3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 藤澤勇希

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ワルタハンガ ~夜刀神島蛇神伝~」第3巻です。
秋田書店さんのプレイコミック・シリーズより刊行されています。

作者は藤澤勇希先生。
本作の紹介などは「藤澤勇希」のテーマにてまとめておりますので、宜しければそちらもご覧くださいませ。


さて、いよいよ本格的に実態が明らかになってきた夜刀神島。
続々と犠牲者が出てしまうツチノコツアー一行ですが、まだまだUMAたちの襲撃はやむことがありません……!

謎の巨大生物、群生する黒いツチノコ(仮)、木の枝に擬態していた怪生物……
数々のUMAから逃れ、とりあえず海辺を目指す八尋と笠原。
なんとかもう一度あの巨大生物に会いたい(あと全財産をつぎ込んだUMA探索用グッズを取り戻したい)笠原の戻ろうというお願いを却下し続け、八尋はひたすら進み続けます。
そのとき、いきなり目の前の茂みにがさがさと動く何かが登場!
身構える二人ですが、それは森の中で孤立してしまっていた火一と郁実の子供2人でした。
合流し、キャンプに戻ることになる4人。
この島の中で一番弱い存在である人間は、もはや群れることしか身を守る手段はない。
八尋はそう分析し、残りの7日間をみんなで立てこもって凌ごうという方向で4人をまとめ上げます。
ですがその安全を保つはずの場所であるキャンプのほうにも危険が迫っていたのでした……

ツチノコ(仮)の毒にやられ、動けなくなった老人を看病していたおっさん2人。
特にやることもないわけで、危険な場所にいるにもかかわらずついついうとうとしてしまいました。
目を覚ますと、毒にやられていたうえ、暴れたりしないように手足を縛られて寝袋に入れられていた老人が姿を消しています。
よく調べてみると、寝袋の下に敷いていたシートに血痕が残っています。
眠っていたとはいえ、2人の人間が気づかないうちに大の大人1人を連れ去ってしまう……ということから考え、ツチノコ(仮)の仕業ではない様子。
ほんの少し離れている場所にいた他の人も気づいていないわけで、ものすごく静かに連れ去ってしまったと思われるわけで、ひょっとしたらその存在はそのまま静かに周囲に潜んでいるのかも。
そんな考えをつい口に出してしまったときのこと。
画像

やっぱりいました、新UMA。
草むらに擬態していたそれは、強力な毒か何かによって対象に騒がせることすら許さず捕獲。
そのままそっと餌食にしてしまうのでした!

その段階でようやく気が付いた他のメンバー、動く草むらから見え隠れする犠牲者の腕に恐怖し、UMAを近寄らせないために焚き火を炊くことにしました。
野生動物ならば火を恐れるはずですし、擬態する生物ということは運動能力はたいした事はないはず。
そう考え、下手に動き回らなければ大丈夫だと結論付ける一同ですが、そのとき子供たちが眠っているテントにUMAが群がっているのに気づきました。
画像

割と善人ばかり生き残っていたメンバーの中で特に優しい郁実の母、聡美が助けに行こうとするのですが、それは死にに行くようなものだと静止。
見捨てるようですが、テントというのは意外に丈夫に出来ているもので、子供たちがテントにいる限りはとりあえず安全なはずだと説得しました。
ところが、UMAたちの蠢きで目を覚ました子供たちが冷静でいられるはずがありません。
騒ぎ出し、あわててテントから逃げ出そうとしてしまうのです!
外から大人達が声を張り上げ、とりあえず外に出さないことには成功。
ですが静かになったと見るや、先ほどのUMAが擬態することなど知らない子供達は外へ出てしまいます。
当然また襲い掛かってくるUMA!
今度こそ絶体絶命という場面で、今までナンパくらいしかしていなかった火一の父、榊がダッシュ!
子供達を引っ張り、何とか窮地から助け出したのでした!!
突然のヒーロー的行動に、榊への単なるナンパ野郎という評価が一変し、喝采を送る一同。
ですが、榊はこのままだったら聡美が助けに行っていた、自分がキャンプに残ったのは聡美を助けるためだ……と、結局ナンパ目的だったことを惜しげもなく告白。
あきれ返る一同ですが、揃って助かったことに胸をなでおろすのでした。

ところがそのとき、何も知らない八尋たち4人が山から下りてきます。
草むらに入らないよう声を張り上げるキャンプ組ですが、距離が遠い上風が強く、まったく声が届かない様子。
ずんずんと近寄ってくる4人。
それを止めるべく榊が取った行動は
画像

自分の身を省みず、草むらの中に飛び込んで危険を伝えることだったのです!!

