ky0
今回紹介いたしますのはこちら。

「鬼滅の刃」第12巻 吾峠呼世晴先生 

集英社さんのジャンプコミックスより刊行です。


さて、ギリギリの死線をかいくぐり、妓夫太郎と堕姫との戦いを生き抜くことができた炭治郎たち。
ですがその代償も大きく、炭治郎たちはみな一様に大きなダメージを負い、また炭次郎は再び刀を刃こぼれさせてしまうのでした。


度重なる刀破損にすっかりご立腹の鋼鐵塚さん。
手紙のやり取りではどうしようもなさそうなので、刀鍛冶たちの里に直接出向くことになりました。
里の長である鉄血河原は、炭治郎を歓迎してくれます。
傷を負っているから、その傷が治るまでこの里の温泉で静養していくと良い、その間に鋼鐵塚さんが機嫌を直して刀を直さないようなら違うものを担当にする、という鉄血河原。
鉄血河原からすれば、「折れるような刀を作ったあの子が悪い」とのことで。
炭治郎が口をはさむ余地はなさそうです。
喧嘩にならないと良いなと心配しながら、里の人が案内してくれた温泉へと向かう炭治郎。
するとその温泉の方から、思いがけない人物が現れたのです。
あー!炭治郎君だ!炭治郎くーん!
なぜか涙目でぶんぶんと手を振るその人物は……恋柱、甘露寺蜜璃!!
こぼれだしそうな乳房を注意しながら駆け寄る炭治郎ですが、蜜璃はそんなことお構いなしとばかりに話しかけてきます。
なんでも、名前を知らなかった鬼殺隊のメンバーに出くわして話しかけたら、完全に無視されてしまったとのこと。
お風呂上がりのいい気分が台無し、と泣く蜜璃に、炭治郎はとりあえず夕飯は松茸ご飯だそうだ、と教えてみますと、彼女は一気に笑顔に。
鼻歌混じりで夕飯の元へと駆けだしていくのでした。

温泉にたどり着くその直前。
炭治郎の頭に何かが当たりました。
なんだと拾ってみれば……前歯です。
抜けたばかりの前歯。
歯の落とし物とは、とさすがの炭治郎も驚くのですが、温泉に入っている例の鬼殺隊の姿を見るとまた驚くことになるのです。
それは、試験の時一緒だった、モヒカンのような髪形が印象的な不死川玄弥でした!
思わず名前を呼びますと、彼は振り向くなり炭治郎に「死ね!」と一言。
なんかとんでもない感じの男ですが、とんでもないのは炭治郎も同じ。
ペペッと服を脱ぎ捨てると、ざんぶと温泉に飛び込み、久しぶり、元気にやってた?風柱と苗字一緒だね!とまったく遠慮なしに話しかけるのです!!
もちろん玄弥もその程度では聞く耳持たず。
ky1
話しかけんじゃねえ!と炭治郎を湯船に叩き込み、さっさと上がっていってしまうのでした。

裸の付き合いで仲良くなろう作戦は失敗。
気を取り直して風呂から上がった炭治郎、食事も一緒になった蜜璃とお話することになりました。
あの男は不死川と言う男だったということを教えると、不死川は自分に弟はいないと言っていた、と蜜璃。
兄弟仲が悪いのか、と悲しそうにするのです。
そして話は蜜璃の鬼殺隊入隊の動機の方に移っていきました。
なんと蜜璃、素敵な殿方を見つけるため、などとおっしゃられます。
守ってほしいから自分より強い人がいい、と顔を赤面させる蜜璃さん。
そのとんでもなさすぎる動機に、炭治郎はもうぽかんとする以外なく……
そうこうしている間に、蜜璃が帰る準備をしなければならない時間がやって来たようです。
別れを惜しんでくれる蜜璃、去り際にこんな言葉を残してくれました。
今度また生きてあえるかわからないけど、頑張りましょうね。
あなたは上弦の鬼と戦って生き延びた、これはすごい経験よ。
実際に体感して得たものはこれ以上ないほど価値がある。
今の炭治郎君は前よりももっとずっと強くなってる。
甘露寺蜜璃は竃門兄妹を応援してるよ。
そんな暖かな言葉に、炭治郎はおごることなく応えます。
俺は宇随さんに勝たせてもらっただけ、鬼舞辻無惨に勝つため、もっともっと頑張ります、と。
その言葉に思わずきゅんと来てしまった蜜璃。
炭治郎がこの里にしばらく滞在することを確認すると、こんなことを耳打ちして、今度こそ立ち去っていきました。
ky2
この里には強くなるための秘密の武器があるらしいの。
探してみてね。

秘密の武器。
体調が万全でないうえ、温泉の匂いが強いこの場所では、鼻でかぎ分けることはできなさそうです。
鋼鐵塚さんを探すついでに里の中を探していますと……
なんということでしょう、霞柱・時透無一郎がいるではありませんか!
無一郎、何やら里の子供ともめているようです。
心配になった炭治郎が様子をうかがっていますと……無一郎は、その里の子供に手を上げたではありませんか!!
立場、実力差、事情。
様々な理由やしがらみはあるのですが、炭治郎は黙っていられませんでした。
ky3
手を放せ!!
そう叫んで、炭治郎は無一郎の手をつかむのでした!!!



と言うわけで、新たなシリーズが始まる今巻。
刀鍛冶の里で、まさかの柱二人に遭遇と言うイベントに出くわした炭治郎ですが、まだまだこの後も様々な出来事が待っています。
蜜璃の言っていた、強くなれる武器とは?
謎多き不死川の素性や目的は?
無一郎は何のためにここにやって来て、何のために里の子供に手を上げたのか?
そして、無一郎に反抗するような態度をとった炭治郎は……!?
ただでさえ盛りだくさんな刀鍛冶の里編、この後更なる大事件が!!
これからの展開も見逃せません!!

この他にも、鬼舞辻側にも動きがあったり、炭治郎が里に行く前のお話もあったりと、見どころいっぱい。
新シリーズに入ったばかりで話が動き始めたところと言う事もあり、バトルは少なめではありますが、その分コミカルな成分や、キャラクターの掘り下げが多くされております。
より魅力的になっていくキャラクターをたっぷり堪能できるわけです!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!