3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 中平正彦

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「つきロボ」第2巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者は中平正彦先生。
本作第1巻は「中平正彦」のテーマで紹介記事にリンクしていますので、 よろしければ併せてご覧ください。

さて、愛してやまないアニメの主人公ロボ、「グラドゥルス」の実物大ロボの存在を知ったつきひ。
友人であり、月で行われる機械によるビーチフラッグのような競技、「ルナホッパー」の相棒でもあるるねや、そのチームの仲間であるカントク、ポン太たちと協力してある計画を実行に移します。
その未完成のまま放置されている実物大グラドゥルスを、完成させて動かす!!
その途方もない目的に向かって、つきひたちはゆっくりと猛ダッシュするのでした!!

そんなつきひに、グラドゥルス修理の実際の作業を実質1人で行っているポン太が声をかけてきました。
困ったことになった、と言う言葉とともに差し出したのは、一本のボルト。
頭の部分にほど近いところから、見事にぼっきりと折れてしまっています。
急にそれを見せられてもピンと来ないつきひ。
なにやら話し込んでいるとるねもやってきたところで、ポン太は衝撃の発表を始めたのです。
このボルトはグラドゥルスに使われているもの。
経年劣化しているので、全部交換しなければならない。
あの巨大なグラドゥルスに使われているわけですから、その本数は相当なものでしょう。
それを交換するには当然膨大な手間がかかるわけですが、今つきひたちはある都合で外にでることができないのです。
果たしてどうしたもんかと思案したいところですが、実際の問題はそんな手間だけで済むような生易しいものではなかったのです。
そのボルト、一つあたりのお値段。
巨大ロボットのものごっつい重量を支える必要のあるボルトですから、当然高硬度の特別なものな訳で……
一本で実につきひのお小遣い半年分に相当するものだったのです……!!

そこでポン太が考えた代謝案です。
グラドゥルスの全身あちこちから使えそうなボルトをピックアップし、その全てを使用。
そスすれば右腕一本くらいは何とかなると思われるので、そこでグラドゥルスのレストアを終了とする、と言うものでした。
ですがそれを聞いてもつきひの心は折れません。
画像

彼女曰く、「ボルトが折れてもあたしの心は折れたりしない!」んだそうで。
ボルトの件は任せて、とポン太に見得を切って去っていったのです!!
ここまで自身があると言うことは、何か策があるのでしょう。
一応つきひもそこは考えているようで、「得意分野を活かす」とのこと。
ですがその得意分野とは、
画像

つきひの「ツインテール」、るねの「黒髪ロング」、すっかり巻き込まれたあまねの「お嬢様」、おなじくみさきの「メガネっ娘」……
この「隙のない布陣」の色香によってボルトを値切り、あわよくばタダにしようと言う「萌え殺し大作戦」と言うアレ極まりないものだったのです……!!

るね以外はわりとノリノリで挑むことになった萌え殺し大作戦。
勢い良くボルトを都合してくれるノートン精工へと乗り込みます。
が、入っていきなり思いもよらない障害にぶち当たってしまいました。
画像

責任者が、お胸の豊かな18歳の少女だったのです!!
色々想定外の事態に計画を練り直さざるを得ないつきひですが、意外に事態はいいほうに転がって行きます。
グラドゥルスに使われていたボルトの何割かは彼女、カーリアの亡くなったおじいさんが作ったとか。
そのころはマシニングセンタ的な機械でパーツを作っていたのではなく、人の手による旋盤の操作、いわゆる職人の技で作っていた……と言うような話につきひがグイグイと食いつき、話が弾んで一気に打ち解けることが出来たのです。
カーリアが砕けたボルトを見ながら語ってくれた、おじいちゃんはどんな想いでこのボルトを作ったのだろうかと言う言葉。
つきひは自身をもって、グラドゥルスに対する熱き想いかと!と答えます。
なんだかハートフルな空気に包まれ、つきひの頭の中からはすっかりボルトに関しての交渉なんて消え去ってしまっていまして。
こりゃもうダメだと思い立ったあまねとみさきは
画像

もう駆け引き無しのストレートに「タダにしてください!!」と切り出しやがったのでした!!