またも犠牲を出してしまったものの、影山たちとも合流して13人の生き残りがなんとか集合。
ここへ来て影山が、実は衛星電話を持っていて助けを呼べることを明かしました。
とはいえ、連絡がついても本土からこの島に来るには20時間ほどかかり、怪我人達を助けるには間に合わなかったそうです。
20時間以上かかるとはいえ、ともかく一刻も早く助けを呼ぼうということで意見を固める一同。
ですがその衛星電話、草むらの只中にあるテントの中にあるというのです!
もちろん草むらには先ほどのUMAが手ぐすねを引いて待っているわけで……
画像

果たして一同は衛星電話を手にすることが出来るのでしょうか!?
そして助けを呼べたところで、まだ20時間以上あるこの島での生活……
どれだけの人数が生き残れるのでしょうか!?
まだまだ遅い来るUMA、降りかかる想定外のケース、巻き起こる意外な事件。
物語は急展開!
衝撃の結末を迎えます!!

というわけで完結を迎える本作。
襲い来るUMAの脅威はとどまることなく、次々と犠牲者を増やしていきます。
そんなUMAの恐ろしさを描いている本作ですが、ラストは意外な方向へ物語は転がり、そう来たか!と読者を驚かす展開に。
恐怖から驚きと違った種類のどきどきがたのしめます!
そしてさすが藤澤先生といえる、パニックものらしい後引くラストも秀逸!
これぞパニックホラー、といえる物語としてまとまっているのです!!

藤沢先生らしさ爆発、孤島パニックホラー「ワルタハンガ ~夜刀神島蛇神伝~」最終第3巻は全国書店にて発売中です!
キモイ生物、欲望まみれのおっさん、クソわがままなお子様方など、いやなもの満載な本作。
そんないやな物が大活躍する様が心行くまで堪能できるステキ作品となっています!
更にあとがきで登場する女性キャラが巨乳ぞろいな理由もあかされ、見所満天となっていますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ワルタハンガ夜刀神島蛇神伝 3 (プレイコミックシリーズ)
秋田書店
2010-09-17
藤澤 勇希

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワルタハンガ夜刀神島蛇神伝 3 (プレイコミックシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ワルタハンガ ~夜刀神島蛇神伝~」第2巻です。
秋田書店さんのプレイコミック・シリーズより刊行、プレイコミックにて連載されています。

作者は藤澤勇希先生。
藤沢先生と本作第1巻は09年12月19日の記事にて紹介しておりますので、お時間などございましたらごらんください。

さて、第1巻で孤島のツチノコ探しツアーへ参加することになった八尋。
偶然会社の元同僚、笠原と再会し、成り行き上一緒に探索をすることに。
ですが奇怪な生物の抜け殻のようなものが発見されたり、参加者の無残な躯が発見されたりと、明らかに危険なムードが漂い始めます。
二人はその事件も知らず島の奥地にあった洞穴に入っていくのいくですが、そこで見たこともないような奇妙な生物と遭遇し……

八尋と笠原の目の前に浮かぶ奇妙な生物。
画像

常識的に考えて、こんな巨大な生物がたいした広さもない水溜りのような湖で生きていけるはずもありません。
そもそも動物なのか同かも怪しいような不可思議すぎるその体。
理解不能な出来事に八尋は固まってしまいますが、笠原は嬉々としていまだ誰も発見したことのない、ツチノコ以上にすごいUMAだと目を輝かせています。
そんな笠原に、八尋は逃げ出そうと提案。
なぜなら、自分たちの話し声などを聞いて姿を現したというならば、目的はその音の出所の捕食以外には考えづらいから、です。
とりあえずすぐさま牙をむいて襲い掛かってくるような生物ではなさそうですので、刺激しないようにそっと戻って来いとアドバイスする八尋。
笠原もそれに従おうとしますが、なぜか足が動きません!!
よく見れば足元に透明な膜のようなものが張っており、
画像

それが笠原の足を捕らえて離さず、ゆっくりと湖に引き釣り込もうとしていたのです!
あわてて引っ張りあげようとする八尋ですが、しっかり固定されて動かせません。
更にその膜は範囲を拡大し、八尋をも飲み込もうとします。
たまらず手を離す八尋。
笠原は恐怖におびえ助けてと叫びますが、八尋は見捨てたわけではなく、靴紐をほどけといいながら上着を脱ぎ、その端を掴ませました!
そしてぐいと力を入れて引っ張り、同時に笠原にジャンプするよう指示!
膜に包まれた靴がすっぽりと脱げ、なんとか膜の外へ飛び出すことに成功するのでした。

