se0
今回紹介いたしますのはこちら。

「魔法少女サイトSept」第2巻 原作・佐藤健太郎先生 漫画・宗我部としのり先生 

秋田書店さんの少年チャンピオン・コミックスより刊行です。


さて、不幸な運命を、魔法少女サイトによってさらに不幸に捻じ曲げられたつららと雹花。
雹花はつららの罪を背負い、さらに彼女の不幸の一つを消し去るために、強盗のような行為を働きます。
そんな中つららは、自身の後ろ暗い現実を知らないクラスメイト、赤井に迫られて……?



公園の茂みの中、体を重ね合わせるつららと赤井。
その行為の中で、既に心に大きな傷がついていたつららの心はさらに崩壊がすすんでいき……!

その頃雹花は、夜の街を走っていました。
先ほど、金を集めるために通り魔まがいの行動をしていたところ、そこに謎多き少女・安條磯子が現れます。
そして彼女は衝撃的なことを語りかけてきたのです。
あたしもお前らと同じだ。
倉木、派手にふっとんでたな。
雹花が、つららが、倉木を消し去ったことを磯子は知っている。
身構える雹花ですが、磯子はすぐに雹花達をどうにかしようとは思っていないようです。
心配するな、誰にも言いやしない。
あたしはお前が今握ってる汚い金に興味はないし、強請をかけようとも思っていない。
そんなことをいう磯子ですが、ではなぜここでこうして雹花と接触してきたのでしょうか。
何が目的位だっていうんだ、答えろ!
雹花は感情のままにそう叫ぶのですが、やはり磯子は食わせ物。
なんで答えなきゃいけないんだよ、と食ってかかってくるのです。
雹花は距離を取り、銃型の魔法のステッキの照準を合わせました。
磯子はそんな雹花にこう言うのです。お前はアタシを殺せばどうなるか知っといたほうが良い。
遺書ってものを書いてみたんだよ、もしあたしが死ねばそれはきっと開かれるだろうな。
何がかかれているかは想像しなくてもわかるだろ?
判断を誤るな。
良いのか、計画していた全てが狂うぞ?
いや、もうすでに狂い始めてると言うべきかな。
se1
不敵に笑う磯子をにらみつける雹花。
ですがその時、雹花をめまいが襲います。
ステッキを使ったため寿命が減り、そのダメージは襲い掛かってきたようです。
そんな雹花を見て、磯子は……立ち去っていきます。
ひとつ注意しておいたほうが良いぞ。
倉木の奴、お前の相棒を自宅に招き入れていたみたいだぞ。
お前たちに捜査の手が回るのは時間の問題なんじゃないか?
そんな言葉と、倉木の家の住所を残して……

やがて雹花は倉木の家へとたどり着きました。
ですがわずかに遅く、倉木の家にはすでに捜査の手が入ってしまっています。
と言ってもその手の主は、警察ではなく、学年主任wpはじめとした何人かの教師。
大家さんに頼んで、失踪の手がかりが欲しいからと中に入れてもらったようで……その手にはアルバム
のようなものがにぎられています。
雹花は物陰に隠れてその様子をうかがうのですが、そこで教師たちの聞き捨てならない言葉を聞いてしまいました。
まさか高橋さんと先生があんなことを。
このことは我々だけで内密に頼みますよ。
……つららと倉木の関係がばれている。
あの手にしているアルバムのようなものには、一体何が書かれているのか……!?
ステッキの力で強引に奪うことも考えましたが、流石にそれはリスクが高いでしょう。
どうすればいいのか……
良い手段が思い浮かばないまま、雹花は夜の街をさまようのでした。

その夜の街で、雹花はつららと鉢合わせします。
そしてそのつららの横には、赤井がいました。
仲良く並んで手をつないでいるつららと赤井。
雹花の姿を見つけると二人は近づいてきまして……つららはこんなことを言いだしたのです。
雹花ちゃん、私たちね、
se2
付き合うことになったの。
私、幸せになれそう。
その目に光を映さない、虚ろな表情で赤井に寄り添うつらら。
その行為は、完全に現実から逃げているだけのものです。
雹花はつららの目を覚まさせようと様々な言葉を投げかけるのですが……つららの心はもう現実を受け止めることができなくなってしまっています。
雹花ちゃんはいつだって私の事をサポートするって言ってくれたよね。
だったら、私たちの事も応援してくれなきゃおかしいよ。
……もう何もかも投げ捨て、頭皮をやめようとしないつらら。
そんな彼女を見て、雹花はとうとう……
わかった、もういいつらら。
se3
お前とは決別だ。
そう言って……立ち去ってしまうのです……



と言うわけで、いよいよクライマックスを迎える本作。
いついかなる時でもつららを支え続けてきたはずの雹花が、とうとう袂を分かつ選択をしてしまいます。
果たしてこの後二人はどうなってしまうのでしょうか。
魔法少女サイトのもくろみ通り、このまま不幸に塗れて死んでいくのでしょうか……?
ですがそこは佐藤先生、もちろんこのまま普通に終わるわけがありません!!
この後も二人には想像を超える不幸が巻き起こり、そしてその不幸の裏でほくそ笑む邪悪な存在も姿を現します。
さらに、こう言ったスピンオフものの中でも屈指と言える、本編とのかかわりも明らかに。
全2巻と言う短い中に、佐藤先生の持ち味である胸糞が悪くなるような(褒め言葉)物語、意外な真実、さらに本編との深いかかわりと、盛りだくさんの内容になっているのです!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!