3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 洋介犬

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「イマワノキワ」です。
ぽるぷ出版さんのフレックスコミックスより刊行されています。

作者はうえやま洋介犬先生。
うえやま先生のほか作品の紹介は、「誘怪犯」「誘怪犯 紅」 「妖幽戯画~おどろ怪異譚」それぞれの記事にて紹介しています。
よろしければそちらも併せてご覧くださいませ。

さて、本作は数ページのショートホラーコミックを集めた作品となっています。
怪談を食べるという謎の女性、忌野奇話(いまわの きわ)が、様々な人物に出会って彼らが体験した怪談を食べていく。
その結果として怪談を語った人々は、その怪談の結末に遭遇することになってしまうのですが……
全22編を収録している本作の中で、今回紹介したいのは「破棄堕目ニ散~ハキダメニチル~」。
しつけのために思わず口からついて出た言葉が、思わぬ方向へと転がっていくお話です!

公園を歩く母娘。
彼女達の前で、とても褒められたものではない光景が繰り広げられました。
殺虫剤か何かの、スプレー缶。
それをためらいもせず公園の空き缶入れに投げ込んだ男がいたのです。
純真なお子さんである娘さんは、あの人ジュースじゃないの捨てたよ?とすぐさまお母さんに尋ねるのですが、相手は体格のいい若い男。
面と向かってしかりつけてもなにをされるかわからない昨今ですし、お母さんは「真似しちゃダメよ」とムスメをたしなめることくらいしか出来なかったのです。
ですがそれだけではパンチが弱いと思ったのでしょうか。
お母さんはその場で考えたでまかせを付け加えます。
ジュースのゴミ箱に違うゴミを捨てたら、怖いお化けが出る、と。
もう子供だましと言う言葉がそのものピッタリなでまかせではありますが、相手は子供さんですから問題ありますまい。
怖い、自分は捨てないようにしよう。
そんな反応が返ってくるのをお母さんは予想していたはずです。
ところがそこで帰ってきたのは
画像

知ってるよ。「ポイちゃん」が怒って来るんだよね?と言う言葉だったのです!!

娘さんは饒舌に語り続けます。
ポイちゃんは女子高生だった。
でも、殺されてジュースのゴミ箱に捨てられてしまったんだ。
ポイちゃんにとってジュースのゴミ箱は聖地。
だから間違ったことをすると、その夜怒って現れるんだ……
画像


いきなり娘がそんなおそろしげな話を始めたことに驚きを隠せないお母さん。
そんな話を一体どこで、誰から聞いたのか?
そんな疑問を持つことは自然と言えるでしょう。
ですが娘は答えるのです。
さぁ、わからない、と……

一体娘はこんな話をどういう経路で知ったのか。
いや、もしかしたら知らないのかもしれない。
人ではない「何か」が娘の口を借りて言ったのではないか……?
そんな不安はどんどんと膨れ上がるばかりです。
たまらず奇話に相談をしたお母さんですが、そんなことは奇話にもわかるはずがありません。
ですがいくら出所のわからない恐ろしい話とは言え、生活のルールを正しく学べたと言うことはまちがいないわけで。
お母さんは不安を抱えたまま家に帰るしかないのでした。
その帰り道。
あの公園のあのゴミ箱の前を通りがかりました。
いくらなんでも、あのお話は出鱈目に決まっている。
そう自分に言い聞かせながらも、自然と視線は缶を投入する穴へと向かいます。
するとそこに……あったのです。
画像

缶の中に埋もれている、手が。
そして、苦悶の表情で息絶えている、あの男の亡骸が……

と言うわけで、でまかせが真実を呼んだエピソードを収録した本作。
このお話は現在、フレックスコミックスさんのサイトで公開されていますので、ご自身の眼で確認していただくのもよろしいのではないでしょうか!
このお話はそうでもありませんが、他のお話は簡単に言うと「後味が悪い」ものばかり!
救いのないお話、取り返しのつかないお話。
そんな部類のお話がお好きな方ならばより一層楽しめる作品になっているのです!!

もともと週刊少年チャンピオンにて連載されていた本作ですが、秋田書店さんが単行本を出さないのはままあること。
本作はよい縁があった様でフレックスコミックスさんから単行本発行の運びとなりましたが、それに当たって連載分の他、未発表作4作が収録されています。
今回紹介したお話もその一つですが、最終話となるお話で謎過ぎる存在だった奇話の招待が僅かながら明かされることになります。
連載が突然終わってしまった感のある本作ですが、これにてきっちりと完結となっているのです!!

後味悪さ満点、「イマワノキワ」は全国書店にて発売中です!
恐怖が多数で襲い掛かる本作。
現実的なものからファンタジー風味なものまでさまざま取り揃えております!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


イマワノキワ (Flex Comix)
ほるぷ出版
うえやま洋介犬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イマワノキワ (Flex Comix) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「妖幽戯画~おどろ怪異譚」です。
竹書房さんの竹書房文庫から刊行されています。

作者は西浦和也(にしうらわ)、うえやま洋介犬(うえやま ようすけ)の両先生。
文を担当している西浦和也先生は同じ竹書房文庫で何冊か恐怖系の書籍を刊行している作家さんです。
また、「コ・ワ・イ・ハ・ナ・シ・ヤ・ミ・ノ・サ・サ・ヤ・キ」という怪談サイトも運営されています。
うえやま先生に関しては09年3月11日の記事にて紹介しておりますのでそちらもご参照くださいませ。

さて、本書はうえやま先生が自サイトで連載していたショート恐怖漫画に多数の書き下ろしを加え、西浦和也先生が実話怪談を加えた1冊です。
西浦和也先生の会談も非常に魅力的なのですが、一応ウチは漫画紹介サイトっぽいのでうえやま先生の担当部分について触れて行きたいと思います。

本書に収録されているうえやま先生の恐怖漫画はなんと80編超!
いつもの超短編漫画に加え、「不思議ナックルズ」で連載されていた4コマ恐怖漫画「怪奇新聞」や、「座談怪」と銘打たれた18Pの短編が収録されています。
その内容は以前の単行本同様非常にバラエティ豊かで、様々な視点からの恐怖が楽しめます。
今回はとりわけキモイクリーチャーと、
画像

人間の恐さ
画像

を描いた作品が多く、なんかもう見てるだけでむずむずして来ます!
勿論心霊的な恐怖もありまして、今回は読者投稿の実話怪談の漫画化も多数収録。
画像

そちらでもグンバツの恐怖を描かれています!

