3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 稲垣理一郎

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「アイシールド21」第37巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスにて刊行されました。

作者は村田雄介、稲垣理一郎の両先生。
本作の以前の紹介等は「アイシールド21」のテーマにてまとめておりますので、そちらもご覧になっていただけると幸いです。

7年という長期連載作品となった本作もいよいよ最終巻。
正真正銘最後の試合、日本VSアメリカの決戦は熾烈を極めます!

大差をつけられ、窮地に追い込まれた日本チーム。
ここでヒルマが切ったカードは阿含とのドラゴンフライでした。
ヒルマのトリックプレーと阿含の反射神経を駆使したドラゴンフライは強力そのもので、アメリカが誇るペンタグラムをも翻弄します。
あまりにも噛み合う連係プレーに思わず笑みをこぼしてしまう阿含。
その一瞬の気の緩みから目前に迫るドンに気づくのが一瞬遅れてしまいます。
抜群の反射神経だけにもはや打つ手のないことがわかってしまう阿含はあっさりとやってきた終焉を受け入れるのですが
画像

自分を恨んでいるはずの栗田に守られるのです!

ようやく光が見え始めた日本チーム。
しかしそれを叩き潰すかのように、最速の男であるパンサーによる防ぎようのないブリッツを仕掛けてくるクリフォード。
これを打ち破ろうとセナが自ら志願してクリフォードにブリッツを仕掛けます。
ですが、同じような作戦を用いたところでクリフォードはヒルマをはるかに凌駕するスピードを持っており、難なくセナのブリッツを回避してしまうのです。
ですが回避した先には阿含が待っていました。
クリフォードに恨みを持つ阿含が独断で突っ込んでいたのです!
ところがそれすらもスピンして避けてしまうクリフォード。
もはや日本に打つ手はないのか……
画像

と思わせておいて、3人目が待ち構えていたのです。
セナがクリフォードに突っ込むことを知ったならば、阿含は確実に独断でクリフォードを狙うだろうということを予想したヒルマが進に3人目のブリッツを指示していたのでした!!

日本はクリフォードを突破して俄然勢いづきます。
ですがアメリカにはまだドンがいるのです。
峨王が繰り返し突撃するものの決して倒れることのないドン。
ひたすらデルタダイナマイトを敢行してくる峨王にドンはあきれ果てるのですが、より強くなる望みがあるならばその道を登り続ける……マルコが歩み続けてきたその信念を峨王が見せつけ
画像

デルタダイナマイトを完成、ドンをよろめかせることに成功したのです!
そしてよろめきながらも倒れないドンに止めを刺したのがやはりまたドンと因縁深い大和!
画像

自分を信じ続けてきた二人によって、とうとうドンまでもが仰向けに倒れることになるのでした!

その後も日本チームは桜庭&高見、鷹、意外な正体が明かされた包帯の男……それぞれの力を見せ付け、拮抗した勝負が続くことになります。
スピードではパンサーにかなわないセナも意地を見せつけタッチダウンの阻止を実現。
日本は徐々に追い上げ、ラストプレーでタッチダウンを決めれば同点……という状態にまで追い詰めるのです。
最後の一手はヒルマ、阿含、キッドによる3人でのドラゴンフライ……そしてやはりセナのダイブ!
画像

決死の覚悟で挑む勝負、その結末はいかに!!

行くところまで行ってしまった本作。
最終巻はまさに全編これ見所といえ、セナやヒルマでけでなく今まで登場してきたライバルたちの熱い想いと積み上げてきた成果を見せ付けるシーンが連続します。
今まで読み続けてきたファンならばこみ上げるものがあること間違いなしでしょう!
後日談的な内容となる最終回では気になる主要キャラたちのその後が描かれており、これまた興味深い内容になっています!
作品は終わってもキャラクターたちの生活、アメフトに打ち込む人生は終わらないということを感じさせてくれるきれいなエンディングですよ!

単行本描き下ろしも最終巻だけあって超充実。
恒例のQ&Aに加え、本編では語られていなかったサブキャラたちのその後も明かされています。
最後を締めくくるにふさわしい懇親のイラストも収録されており、まさに画竜点睛とはこのことではないでしょうか!

