3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ: 田中ほさな

tb0
本日紹介いたしますのはこちら、「時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。」第3巻です。
作者は田中ほさな先生。
小学館さんのゲッサン少年サンデーコミックスより刊行、月刊少年サンデーにて連載されています。続きを読む

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。」第2巻です。
小学館さんのゲッサン少年サンデーコミックスより刊行、月刊少年サンデーにて連載されています。

作者は田中ほさな先生。
本作第1巻の紹介は、12年4月25日の記事にて紹介しております。
よろしければあわせてご覧くださいませ。

さて、未来からやってきた美少女、時坂さんと二人きりで同居することになってしまった宗也。
どこから見ても美少女である彼女との暮らしは魅力的といえば魅力的ですが、何せ彼女が未来から来た目的と言うのが非常にまずいものなのですから浮かれてはいられません。
彼女の狙いとは、環境破壊!!
しかも特に宗也がエコ的なことをしないように仕向けようとしていたのです!!

文字通り、着の身着のままで転がりこんできたと言っていい時坂さん。
夏真っ盛りのこの気候の中で、着るものといったらサイズが合っていない宗也の服ばかり。
実際はこういう服のほうが涼しいのかもしれませんが、イメージ的なものも作用してより暑く感じてしまうのだとか。
画像

経済的にはあまり余裕があるとはいえない宗也は服なんて買ってあげる余裕はない、ととき坂さんに言うのです、が。
なんだかんだと言ってもこのままでよしとまではいえません。
そんな時聞いたのは、今度催されると言うバザー。
チャリティ目的ということで、おそらくその価格は相当安くなるはず。
これは時坂さんの服ゲットのチャンスかもしれません!!
オマケにこんなお得情報も見つかりました。
会場設営スタッフは、表示価格からさらに2割引で購入できる。
宗也はいちもにもなく、人員を募っている生徒会室に向かうのでした!!

そこで再会したのは、第1巻収録のヘドロ事件の際に一度であった少女でした。
知的な感じで、エコにかなり積極的な様子の彼女は、夢原逸花。
画像

なんと彼女は生徒会副会長を勤める才媛だったのでした!
彼女が企画したこのバザーもまた、エコ精神に基づいたもの。
彼女は「ReUSE」という、要らなくなったものも捨てずに他の誰かが使えばその分ごみが減る、と言う理念の実戦を行っているのだと言うのです。
そのことをもし時坂さんが知ってしまったら?
そんなことを考えて苦笑いしていると、それを見逃さない副会長はおかしいかと突っ込んでくるではないですか!
そこで宗也はその場を取り繕うため、時坂さんの言葉を当たり障りなく要約して「あんまり熱心に環境保護をやりすぎると、かえって人間が暮らしにくくならないかな?」といった旨の発言をしたのです!
その言葉を聞いた副会長は、
画像

宗也の間近に迫って誰から聞いたのか!?と問い詰めてくるのです!!
その近い距離に照れながら、テレビか何かじゃないかな?と答える宗也。
副会長は面白い考え方だと一旦持ち上げてから、高次論を展開するのです。
人間の暮らしやすさも大切だけど、数十億要る人間の都合を押し付けてひとつしかない地球を壊してはいけない、と。

で。
家に帰って事情を話すと、やっぱり時坂さんはむくれてしまいました。
断固参加しないと言う時坂さんに、エコ云々よりも安く済ませたいココロばかりが先立っている宗也は一生懸命バザーのフォローにまわるのです。
そこで時坂さんは、ここまで必死になるのは女の影があるんじゃないか、と勘繰りました。
目的はともかくとして、実際副会長にどきどきしたのは事実。
わかりやすくうろたえる宗也に、時坂さんはこれだから思春期の男子は……とあきれるのでした。

色々ありまして、時坂さんは結局バザーの品を何点か「ゴミを拾うように」倉庫に忍び込んで拝借していくことにしたようです。
何点か見繕って、そのまま帰り道へ向かう二人。
ですがその道中、時坂さんに先に帰宅するように促し、宗也は忘れ物をしてきたと倉庫に戻っていきました。
泥棒は、いけない。
そんな当たり前のことも、環境破壊を前にしてはかすんでしまう時坂さんの価値観……
それを刺激しないために宗也はそっと倉庫に服の代金をおいていくことにしたのです。
ですがその時。
画像

倉庫の扉が開かれ、宗也は有無を言わさず捕らえられてしまったのです!!

さすが頭脳明晰、眉目秀麗の副会長。
大量にある商品の中から、女性物の服だけ10着ほどないことを確認。
さらに倉庫の鍵の暗証番号等の証拠をかためて行き、犯人は宗也意外ありえない、と言う状況にまで追い詰めたのです!!
女性物の服だけ10着。
共犯者がいなければ、どう見ても変態です。
宗也は時坂さんのことを何とか隠そうとするのですが、副会長は絶対に関係が有ると断定しているようです。
ですが証拠なんてものはないわけで、そこは宗也に自白してもらうしかありません。
副会長は言います。
君は彼女が好きなのか?
そうでもなければ、学校生活を危機にさらしてまで守るだろうか?と。
いきなりでてきた学校生活の危機と言う言葉。
なぜそんなことになるのか?副会長は答えました。
自分たちにとってバザーは環境保護活動の一環。
それを邪魔するもの、加担するものは排除しなくてはならない……
もはや言い逃れは不可能。
副会長は宗也にヘルメットをかぶせておいて、バットをその手にもって「良心の痛みを感じず話せるように、痛い事してみる?」と尋ねてきて……!!
画像

宗也の学校生活は、そして体はどうなってしまうのでしょうか!?

と言うわけで、宗也が大ピンチに追い込まれてしまった今巻。
こう見ると明らかに敵キャラとして存在しているように見える副会長ですが、単純な敵キャラではありません。
むしろ環境保護に意外と詳しい宗也のことを買っているようなそぶりさえみせ、なんと二人はデートっぽいことまでしてしまうのです!!
画像

幼馴染で実は宗也が気になっている月音や、いろいろな意味で宗也が気になっている時坂さんも、気が気じゃないでしょう……!!
そんな彼女の存在ですが、そのエコ精神は時坂さんにとって厄介そのもの。
今巻の最後で、とうとうと城阪さんは思い切った行動に出ることになるのです!!

そしてもうひとり重要な新キャラが登場。
宗也となにやら仲良さげな大金持ち少年、虎也です!
彼の登場でまた、時坂さんが未来から来た理由が少しばかり見えはじめるのですが……?

環境破壊VS環境保護ラブコメディ、「時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。」第2巻は全国書店にて好評発売中です!!
大きな転換を迎え始める本作。
次巻からはより大きい物語の進行が待っているはず!!
ラブコメのみならず、ストーリー面も楽しみでなりませんね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館
2012-10-12
田中 ほさな

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↑このページのトップヘ