sk0
今回紹介いたしますのはこちら。

「死人の声をきくがよい」第11巻 ~あいつは殺しのホームラン王!!編~ ひよどり祥子(うぐいす祥子)先生 

秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行です。


さて、岸田とそっと彼の傍に立つ幼馴染の幽霊、早川さんが出会う数々の奇妙な事件を描いていく本作。
毎回様々な怪奇な出来事が巻き起こる本作なのですが、今回もそのバラエティ豊かな味わいは変わらず。
そんな今巻の中で今回は、豪華全中後編で送られる「マイ・ブラッディ・ナイトゲーム」を紹介したいと思います!


岸田が通っている青葉高校。
毎年恒例の創立記念ダンスパーティーでの出来事です。
パーティーの目玉として催された、ミスター&ミス青葉の発表がいよいよ行われ、その受賞者が壇上に呼ばれた、その時。
受賞者をはやし立てる声が、次第に異常を察知した時の座和月へと変わっていったのです。
壇上にいきなり登っていった、野球のユニフォーム姿の男。
山野と言うその男は、何のつもりだよと言う静止の声も聞かず
sk1
いきなり手にしていたバットをフルスイング!
ミスター青葉の頭をカチ割ったのです!!

それから10年の時が経ちました。
それ以来ダンスパーティーは中止されていましたが、生徒たちからの強い要望があって今年からようやく再開されることになりました。
ですが、当時その壇上に立って司会をしていた生徒で、今は教師としてこの学校に勤めている門倉はどうしてもその嫌な記憶がよみがえってしまうのです。
それでも何とかそのモヤモヤを振り払い、大いに盛り上げて嫌な思い出を上書きしようと意気込むのでした。

そして生徒たちの間でもこの復活のダンスパーティーの話題が盛り上がっております。
ミス青葉の最有力候補である、読者モデルの佐山怜奈が選挙活動をしているなか、岸田はいつものようにどこか冷めた感じです。
ですが小泉の方は燃えておりまして、今回俺は女子を誘ってダンスするんだ、とものすごく意気込んでいるのです。
江口さんをさそうか、式野会長にチャレンジするか。
ちなみに燃えているのは小泉だけではないようです。
なぜか自分の養子に絶対的な自信を持っている会長は、順調に票田を固めている佐山を見てものすごい憎しみのこもった視線を注いでいます。
そして江口さんも、なんだかんだまだ岸田を諦めていないようで、自分の方から岸田をダンスに誘ってきました!
小泉に悪いと遠慮しようとする岸田ですが、ここで遠慮される方が小泉のプライドはズタズタになるわけで。
小泉は岸田に、お前ごときに断る理由がないだろうと強引に江口さんとの約束を取り付けさせるのです。

怒りの収まらない小泉が部室に行きますと、会長は何だか憎しみの満ち満ちたシャドーボクシングで闘志を高めています。
そして小泉を見るなり、一緒にダンスパーティーに出ろと言いだすのです!!
相方なんてどうでもいいのです。
sk2
佐山の鼻っ柱をへし折り、ミス青葉になる!!
会長は佐山と幼馴染のようで、幼い時自分がクラスのリーダーだったと言うのに、転校してきた佐山にその地位を奪われた、とものすごい怒りを抱えていました。
それ以来会長は、頭脳体力美貌人徳すべて自分が勝っているのにあいつばかりがちやほやされる、とライバル心を燃え滾らせているのです。
……もちろん佐山はすでに眼中にないようですが……

その佐山ですが、会長は眼中にないものの、ミス青葉は絶対に、圧倒的大差をつけてゲットしたいと思っている様子。
自分が完全なる学校の女王であると証明するため、金を払ってまで選挙活動にいそしんでいるようで。
なんだか10年ぶりのダンスパーティー、いろいろとドロドロが渦巻いているようです!

一方の門倉先生、飲み屋で10年前のことを友人にぼやいていました。
その友人はあの事件の犯人である山野を良く知る人物のようで。
あの惨劇はとても擁護できませんが、山野の生い立ちに同情もしています。
山野は野球バカの父親から虐待レベルの特訓を受け続け、野球のことだけを考えて生きてきていました。
ところがそんな父親が突然自殺。
自分を作り上げた絶対的な存在である父の自殺を見て、山野の精神は異常をきたしてしまったようです。
徐々におかしくなっていき、そして……
「ちょっとホームラン打ってくる」。
そう友人に語ってあの惨劇を巻き起こしたのです。
山野はその後、病院に入れられることになりました。
10年経った今も病院に……と思いきや、友人によれば先日退院したのだとか!!
本人から電話も受け、妄想も消えたから会いたいと言われたのだそうですが、流石に会う気になれず断ったと言うのです。
その友人が、門倉との飲み会から帰って家に帰ると……
そこには
sk3
無惨な躯となった家族が無言で彼を迎えたのです!!
絶句して立ち尽くす彼……その後ろに、ユニフォーム姿の男が立っています。
打撃妨害は反則だ。
そう言ってユニフォームの男は、彼の頭をカチ割って……!!
……10年ぶりに病院を出た山野。
10年ぶりの行われるパーティー。
10年ぶりに決められるミス青葉……
10年越しの惨劇が、起きてしまうのでしょうか……!!


と言うわけで、殺しのホームラン王の陰におびえるエピソードを収録した今巻。
紹介したエピソードですが、登場するキャラクターそれぞれにドラマが用意されていまして。
スタンダードな殺人鬼ものかと思わせておいてどんでん返しに次ぐどんでん返しが用意された、恐怖と驚きが盛り込まれまくったお話になっています!!

それ以外のお話ももちろん要注目!
心霊アイドルの魔子が主役となり、コミカル路線控えめの超正統派のホラーとなっているエピソードを皮切りに、岸田の実家で再び怪現象が巻き起こってしまうお話、ひょんなことから岸田の霊能力がさらに強まってしまうお話、今巻中最もコミカル寄りなクリーチャー系エピソードでありながら、思わぬキャラクターが登場して読者を驚かせるお話とバラエティ豊かに取り揃えております!!
それぞれのエピソードで別々のキャラクターの見せ場も用意されておりまして、そう言って意味でも見どころいっぱい!
ガチの恐怖とマイルドな恐怖、そして笑いの要素も盛り込まれ、そこにヒロインたちも頑張って見せたりする今巻も見逃せませんよ!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!