところですが……果たしてその結末はどうなるのでしょうか!?

そんな最終決戦を前に、二人が楽しむ束の間の大阪旅行も必見。
単純に旅行を楽しむ二人のほほえましい姿も、ひょっとしたらこれで見納めかもしれないわけで。
そんな二人の遊ぶ様とともに、大野とハルオのきっと忘れられないであろう夜の様子も赤裸々に描写されています!!

大野とハルオの運命は、次巻でとうとう完全決着!!
最終巻となる第10巻を前に盛り上がる今巻も見逃せませんよ!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!