ky0
今回紹介いたしますのはこちら。

「鬼滅の刃」第17巻 吾峠呼世晴先生 

集英社さんのジャンプコミックスより刊行です。


さて、突如として産屋敷の館にやって来た鬼舞辻。
産屋敷の自爆によって幕を開けた最終決戦は、上弦の鬼と柱たちが集結しての総力戦となります。
果たして鬼殺隊は鬼舞辻との長きにわたる因縁に決着をつけることができるのでしょうか……?


鬼舞辻の本拠地、無限城に乗り込んだ柱たち。
ですが無限城はあまりにも広大なうえ入り組んでいて、柱たちは分断されてしまっていました。
その中で、しのぶとカナヲは上弦の弐・童磨と交戦。
善逸は新たに任命された上弦の陸と遭遇していました。
そして炭治郎は、冨岡と二人で鬼舞辻を探し走っています。
鬼舞辻はまだ遠いのか、みんなは無事なのか?
様々な思いが脳裏によぎる中、ただただ鬼舞辻を探し求めて走るのです。
と、その時でした。
城が大きく揺れだしたのは!!
これは誰かが戦っている音なのか?また誰か死んでしまうのか?
そんな不安が過ぎる炭治郎ですが……その揺れを生む何かは、どうやら炭治郎たちの方に近づいて生きているようです。
そして近づいてくるにつれ、匂いがはっきりとして来て……
そいつが、炭治郎にとって忘れることのできない存在であることがわかるのです!!
それは
ky1
上弦の参にして、忘れることのできない煉獄杏寿郎の仇である鬼……猗窩座!!
良く生きていたものだ、お前のような弱者が。
そう言って
猗窩座は、炭治郎に襲い掛かってくるのでした!!

炭治郎もあの戦いから幾度も死線を潜り抜け、成長しています。
人知をはるかに超越した速度で拳を放つ
猗窩座ですが、炭治郎はその攻撃をヒノカミ神楽で回避しながら、反撃まで試みます!
反撃は
猗窩座の左腕の根元をとらえるのですが……猗窩座の腕は並の鬼など比べ物にならないほど強靭です。
強靭ですが……腕も切れない様では、頸を落とすことなどできるはずもありません!!
渾身の力を籠め、刀を振り上げる炭治郎!!
すると……
ky2
猗窩座の腕が、分断されたのです!!
猗窩座の攻撃をかわすことができたうえ、有効な反撃をすることができた。
通用する、次は首を狙う……!
炭治郎がそう決意した瞬間、
猗窩座は炭治郎に裏拳をはなっていました!!
ですがそれも
ky4
ヒノカミ神楽で紙一重で回避!!
さらに、猗窩座の顔面に微かではあるものの、切り傷を付けることに成功したのです!!
暫く見なかったうちに、驚くほどの成長を遂げている。
冨岡もその成長には感嘆するほかありません。
柱に届くといっても過言ではない。
あの日、雪の中で絶望し、こうべを垂れ、涙を流しながら妹の命乞いをするしかなかった炭治郎が。
命を、尊厳を奪われないために、戦えるようになった……!
そして、感嘆するのは冨岡だけではありませんでした。
「この少年は弱くない、侮辱するな」。
杏寿郎の言葉は正しかったと認めよう。
お前は確かに弱くなかった、敬意を表する。
ky3
さあ、始めようか。
宴の時間だ。
……今までの戦いは、
猗窩座にとってはウォーミングアップにも等しいものに過ぎなかったのかもしれません。
血鬼術の術式を展開した
猗窩座……!!
どうやら、本当の戦いはこれからのようです……!!


と言うわけで、激しい戦いが続く本作。
因縁の相手である
猗窩座と遭遇した炭治郎、絶対に負けるわけにはいきません。
ですが相手はあの
猗窩座。
炭治郎は間違いなく強くなっていますし、柱である冨岡と二人でならば十分勝ち目はある……と言いたいところなのですが、ストイックに強さを求め続ける
猗窩座も恐らくあのころよりも強くなっているはず。
果たして、炭治郎は杏寿郎の無念を晴らすことができるのでしょうか。
そして、鬼舞辻のもとへたどり着くことができるのでしょうか……!?

もちろん炭治郎以外の戦いも見逃してはいけません!!
こちらも慕っていた姉の仇である、童磨と遭遇したしのぶ。
言ってみればしのぶは、今まで童磨を倒すためだけに研鑽を積み続けてきたといっても過言ではありません。
その怒りを全てぶつけ、敵を討ちたいところなのですが……童磨は得体の知れなさに関しては鬼の中でも一二を争う存在。
しのぶとカナヲの2人で、太刀打ちできるのか?
この戦いも必見です!!

さらに善逸は一人で上弦の陸に出会ってしまうわけですが……
ここで善逸は、予想を覆して全読者が驚くような新たな顔を見せるのです!!
こちらも目の離せない戦いになっていますよ!!

激戦が続き、クライマックスに向かって盛り上がり続ける本作。
このシリーズで完全決着するかどうかは分かりませんが、この戦いが大きな大きなターニングポイントになる事だけは間違いないでしょう。
あまりにも激しすぎる決戦の連続……これから先の展開も気になって仕方ありませんね!!


今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!