洞穴の外へ出て一息つく二人。
いまだあの生物が何なのか検討も付かない二人ですが、笠原は戻って写真を撮るなどと言い出します。
ホラー映画ならば確実な死亡フラグを立てようとする笠原を絶対にだめだと止める八尋。
いつもは結局自分に従う八尋がすごい剣幕で怒ったためか、笠原は涙を浮かべてしょげかえります。
目の前で女性の、それもいつも強気な笠原の涙を見た八尋はあわてて視線をそらして完全に日が落ちる前に海岸線に戻ろうと提案。
ですが笠原は先ほど靴を失ったため、この足では山は降りられないと返答します。
おぶって帰るというのも難しく、森の中で夜を明かすよりは……と、二人はこの危険な洞穴のそばで夜を明かすことにするのでした。

一方、ツアー客たちの集うキャンプも恐怖におびていました。
30人いた参加者のうち、自力で戻ってきたのは13人。
そして意識を失ったまま目を覚まさない人物が2人……
半分しか帰ってこないのですから。
ツアーは中止もやむなしですが、どちらにしろ帰りの船が来るのは8日後。
どうしようもないからには細心の注意を払いつつツチノコ捜索を続けようということになるのでした。
ところがその頃、意識を失っていた二人に異変が起きていました。
突然びくびくと体を痙攣させたかと思うと、
画像

腹が破れて中から気味の悪い生物が這い出してきたのです!!

キャンプの一同は見張りを立てて休むことになります。
そこで内側から体を食い破られて息絶えている二人を発見。
おそらく体内に何者かが卵を植えつけ、十分成長してから生まれたのだろうと考えたスタッフ側のリーダー、影山。
彼は生まれたばかりであろうそれはきっとまだ近くにおり、餌を必要としているはずだと予測します。
事実、それはまだ近くにいて……
画像

見張りをしていた男2人に襲い掛かったのです!!

ちょうどその頃、八尋と笠原のほうにも危機が迫っていました。
無数ともいえる程の数現れたUMA。
彼らに取り囲まれてしまっていたのです!!
画像

続々と姿を現す怪生物。
これだけの数いる凶悪な生物たちから八尋たちは、ツアー参加者は逃げ延びることができるのでしょうか!?
そして仮にこの場を逃げおおせたとして、あと8日間はこの島から逃げ出すことができないわけで……
恐怖はまだ終わらず、それどころかますます加速していくのです!!


というわけで、意外な数の存在が確認されたUMA。
ハイスピードで死者が出るにもかかわらず、生き残るため逃げなければならない時間はまだまだたっぷりすぎるほどあるというものすごい絶望感が描かれています。
更に恐ろしいことに、この島に巣食う凶暴UMAは前述の巨大UMAと腹食い破りUMAだけではありませんでした!
逃げ場がないどころか、ほんの一息つくところですら怪しくなってしまうという絶望の追い討ち。
隠れよう、逃げよう、戦おうといったモンスターパニックものに欠かせない救いの要素が入り込む余地のない恐怖が堪能できるのです!!

次々現れるUMAに絶望するほかない、「ワルタハンガ~夜刀神島蛇神伝~」第2巻は好評発売中です!
まだまだ時間はたっぷりあるのに、頼りになりそうな人もならなそうな人もガンガンお亡くなりになっていく本作。
どんどんと絶望の事実が明かされていき、第1巻の恐怖は単なる小手調べに過ぎなかったことが思い知らされますよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ワルタハンガ夜刀神島蛇神伝 2 (プレイコミックシリーズ)
秋田書店
2010-08-20
藤澤 勇希

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワルタハンガ夜刀神島蛇神伝 2 (プレイコミックシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ワルタハンガ ~夜刀神島蛇神伝~」第1巻です。
秋田書店さんのプレイコミック・シリーズより刊行、プレイコミックにて連載されています。

作者は藤澤勇希先生。
藤澤先生は88年に小学館コミック大賞少年マンガ部門佳作を受賞しデビュー。
その後ビッグコミックやガオなど様々な雑誌で連載をしますが今ひとつ結果が出ませんでした。
ですが99年から週刊少年チャンピオンで連載した「BM~ネクタール~」は高い評価を得て一気に知名度を上げました。
その後も秋田書店さんの雑誌を主戦場にパニックホラー的なものを多く描いておられます。

さて、本作はやっぱりパニックホラーものです。
隔離された状況で未知の怪物に襲われる恐怖を描く、これぞパニックホラー!といった物語となっています!

ある日突然勤めていた会社が倒産し、未払いの給与や退職金などもろもろ合わせて20万を渡された主人公、八尋。
貯金もなく、歳も30過ぎでこのご時世。
どうしていいかわからない状況に陥ってしまいます。
そんな彼が趣味としていたのが未確認生物……UMA。
会社がつぶれたその日も今後に悩みながらもマニア向けの番組を観賞していました。
その番組の終了後、気になる告知が放送されます。
画像

それは参加費20万でツチノコ探しツアーを決行、ツチノコの発見者には5000万の賞金を与えると言うもの。
八尋はなけなしの20万を払い、なんとそのツアーに参加することにしたのです!