漫画史に残るであろう希少な大ヒットアメフト漫画、「アイシールド21」最終第37巻は好評発売中です!
王城戦以降はかなり賛否両論のあった本作ですが、最終巻で見せてくれた盛り上がりは本物!
感動の結末があなたを待っています!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


アイシールド21 37 (ジャンプコミックス)
集英社
2009-10-02
稲垣 理一郎

ユーザレビュー:
これはジャンプの良歴 ...
ありがとう。日本での ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「アイシールド21」第36巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスより刊行されました。

作者は稲垣理一郎、村田雄介の両先生。
今までの本作は「アイシールド21」のテーマにて紹介をまとめておりますので、気が向きましたらそちらも見てやってくださいませ。

さて、第35巻で開幕した高校アメフトワールドカップ。
今まで泥門が激しい戦いを繰り広げてきたライバルたちが一同に会して作り上げられた全日本選抜チームは破竹の勢いで勝ちあがり、あっという間に決勝戦にたどりつきました。
ところが決勝戦を目前にして、滾りを押さえきれない峨王が「世界最強のラインマン」の名をほしいままにするMr.ドンを襲撃し……

といった状況で始まる第36巻。
日本では敵無しだった峨王ですが、ドンの攻撃を一発食らっただけで立ち上がれなくなってしまいます。
しかもまともに食らったわけではなく、揉め事で3億円がパーになってしまうことを恐れて止めに入った阿含が攻撃をそらして直撃を免れたにもかかわらず、です!
圧倒的な力の差を見せ付けられた峨王ですが、気落ちするどころか逆に燃え上がって決勝でのリベンジを誓います。
それは阿含もおなじで、自分を歯牙にもかけないドンへの闘志を燃やすのでした。

そしてドンへ意趣を覚えているのはその二人だけではありませんでした。
二人よりももっと以前に、中学時代からの遺恨を抱えている人物……
画像

それは大和でした。
ノートルダム大付属で最強の称号「アイシールド21」を名乗り、必死にプレイを続けていた大和。
ある時大和は大成する前のパンサーに抜きさられてしまういます。
その姿を見たドンは凡夫がアイシールド21を名乗り、その名を汚すことはゆるされないと大和をノートルダムから追い出し、最初からいなかったかのように記録などを全て抹消してしまったのです!

大和がドンへ宣戦布告し、蛭魔がクリフォードと探りあいをしていた頃、峨王はやり場のない怒りをもてあましていました。
その荒れ狂う峨王の部屋に運悪くやってきたのは中坊。
峨王はもはや見境無く襲い掛かりますが、なんと更に改良を加えた中坊独自の必殺技、Δ(デルタ)ダイナマイトによって逆に峨王を吹き飛ばしてしまったのです!
画像

更に怒り狂うかと思われた峨王ですが、その一撃を食らった瞬間から中坊を認め、Δダイナマイトを教えろと言い出します!
戦闘に対しては抜群の嗅覚をもつ峨王、おそらくドンを倒すにはこれしかないと考えたのでしょう。
しかし、独自のセンスが絶対不可欠なΔダイナマイトは教えてもらえば出来るというものではありません
間近に迫った決勝戦までに間に合うのでしょうか……

そして決勝戦は始まります。
開始早々ドンによって一撃で栗田がノックアウト。
リタイアと言うわけではありませんが、しばらくの休養は必須です。
その栗田がいない間、蛭魔を守ると宣言したのは峨王でした。
猛然と襲い掛かるドンをブロックする峨王ですが、同時に因縁ある大和もブロックにまわります!
日本最強と言ってもいいパワーとテクニックを持つ二人がかりの渾身のブロックに、流石のドンも……
画像

崩れずに二人とも組み伏せてしまうのでした!!
恐るべし、ドン!

この後も頂点アメリカの更に頂点にいる実力者5人、通称「ペンタグラム」に圧倒され続ける日本チーム。
モン太も、キッドも、進も、そしてセナさえも歯が立たない現実……
ですが日本が、蛭魔がこのまま終わるわけがありません!
点差は開いたものの、勝負は下駄を履くまで解らないもの。
反撃の狼煙はあがります!


とうとう始まった、正真正銘最後の試合。
とにかくその強さを見せ付けるアメリカチーム。
ですが日本チームにも希望はあります。
着々と精度を上げ続けている峨王のΔダイナマイト、回復して戻ってくる栗田、そして蛭魔と阿含の共闘……
テクニック以上の持って生まれた体格等の素質の違いを痛感させられている現状。
しかしそれを乗り越えた何かを見せてくれるはずです!

