3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ: 乙一

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ZOO(ズー)」です。
集英社さんのヤングジャンプ愛蔵版にて刊行されました。

作者は原作が乙一先生、漫画が矢也晶久先生。
矢也先生はキャリア20年以上を誇るベテラン漫画家で、ジャンプ系列の雑誌で多く連載をされています。
近年では「なんだかコワレ丸」などを連載し、精力的に活動をされています。

本作は乙一先生の短編集、「ZOO」の中から数編抜き出して漫画化されたものです。
ラインナップは「カザリとヨーコ」「陽だまりの樹」「ZOO」という映画版にもピックアップされた作品に「神の言葉」を加えた4作です。

「カザリとヨーコ」は、双子の妹カザリと母にいじめられ続けて生活するヨーコが主人公。
画像

彼女は母からものすごくかわいがられているカザリと違い、虐待としか言いようのないひどい扱いを受けて暮らしていました。
カザリもそんなヨーコを馬鹿にしてぞんざいに扱っているという救いのない毎日を過ごしていたのですが、ある日迷子の犬をたまたま見つけて探していたおばあさんに届けたことからヨーコの運命が変わるのです。
おばあさんに気に入られ、今まで味わったことのなかった幸せな日々をすごすことができたヨーコ。
ですがある日ささやかな幸せを壊す事件が起こり、その上おばあさんの身に不幸が降りかかってしまいます。
ヨーコは今の生活から脱出する決心を固め、ある計画を実行するのでした。

「陽だまりの樹」はロボットの少女とある男の生活を描いた作品です。
画像

まもなく死ぬ男の埋葬をするために作られたと告げられる少女。
そして男は自分を正しく埋葬するためにロボットである少女に「死」を学んで欲しいと語り、生活させるのでした。
徐々に人間らしさを学んできた少女。
「死」が何なのかということもある出来事で学習するのですが、それは同時に死に行く男に対して今まで持っていなかった感情を持ってしまうということ。
更に男には隠された事実があって……

表題作「ZOO」は主人公の男のもとに毎日写真が届くところから始まります。
画像

行方不明になったはずの彼女の遺体が毎日写真に取られてポストに投函される……
猟奇的ともいえる異常な行動に男は怒り狂い、毎日のように犯人を捜して奔走。
ですがどこからともなく聞こえてくる自分を否定する声。
振り切って復讐の捜索を続ける主人公ですが、毎日繰り返されている捜索、実は毎日同じ結果にたどり着いていて……

そして「神の言葉」。
画像

主人公は声によって生物を自在に操る能力を持つ少年。
彼はそんな能力を持ちながらも、日常では冴えない高校生に過ぎず、あらゆる出来事にストレスを感じつつ生きてきました。
ですがある日とうとう精神の均衡が崩れてしまいます。
気がつくと自分の机の前で手に彫刻刀を持っていた少年。
衝動的に自殺する寸前にわれに返ったのかと考えた少年ですが、どうやらそうではない様子。
それから後もふと気がつくと机の前に彫刻刀をもってたっており、そのたびに机に刻まれた傷が増えていました。
毎日が妄想なのか現実なのか、自分自身すら分からなくなってきた彼は机の上に「ずっとおいてあったラジカセと大量の電池」にその時気がつきます。
ラジカセからは自分の声が再生され……恐怖の現実を語り始めたのです……

といった乙一先生ワールド全開のストーリーを矢也先生の丁寧な筆致でつむがれている本作。
ストーリーはあの乙一先生ですからもちろん秀逸。
感動に恐怖に、高レベルで各種取り揃えられています。
その各話に毎回用意されている驚きの仕掛けは読者の度肝を抜いてくれることうけあいです!
そこに矢也先生の絵柄がマッチ。
かわいらしい女性キャラは感情移入をより濃いものにしてくれますし、描き込まれた描写は恐怖や狂気をより加速させてくれています!

映画化もされた人気作品のコミック版、「ZOO」は好評発売中です!
どの作品も「死」と深い係わり合いのあるストーリーゆえにちょっと暗い気分になってしまうかもしれませんが、それでも話の面白さは折り紙つき!
読めばきっとあなたに驚きを与えてくれますよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ZOO―コミック版 (ヤングジャンプ愛蔵版)
集英社
乙一

ユーザレビュー:
表題作について◆「Z ...
正直がっかり…小説が ...
出来の良い漫画 あり ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介するのはこちら、「GOTH」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースから刊行されています。

作者は原作が乙一先生、作画が大岩ケンヂ先生。
乙一先生の紹介は10月11日に紹介した「少年少女漂流記」の記事を参照してくださいませ。
そして大岩ケンヂ先生ですが、アニメ化まで果たした「NHKにようこそ!」のコミック版でブレイク。
現在も活躍している新鋭の実力派漫画家です。

さて、こちらの「GOTH」。
2003年の「このミステリーがすごい!」で2位、そして第3回本格ミステリ大賞を受賞した小説「GOTH リストカット事件」が原作。
日本とハリウッドの両方で映画化が決まり、12月20日より本郷奏多さんと高梨臨さんの主演による日本版の上映が開始される予定になっています。
そんな話題の作品を発表当時に間を空けず漫画化されたのがこの作品です。