ツアー当日、八尋は意外な人物と出会います。
画像

それはつぶれた会社の同僚、笠原でした。
実は彼女もUMAマニアで、同じ番組を見て20万の使い道を決めていたのです!
他の参加者はキャンプ的な目的で参加したファミリー層……だけではなく、ツチノコ探しに人生をかけているような本気の人が大勢。
それだけこのツアーの主催はUMA界に強い影響を持っている番組と言うわけです。
そしてこのツアーの企画責任者、影山はツアーの開始前に携帯電話や通信機能のあるゲーム機などの通信手段を全て自分達に預けろと言い出しました。
今回の行き先である孤島は確かな筋から極秘に手に入れた情報で、外部に情報を漏らすことだけは避けたいらしいのです。
最初は文句を投げかける参加者達ですが、ツチノコ探しに全てをかけている笠原が真っ先に携帯を預けたことをきっかけに結局全員がそれに従うことに。
1人の参加辞退者もなく目的の島へとつくことになったのです。

着いた島の名は夜刀神島。
そこはUMAファンの間では伝説とされている島で、昭和初期に国がツチノコを確認したと伝えられる島でした。
影山はその島が夜刀神島であるという情報を掴んで、自分達の持つCATV局の進退までもかけたこの企画を計画したのです!

基本的には自由行動となる島での生活。
安全や健康のことを考え、毎日午後6時に炊き出しと1人当たり3リットルの水の支給は保障されています。
ですが
画像

10日後に迎えの船が来るまで帰ることは出来ないのです!
何が起こるかわからない絶海の孤島で10日間のキャンプ。
不安は禁じ得ませんが、参加者のほとんどはツチノコ探しに燃える人々だけあって、捜索開始の合図とともに駆け出すのでした!!

八尋は笠原の荷物持ちもかねて二人で捜索をします。
そう簡単にツチノコが見つかるわけもないのですが、どこかから悲鳴のようなものが聞こえてきたではないですか。
鳥の声と聞き間違えたのかもしれないし、見に行っている時間もないから……と午後6時の支給に戻る二人。
すると1人支給にやってきていない人物がいることがわかりました。
帰ってきていないのはツチノコハンター暦35年とすごいのかすごくないのか良くわからない自慢をしていた人物です。
しかし偉そうな態度で周囲から良く思われていなかったこともあり、いい大人なんだからそのうち戻ってくるだろうとほって置かれてしまうのでした。
……しかしその夜、彼が帰ってくることはなかったのです……

心配になった八尋は笠原を説得して声が聞こえた気がする地点からツチノコ捜索をするように促します。
そんな二人の目の前に現れたのは
画像

無惨な姿となったその人の骸でした……


と言うわけで、本作では得体の知れない謎の凶暴生物の姿が見え隠れする恐怖を描いてます。
早速1名死亡してしまい、彼意外にも数名の人物がそれに襲われてしまいます。
凶暴なその生物はいまだ姿を見せていないものの、それらしい抜け殻のようなものが発見されることに。
画像

それはカンブリア期に生息していた奇怪な生物「パージェスモンスター」を思わせる姿をしていました。
加えてこの島は非常に珍しい地質や地形をしていることが判明。
太古の生命がそのまま生態系を保っている可能性まで明かされました。
八尋たちの大人たちだけではなく、子供達も独自に行動をはじめ、謎の生命体の姿は徐々に白日にさらされていきます。
が、同時に恐怖の惨劇も広がっていくのです……

徹底したモンスターパニックものとしてのストーリー展開はホラー好きならたまらないはず!
藤澤先生得意のグロいモンスターや、見るだけでイラッと来るようないやな大人たちもその味わいをより深いものにしています!
ホラー好きでなくとも楽しめる……かどうかはちょっと微妙ですが、不安をはらんだまま進むドキドキの展開は読者を「あぁ、そんなことしちゃダメじゃない!?」とヤキモキさせてくれることうけあい!
今後の展開しだいではありますが、第1巻ではパニックホラーの王道といえる展開で楽しませてくれますよ!!


王道的モンスターパニックホラー漫画、「ワルタハンガ ~夜刀神島蛇神伝~」第1巻は全国書店にて発売中です!
このまま王道的に突っ走るのか、一味ひねった驚きの展開が待っているのか……そのあたりに注目しても面白いのではないでしょうか!
全ては藤澤先生の匙加減ひとつ!
とはいえここは藤澤先生の得意ジャンル。、どっちに転んでも面白く仕上げてくれるのではないでしょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ワルタハンガ 夜刀神島蛇神伝 1 (プレイコミックシリーズ)
秋田書店
藤澤 勇希

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



このページのトップヘ