世界最強を狙う、クライマックス突入の「アイシールド21」最新第36巻は好評発売中です!
泣いても笑っても次巻、いよいよ最終巻!
日本にプチアメフトブームを巻き起こした意欲作、その最終決戦を見逃す手はありませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


アイシールド21 36 (ジャンプコミックス)
集英社
稲垣 理一郎

ユーザレビュー:
五芒星(ペンタグラム ...
才能v.s.努力 ク ...
世界決戦前哨戦!!ワ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「アイシールド21」第35巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスにて刊行、週刊少年ジャンプにて連載中です。

作者は村田雄介・稲垣理一郎両先生。
両先生の紹介と今までのこの作品の紹介は「アイシールド21」のテーマにてまとめさせていただいておりますので、お時間ございましたらご覧下さい。

さて、第34巻でクリスマスボウルが決着。
そして青天の霹靂の如くワールドカップユースの開幕が決定しました。
まずすべきことは世界を相手に戦うメンバーを集めることですが……

と言うわけで第35巻。
早速世界を、最強のアメリカと戦えるメンバーを集めることになります。
セナたちの脳裏に真っ先に浮かぶのはやはり最強のライバルであり友、進でした!
その実力は流石の大和も驚くしかないほどで、文句なく選抜メンバー入りが決まります。
そして大和は西日本で他のメンバーを探し、セナたちはそのまま東日本でメンバーを探すことになりました。

メンバーに欠かせない、圧倒的実力の持ち主と言えば欠かせないのはあの阿含。
基本的に自分の為だけにしか動かない彼を誘うのは骨が折れる、と思いきや以外にも阿含の方から選抜入りを提案……というか強要してきます。
それはワールドカップで優勝したチームの最優秀選手はNFL入りの確定と3億円が手に入ることが発表された為でした。
そして阿含と最強のラインマンの峨王を加えて更にメンバーを練っていきます。
今まで戦ってきた多くのライバルたちをチームに加え、出来上がっていくドリームチーム。
それに加えてまだみぬ強豪や、選抜されていない強豪選手の発掘のためにトライアウトが行われました。
高見や3兄弟などが多数参加しますが、合格したのは関西関東合わせて2名のみ。
関東はあまりにも怪しい包帯男、
画像

そして関西は意外にも中学3年の新キャラ、中坊でした。
画像

この二人を加え、ドリームチームはアメリカへと飛び立ちます!!
ですが阿含はなにやらたくらんでいるようで、選抜漏れの選手達を引き連れて、独自にアメリカへと渡りました。
この謎の講堂ははどういう結果をもたらすのでしょうか……

いよいよ始まるワールドカップ。
様々な国が参加するこの大会ですが、アメフトは殆どアメリカ一強の競技ゆえに実質は世界各国VSアメリカという様相を呈しています。
アメリカはパンサーを始めとしたペンタグラムと呼ばれる5人のスーパープレイヤーを擁し、その実力は仏契ぶっちぎりもいいところ。
中でもひときわ異様な存在感を放っているのがラインマン、Mr.ドンです。
画像

なんと彼、アメリカ大統領の息子!
その上高校生にしてこの容姿と貫禄ですよ!
こんな高校生が率いていたら強いのも頷けますね!!!
Mr.ドンの率いる、そしてパンサーの待つアメリカとの決勝まで越えねばならない相手は3カ国。
ウェイトリフティングの金メダリストを擁するロシア、何故か出し抜けに架空の国ミリタリア共和国、そして日本以上のアメフト競技数を誇る強豪ドイツ。
数々の強敵を撃破しなければアメリカ戦は、そして世界一の称号は手に入らないのです!
その強敵だけでなく、何かたくらむ阿含や暴走必至の峨王など、獅子身中の虫……は言い過ぎとしても、トラブルを起こす臭いしかしない彼らの存在も不安を感じさせますが……
どうなる!ワールドカップ!!

というわけでとうとう開幕したワールドカップ。
おそらくアイシールド21の最終章となるであろう今シリーズ、じっくり展開していくのか……?と思いきや、物凄くさくさく物語は進んでいきます。
ボーナストラック的な位置なのか、さくっと終わらせるつもりなのでしょうか……
どちらにしてもVSアメリカはたっぷりやってくれることは間違いないでしょう!
対世界、対パンサーと言う今まで以上の舞台に加え、ライバルたちが一堂に会し、仲間として戦うと言うのはもう興奮せざるを得ないものがありますしね!
仲間として活躍してくれると今までの強敵も光り輝いて見えるというものです!
そして相変わらず迫力満点のアクションシーンに豊富な構図、恒例の単行本書き下ろしのオマケページも充実して納得の一冊!
来るフィナーレに期待せざるを得ません!

日本でのアメフト漫画唯一の大ヒット作品、「アイシールド21」最新第35巻は好評発売中です!
かませ犬化していたキャラたちの再活躍には感涙する他ナシ!出番はちょこっとですけど!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!


アイシールド21 35 (35) (ジャンプコミックス)
集英社
稲垣 理一郎

ユーザレビュー:
雑じゃない?セナが入 ...
暴走特急、金剛阿含  ...
世界戦・・・? この ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