3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 福島鉄平

本日紹介しますのはこちら、「サムライうさぎ」第8巻です。
集英社さんのジャンプコミックスにて刊行されました。
「サムライうさぎ」、とうとう完結です!

作者は福島鉄平先生。
詳しい紹介は9月7日の「サムライうさぎ」第7巻の記事の方を参照していただければ幸いです。

さて第7巻では伍助が流人たちのリーダーである百舌九に敗れ、勝敗数を並べられてしまいました。
満身創痍で挑むことになった決着戦。
ただでさえ脅威の実力を持つ百舌九に伍助はどう挑むのでしょうか!!

そんな感じでこの第8巻に続きました。
苦戦しながらも仲間の応援と志乃の想いを受け、勝利を収めた伍助!
その姿に伍助たちと因縁深い講武館の清木がうさぎ道場をつぶす決心をします。
ひと月後に講武館との試合が決まった伍助たち。
決意を新たにしていたその時、突然伍助の母が家にやってきました。
これから一緒に住むと宣言する母に圧倒されますが、断る理由もなく……
自分よりも炊事洗濯などのすべての家事を上手にこなす母に志乃は言葉にできない不安な気持ちを持ってしまいます。
それを払拭する為に懸命に働こうとする志乃。
志乃の姿を見た伍助はある考えに到ります。
志乃はどんな気持ちで今まで一生懸命に生きてきたのか。
そして自分はその志乃にたいしてどうあるべきなのか。
そんな考えを素直に受け入れることができるほどに伍助は成長していました。
お互いの気持ちを確かめ合い、二人の絆はより強く、深くなったのです。

そんなこんなで伍助と志乃の物語は終わりを告げました。
後日談として二人の娘が自分の生きる道を見つける特別編が載っており、それが物語を締めくくるにふさわしい明るさと希望を感じさせる短編に仕上がっています。
また、福島先生の書き下ろしで贈るうさぎ道場の面々のその後が描かれており、感動をより盛り上げてくれますよ!
人気投票の結果も漫画形式で発表されており、おまけは大充実です。
更に2004年に発表した読みきり、「よしっ!!」も収録。
ファンにはますます目の離せない盛りだくさんの内容になっております!!

数々の感動を生み出してきた「サムライうさぎ」。
最終第8巻は全国の書店さんで発売中です。
今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!
表紙はこちらです!
画像


サムライうさぎ 8 (8) (ジャンプコミックス)
集英社
福島 鉄平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますはこちら、「サムライうさぎ」です。
集英社さんのジャンプコミックスより刊行されている、週刊少年ジャンプの作品です。

作者である福島鉄平先生はコミックフラッパーでデビューし、読み切りをフラッパーや赤マルジャンプなどに数本発表した後この「サムライうさぎ」で連載デビューを果たしました。
純血を重視するきらいのあるジャンプでは珍しい他誌出身の漫画家で、ダイナミックな構図とデフォルメを効かせた作画が特徴的です。

この「サムライうさぎ」は真っ直ぐで実直で真面目なサムライ、宇田川伍助(うだがわ ごすけ)がその妻、志乃(しの)の為に奮闘する作品です。
うだつの上がらない下級武士であった伍助は健気で純真な志乃に見合う男になる為、武芸で身を立てる決心をし、とある道場に身を寄せます。
そこで目にしたのは結局のところ身分や金で全てが左右される薄汚い現実でした。
それを見た伍助は自らがそれを覆す天下一の道場を作り出すことを決意します。
その名は「うさぎ道場」。
志乃が何より好きで、月まで飛ぼうと努力して跳ね続けているように見えているといううさぎになる為の道場を。

とまあ一応導入を書いて見ましたが、なんと言っても天下のジャンプ連載ですからご存知の方も多いでしょう。
物語は4巻から大きな動きがあり、伍助と浅からぬ因縁のある講武館との御前試合をかけた大会に参加することになりました。
1回戦を勝ち抜いたうさぎ道場の次なる相手は講武館のライバルである連兵館……のはずだったのですが、連兵館は島流しから脱走してきた5人の流人に乗っ取られてしまいます。
流人と因縁のある仲間のいたこともあり、2回戦はその連兵館の名を借りる流人たちと戦うことになりました。
第6巻でさる名工に流人たちに対抗する為の武器を作ってもらうことに成功し、試合が始まります。
先鋒は勝利するうさぎ道場ですが、次鋒は惜しくも敗れてしまいます。
一勝一敗で迎える中堅戦……うさぎ道場は勝つことが出来るのでしょうか!?

てな具合でこの第7巻に続きます。
中堅戦、副将戦、更には大将戦までもつれ込むVS流人戦は各人の様々な想いが込められ、3試合が収録されています。
うさぎ道場の仲間を想う気持ち、そして流人たちの生きる為の信念……それをぶつけ合う戦いは白熱の一言!
決着は次巻に持ち越されているものの、この第7巻にも見逃せないそれぞれの気持ちがたっぷりこめられ必見といわざるを得ません。
バトルシーンも仰天の必殺技や剣術大会の常識を打ち破る戦法が続々出て読者を飽きさせないばかりか、ダイナミックな作画で見ているものを引き込みます。
そいて次巻はとうとう最終巻。
感動のラストを迎える最終巻を待つ為、この第7巻を読んで気持ちを奮い立たせましょうか!

惜しまれつつも連載を終了し、大団円を迎えた「サムライうさぎ」。
感動のラストを迎える為に無くてはならないクライマックスまでの一本道が収録されている最新第7巻は大好評発売中です!
今すぐ本屋さんにうさぎのように飛びましょう!

サムライうさぎ 7 (7) (ジャンプコミックス)
集英社
福島 鉄平

ユーザレビュー:
優しい気持ちにさせて ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