ha0
いたしますのはこちら。

「僕のヒーローアカデミア」第22巻 堀越耕平先生 

集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行です。


さて、ワン・フォー・オールの力が怪しい動きを見せ始めた前巻。
不安が残る中、出久はA組VSB組の合同戦闘訓練に挑むことになります。
ヒーロー科に編入が決まったと言う心操を加えて行われるチーム戦、一進一退の攻防が繰り広げられるのですが……?



どちらが勝ってもおかしくない、一進一退の攻防が続いた合同戦闘訓練。
その戦いも、いよいよ最終戦となりました。
最終戦は、出久、峰田、芦戸、お茶子の4人が、物間率いるB組+心操の5人のチームとぶつかります。
勝負の前に出久チームの面々は、今一つこの訓練に適さないチーム構成だから苦戦しそうだ、と考えていました。
実際、広域をカバーする火力はありませんし、広いフィールドで待つ戦法を取るには局地的すぎる能力のメンバーばかり。
とにかく先に相手を見つけて罠に嵌めて行く戦法を取るしかありません。
そのおとり役は、メンバーの中で断トツの戦闘力を持つ出久の役目。
重大な役目を任された出久ですが……
ha1
大丈夫、絶対勝てる!と自信を漲らせていました!
この戦いの少し前、あの人物に発破をかけられたことで、いつも以上にやる気が沸き上がっていたのです!!

試合開始後、まずは先行して動く出久。
対戦相手の個性が完全にわかっていないと言うのも難しいところですが、何より厄介なのは心操の存在でしょう。
対戦相手と相対した後は、もう仲間と言葉を交わして作戦を確認することすらできません。
とにかく全員の位置を補足して、有利に立ち回る……
今のところ何も異常はないとはいえ、ワン・フォー・オールの力の不安が消えたわけではありません。
さらに前回以上が起きたときにも、心操がきっかけだったこともありますから、心配してし過ぎると言う事はないでしょう。
出久に求められるものは自然と多くなってくるわけですが……
派手に動くことで自分の場所をあえて報せ、攻撃させる。
そうすることで相手の場所を割りだそうとする出久。
早速B組の柳の「ポルターガイスト」の能力による攻撃が来た……と思われたその時、お茶子の悲鳴が聞こえました!
お茶子がB組の誰かに見つかった……?
すかさずそちらに向かおうとするものの、そこで姿を現したのが物間。
物間は得意の煽り話術であれこれと出久を挑発し、情報を引き出そうとしてきます。
さらにもしかすると心操の能力をコピーしている可能性も十分考えられるわけで……
出久は少しでも物間の有利に事が運ばないよう、まっすぐもの間に向かって突進していくのです!!
ですが、物間のこの言葉には、流石に心が動かされずにはいられませんでした。
心操くんとこんな話をしたよ。
「恵まれた人間が世の中をぶち壊す」
彼の友人なら教えてよ、爆豪くんさ!
なぜ彼は平然と笑ってられるんだ?
ha2
平和の象徴を終わらせた張本人がさぁ!
出久と物間の邂逅のほんの少し前。
お茶子が上げた悲鳴……は、心操がボイスチェンジャーで出したもので、お茶子たちの方はまだ見つかってはいませんでした。
が、峰田の方は何かを発見したようです。
自分が仕掛けたボールに、何かが当たった。
すぐそちらに警戒すると、無数の破片や部品などがお茶子たちの方に飛んできているところだったのです!!
すかさず芦戸が酸の幕を作って防ぐのですが……
その飛んできた破片や部品が、芦戸の目の前で突然巨大化したではありませんか!!
B組の小大の能力、物体を縮めたり大きくしたりする「サイズ」です!!
すかさずその物体を宙に浮かせて回避しようとするお茶子ですが、B組の攻め手はまだ終わりません。
無重力にして無効化したはずの物体は、庄田の、殴った物体に任意のタイミングで打撃の衝撃をもう一度与える「ツインインパクト」が仕込んであって……
その衝撃で再び勢いを取り戻し、お茶子たちを襲ったのです!!
幸いダメージは受けずに済みましたが、4人が対応したことでB組のメンバーに一を知られてしまったと考えていいでしょう。
火力の低いこの三人で、B組の面々と真っ向勝負するのは避けたいところですが……

物間に向かって行っていた、出久。
ちょうどそのタイミングで、グラントリノがワン・フォー・オールにこんなことを話していました。
以前グラントリノが先代のワン・フォー・オールとともにパトロールをしていた時、こんなことを聞いたというのです。
変な夢を見てさ、黒いモヤモヤした男が目の前にたってんの。
そいつが私を見て言うんだよ。
ha3
まだその時ではない。
瞬間、出久の腕から黒い力が迸りだし……!?



と言うわけで、合同戦闘訓練がクライマックスを迎える今巻。
出久の力があふれ出すこの最終戦も勿論見逃せないのですが、その他の戦いも見どころばかりです!!
有能だけに噛ませ犬にされがちな八百万さんの戦いの勝敗が気になる第2戦、いまだ迷いの抜けきらない轟の真価が試される第3戦、そして爆豪の成長が勝負の鍵を握る第4戦。
そのどれもが白熱の戦いとなっています!
A組の普段影の薄いメンバーの活躍や、今まであまり掘り下げてこられなかったB組の多くの面々、その能力や人となりが描かれるなど、バトル以外の面でも楽しめるのです!!

勿論その戦いの中で描かれる、出久や爆豪をはじめとしたメンバーの成長も見逃せません。
様々な事件を経て、ようやく出久と友人と言っていい関係になって来た爆豪、そんな彼に触発されてこちらも一人前の顔になりつつある出久。
彼らの成長とともに、出久の体に沸き上がる奇妙な変化と、気になる要素が満載!!
果たして出久の暴走する力は何なのか……見守るしかありませんね!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!