主人公は殺人等の人の闇に強く惹かれる高校生。
彼は物静かで美しく、手首にリストカットの痕がある少女、森野夜(もりの よる)に興味を持ちます。
しかし彼が惹かれたのは森野自身ではなく、彼女の持つ美しい手。
折りしも世を人間や動物の手を切断する事件「リストカット事件」が騒がせていました。
本当に偶然に犯人を見つけてしまった主人公は悪夢のような策略を考え付くのでした……

その後、不思議な縁から交友を持つようになった主人公と森野。
彼らが人々の闇から発生する事件と出会う奇妙な物語です。

その暗く淡々としつつも驚きの連続を与えてくれるストーリー展開と、大岩先生の美しくも陰のある絵柄はすばらしくぴったりとはまっています。
普通でない主人公達が普通でない事件を普通でない結末へと導いていくこの作品。
題材が題材なだけに中二病の人は勿論、ミステリ好きや暗いムードの漫画が好きな方は満遍なく楽しめます。
映画公開も近づいてきている今こそ未読の方の予習や小説版を既読の方の復習に、是非読んでみてはいかがでしょうか。
映画やる前の今ならミーハー扱いされる心配もないですぜ!!!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!

GOTH (角川コミックス・エース)
角川書店
乙一

ユーザレビュー:
善悪の彼岸に立つ静謐 ...
不思議なくうかん 乙 ...
おもしろい!!小説の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますはこちら、「少年少女漂流記」です。
小説すばるに連載されていたものをまとめ、集英社さんから刊行されました。

作者は古屋兎丸(ふるや うさまる)先生と乙一(おついち)先生。
古屋先生は月刊ガロで1994年にデビュー後、「鈍器降臨」等の単行本を多数発行し、スピリッツに「π」を長期連載。
その後も「彼女を守る51の方法」等の話題作を生み出し、現在はジャンプSQで「幻覚ピカソ」を連載しています。
緻密で丁寧な絵柄が特徴で、多種多様な題材を取り上げた漫画を生み出し続ける多彩な漫画家です。
一方の乙一先生は1996年に「夏と花火と私の死体」で若干17歳の若さにしてジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞した小説家です。
その後も様々な作品を発表し、「GOTH リストカット事件」で第3回本格ミステリ大賞を受賞。
その後も「ZOO」「暗いところで待ち合わせ」「きみにしか聞こえない」「手を握る泥棒の話」「KIDS」「死にぞこないの青」「失踪HOLIDAY」など様々な作品が映画やドラマなどになっています。
12月には「GOTH」の映画も公開予定でますます上り調子。
……最近ちっとも新作を書いていないのが玉に瑕ですが。
漫画好きからすると「JOJOの奇妙な冒険 The Book」が有名でしょうか。

さてこの「少年少女漂流記」は小説すばるで連載されていた変り種です。
そのおかげもあり俺自身出てることを知らずに購入したのは発売だいぶ後でした。
どういう話なのかといいますと、十代の少年少女が直面する悩みや事件からなる様々なドラマを描いた作品です。
乙一先生と古屋先生らしい、文学的というか、精神世界を描いた様な摩訶不思議な展開が続きます。
8人の少年少女たちがそれぞれまったく別の場所で別の悩みを抱え、あるものは前向きに立ち向かい、あるものは世の中を憂い、あるものは自分の立ち位置だと諦める……
そんなとき、巨大な台風が関東を襲います。
それは第8話の主人公の少年が夢か現かわからぬままに育てていた竜巻と融合し、凄まじい大きさに成長します。
そしてそれはまるで示し合わせたかのように主人公達を渦の中に巻き込み、一つの場所に集めます。
元の場所に帰るには皆が帰りたいと願えばいい……ですが主人公達は二つに割れます。
帰りたいものと、帰りたくないものに。
主人公達は自分の考えをぶつけあうのですが……
最後に主人公達に起きる結末はどちら側の物なのでしょうか。

この作品は主人公達の「未来への不安と希望」が描かれた傑作です。
奇抜で奇想天外な主人公達に起こる数々の出来事はきっとあなたを驚かせ、最終的にあなたの心に何かを残すことでしょう。
少々展開に突飛過ぎるきらいはありますが、最終話でそれを補って余りあるすばらしいまとまりを見せてくれるので大丈夫です!(多分!)
ついでにファンにはたまらない乙一先生と古屋先生の対談も9ページに渡り掲載。
若い学生さん達に贈る、そしてかつて青春時代をおくってきた全ての人に読んでもらいたい「少年少女漂流記」は全国の書店で発売中です。
箱入りでA5版の特殊な装丁で見つけづらく、おまけに2007年初版の本ですので店頭に無いかもしれません。
そんなときは注文だ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

少年少女漂流記
集英社
古屋 兎丸

ユーザレビュー:
マザーの中にマザーの ...
面白いんだか面白くな ...
コミックを出している ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