そんな1~3Pのショートストーリーの中で異彩を放っているのが前述した18Pの「座談怪」と、6Pの「黒骸」です。
「座談怪」は集まった友人3人が軽い気持ちで身近に起こった怪現象を語る恐怖の様を描いたもので、オリジナリティの高いあまりに奇妙な物語がつづられた後、最後にはお約束とも言える最大の恐怖がやって来るお話。
うえやま先生独特の不可思議な味わいも素晴らしいのですが、王道もまた良し!と言える一粒で二度おいしい一編です。
かわって「黒骸」は突如おこった友人の神隠しをきっかけに起きる出来事をつづっています。
半年後突然神隠しから帰ってきた友人は以前とは変わり果てており……
画像

更なる怪異が起こるのです。

とにかく本書は一気呵成とばかりに襲い来る恐怖が堪能できる一冊です。
うえやま先生独特の味がこれでもかと盛り付けられており、暑い夜をすごすのに最適と言えるのではないでしょうか。
本書の為の書き下ろしもなんと40Pを数えており、気合を感じさせてくれます。
足しげくうえやま先生のサイトに通っているファンの方でもスルーできませんよ!

文庫本サイズに怪奇がぎゅっと凝縮された「妖幽戯画~おどろ怪異譚」は好評発売中です!
コミック扱いではなく文庫本書籍扱いですので、本書を探す際にはご注意くださいませ!
本が本だけに本屋さんよりもコンビニとかの法が案外見つけやすいかも。
とにかく夏の夜の枕元にふさわしい一冊!
涼しい夜がすごせることでしょう……!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


妖幽戯画 幽玄漫画怪異譚 (竹書房文庫 HO 64)
竹書房
うえやま 洋介犬

ユーザレビュー:
マンガと怪談文学のコ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「誘怪犯(ゆうかいはん)」「誘怪犯 紅(ゆうかいはん くれない)」です。
株式会社G.B.さんより刊行されています。

作者はうえやま洋介犬(ようすけ)先生。
うえやま先生はwebサイト「あくえもんズ」にて30秒ホラー漫画と称したショートホラー漫画を発表しており、今作はその掲載作に書下ろしを加えた単行本となっています。
現在はそのメインの活動に加え、講談社さんが刊行しているwebマガジン、「michao!」にて「ヤミツキ~いのりの心霊日記~」を連載されています。

さてこちらの作品、上記のとおりうえやま先生がネット上で配信していた漫画を集めた、短編ホラー集です。
とはいえ、よくある実話系や都市伝説系などの漫画とはちがい、殆どがうえやま先生による創作。
扱っているジャンルは多岐にわたり、心霊は勿論、
画像

奇怪な怪物が出てくるものや
画像

ストーカーなどの人間が作り出す恐怖もの、
画像

得体の知れない不可解な事象など、
画像

およそホラーと呼べるものの大半が網羅されています。

両誌とも100篇以上の恐怖漫画が掲載されており、ボリューム満点。
ホラーというのは人によって怖いと思うところや面白いと思うところが違う、と言うのが興味深いところでもあり難しいところでもあるのですが、流石にこれだけの話が収録されていればあなたの琴線に触れる話もあるはずです!
そうでなくともオリジナリティ溢れる話が多く収録されていますので、楽しめることだけは間違いないでしょう!
それに加えて「誌上トラックバック」と称して木原浩勝先生や加藤一先生などのホラー読物界の大物達が各自のお気に入りの作品に解説や感想をつけると言う面白い試みまでなされており、単なる短編集に終わらないよいアクセントとなっています。
「誘怪犯」の方では初版に謎の乱丁なんかも発生し、ホラー漫画らしいいわくが付いたのもなんだか面白いですね!

実に様々なホラーがたっぷりと詰め込まれた恐怖福袋、「誘怪犯」「誘怪犯 紅」は好評発売中です。
とにかくこれでもかと詰め込まれた多種多様なホラーに大満足間違いなし!!
今まであげたの普通(?)のホラーだけでなく、細かいものビッシリとか、見てるだけでいてえ!みたいなトラウマを抉る作品もあるのでホラーなんてたいしたことねえぜ!と言う方も怯えられること間違い無しです!
正直言って俺もそっち系の方がダメージでかかったです!!
まさに夜中読むのにふさわしい一冊!必見ですよ!
……ホラーが苦手な人にはちょっとおすすめできかねますが!
出版社さんからしてちょっと普通の店舗では入手しづらい感じがありますので、取り寄せてもらうか通販に頼るかするのがベターではないでしょうか。
さぁ、今すぐ本屋さんか通販サイトにダッシュだ!!


誘怪犯
G.B.
うえやま 洋介犬

ユーザレビュー:
プチ涼をとるために冷 ...
怪談漫画の傑作新耳袋 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



誘怪犯 ~紅~
ジービー
うえやま 洋介犬

ユーザレビュー:
2作目シリーズ2作目 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