ic0
今回紹介いたしますのはこちら。

「異世界ちゃんこ」第2巻  林ふみの先生 

竹書房さんのバンブーコミックスより刊行です。


さて、念願の優勝、そして綱を手に入れたと思われた瞬間、異世界に召喚されてしまった大関・高良山。
自分を召喚した三姉妹、エリーセ、イーリス、フランカのピンチを無事解決するものの、なんと彼女達召喚したはいいものの、元の世界に戻す方法はわからないとのこと。
高良山はこの世界に来て会得した、様々な……おもにちゃんこ製作に役立つ能力を駆使しながら、三姉妹とともに元の世界に戻る術を探す旅に出るのでした。


一同は勝手のわからない新天地を旅するためにガイドのカリーンを旅の道連れに加えることとなりました。
カリーンはさすがにガイドを生業にしているだけあり、旅慣れている様子。
当面の目的地にした町まで、危険の多いルートで5日、比較的安全に進めるルートなら10日かかると教えてくれます。
さらにその旅に必要な様々な物資を持ち歩くため、大量の物資を別の場所に保管し、それを好きな場所で取り出すことのできる、某ドラゴンをクエストするゲームの「ふくろ」のようなアイテム、「リマイテ」の存在も教えてくれました。
ic1
旅に出るにはやはり準備は万全にしておきたいもの。
一同はリマイテをまず手に入れようとするのですが、やはり便利なアイテムはそれなりにお値段が張るのです。
どうやってそのお金をねん出しようかと考えていたところ、とある出来事で知り合ったギルドの元締めが金儲けができそうな食材を紹介してくれました。
虹色の味覚、とまで呼ばれる希少なイモ、ネバネバ芋。
大陸全土にファンがいるその食材は言うまでもなく美味なのですが、今の時期はその採取できる土地に狂暴な魔物がいる為、なかなか供給できない状況となっているのです。
ネバネバ芋を使った料理なら場所も提供する、と言われた高良山、その味にも興味がわきまして……早速芋の採取に向かうことにしたのでした!

カリーンの案内でネバネバ芋の採れる湿地にやって来た一同。
高良山はそこで、あたりの食材となるモンスターのリストが見られる「食材番付Lv1」を使用。
東の前頭筆頭の位置にいるピコピコと言うキノコ型のモンスターに興味がわきますが、ネバネバ芋はモンスターではないためリストには出てきませんでした。
これはとにかく、地面をしらみつぶしに探していくほかなさそうです。
とはいえつる状の木にハート形の葉っぱが生えている木の根に生えていまして、しかも掘ればすぐわかる特徴がある、とのこと。
それでは手分けして探そうか、と言うところで……件のピコピコが姿を現しました!!
ピコピコは弱いモンスターではあるものの、その繁殖力が絶大でして、とにかく数が多いのが最大の特徴です。
投げナイフを得意とするカリーンの加入もあり、難なく倒すことは出来るのですが……数の多さはいかんともしがたく。
とりあえず退治した後、三姉妹は疲れを訴える……と言うよりも、戦いで泥まみれになってしまってイヤだ、と駄々をこねはじめるのです。
カリーンも女の子ですからその気持ちはわかるようで、早く芋を探したい高良山の声を無視して水浴びをすることに。
やむなく高良山は一人で芋を探すことにするのでした。

水浴びを楽しむ4人娘。
ic2
ひとしきり堪能した後、流石に高良山一人に任せるのは悪いから芋ほりを手伝おうか、と言うの流れになりました。
そして実は、高良山一人にするのには不安があったりもするのです。
基本的にこの辺りには弱いモンスターしかいないのですが、実はレアな強いモンスターもいるのだとのこと。
もし高良山が倒されでもしたら……正直言って、このメンバーではどうにもならないでしょう!!
一同は身支度を整えて高良山と合流しようとするのですが……
そこに、何やら危険な影が迫っていたのでした!!

そんなことも知らない高良山は芋探し真っ最中。
幸運にも、それっぽい植物を発見することができました。
早速掘ってみますと、なんと堀田そこから虹色の光が立ち上るではありませんか!!
ic3
なるほど、「掘ってみればわかる」わけですし、「虹色の味覚」とはよく言ったものです。
早速芋を掘ろうとする高良山なのですが、そこに絹を裂くような叫び声が聞こえてきたのです!!
慌てて四人の元に戻りますと、

突然三姉妹が高良山に組みついてきたではありませんか!!
下着姿の三姉妹に驚き戸惑う高良山ですが、彼女たちの要素は明らかに変。
コドモタチノタメナエドコヒツヨウ、タクマシイオス、イイナエドコ。
そんないかにもな台詞をつぶやきながら、高良山の動きを止めようとするのです!!
一体何のことかと首をかしげる高良山ですが、すぐに状況を理解することができました。
その場に
ic4
ピコピコの親玉のような、巨大なキノコ型モンスターが現れたのですから!!
この魔物は、ビッグピコマム!
ピコピコを生み出す強力な魔物で、胞子をまき散らして生物を操る力を持っているのです!!
辛うじてカリーンだけはその胞子から逃れたのですが……
三姉妹が敵となったこの状態で、強力なレアモンスターを倒すことができるのでしょうか!?
ここで高良山、急遽負けられない大一番に挑むことになるのです!!



と言うわけで、お金稼ぎのために食材を探すクエストに出た一同。
ですがやはりすんなり目的のものを見つけてクリアとはならないのが世の常という物。
今までとはまた違う、厄介なモンスターに遭遇してしまいました。
力士として武器は持たない高良山、状態異常を使ってくる巨大モンスターを相手に素手でどう立ち向かうのでしょうか!?
綱目前にまでたどり着いた高良山の意地と実力、見せてもらいたいものです!!

そんなボスとの戦いはもちろんの事、今回も様々なイベントが用意されております。
モンスターとの戦いのみならず、こう言った世界にも少なからず存在する話しても通じない荒くれと期せずして小競り合いをしてみたり、単体物理攻撃しか持たない高良山苦戦必至のモンスターの群れとの戦いなどなど、バトルも充実。
勿論主題であるはずのちゃんこも登場しまして、ちゃんこと言えばイコール、のように語られる鍋だけではない、高良山自身初挑戦の料理まで用意されております!!

異世界転生ものには付き物の、強力なスキルや転生前の知識で無双、と言う要素は一切ないながら、ちゃんこという異世界にない要素で民衆を惹きつけると言う別の意味での無双をする本作。
今巻も高良山のちゃんこの腕前、そして相撲で磨き上げた戦闘能力、さらに意外な弱点(?)なども楽しめますよ!!
林先生が大好きな力士のおしり……そしてカリーンを加えて、女性陣のほうのサービスシーンも増量し、今後もいろいろな意味で楽しみですね!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!