流石にただは無理でしたが、カーリアは出来るだけ安くしてあげると約束してくれました。
とりあえず天地がひっくり返っても手が届かない、と言う金額ではなくなったものの、それでもお金は必要です。
そんな時、ふとしたことから思い出されたカントクの存在。
計画性も何にもない行き当たりバッタリな彼ですが、そもそもグラドゥルスを動かそうと最初に言い出したのは彼なわけで。
曲がりなりにも大人であるカントクが、お金のことを一切考えていないとは考えられない、ハズ!
早速連絡をとってみると、一応考えていたようで。
「得意分野を活かす」作戦を!!
もちろん燃え殺し大作戦じゃあありません。
カントクがはっきりと断言できるつきひとるねの得意分野と言ったらアレしかないじゃありませんか。
そう、ルナホッパーです!!

このルナホッパー、参加側だったつきひとるねは知りませんでしたが、賭けの対象になっています。
要するに自分のチームに賭けて、勝ち星を重ねていく……
バクチといえば聞こえは悪いですが、実際一気にお金を稼ぐとなったら他に現実的な策と言うのは考えづらいでしょう。
そんな状況で行われた試合の相手は、なんと前年優勝のチーム!
タダでさえ強いであろう前年優勝チームですが、その上反則スレスレのズルい戦法でヒール道を突き進む厄介過ぎるチームです。
こりゃ勝ち目はないねと諦めモードに入るつきひですが、カントクはしれっとこんなことを言うのです。
勝ってくれなきゃ困るって。
画像

有り金全部我がチームの勝利に突っ込んでるんだからよ!!
……いきなりの崖っぷちをむかえたつきひ。
あぶく銭を手に入れてボルト購入を果たせるのでしょうか?
はたまた監督の全財産は泡と消えてしまうのでしょうか!?

と言うわけで、いきなりのトラブルに見舞われた本作。
ボルト代、というシビアすぎる現実を突きつけられてしまったのです……
SF世界でも金がなくては始まらない!!世知辛いもんです!!!
ですがそこでもただしょげないのがつきひのいいところ。
グラドゥルスよろしく、よく言えば熱血で乗り切って行ってくれるのです!
グラドゥルスのレストアが最大の肝となる本作ですが、つきひのまわりの人物のドラマも見逃せません。
月生まれのつきひとるねはいいのですが、あまねとミサキには月に滞在できる期間が決められていまして。
刻々と迫ってくる別れを前に、彼女達がどんな行動にでるのかに注目したいところ。
さらに今巻で登場したカーリアにも胸と気風のよさ以外の見所が用意。
彼女の言葉が、ポン太をある行動に踏み切らせることになります!
このあたりがこれからしばらく物語の主成分となって行きそう。
彼女達の動向が楽しみですね!!
もちろんグラドゥルスレストアもすこしずつ進んで行きます。
今巻で早くも……!?

ロボットレストアSFコメディ、「つきロボ」第2巻は全国書店にて発売中です!!
文字通り「動き」が見られる今巻。
中平先生作品にはちょこちょこ見られる、SF薀蓄描き下ろしオマケも健在ですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


つきロボ 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
集英社
2012-10-19
中平 正彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by つきロボ 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「つきロボ」第1巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者は中平正彦先生。
中平先生の作品は「中平正彦」のテーマにて紹介記事をまとめさせていただいております。
よろしければそちらも併せてご覧くださいませ。

さて、本作は近未来の月世界を舞台としたSF漫画です。
ですがアクションやらスペースオペラではなく、あるひとつの目的をめざしてのささやか(今のところ)な出来事を描く作品となっているのです!

「月面魔神グラドゥルス」。
20年ほど前に放送された、熱血スーパーロボットアニメです。
当時の人気はいまひとつだったようですが、そんなマイナーじみた作品を今まさに食い入るように見つめている少女がいました。
画像

カッコいい、昔の人はわかっていない!と興奮している彼女の名は、つきひ。
傍らでなにやら作業をしている父親に、一緒に観ようと語りかけるのですが……お父さんはその作業がいそがしいようで、やんわりと断られてしまいます。
やむなくつきひはネット電話のようなシステムを使い、お友達のるねに話しかけました。
いまグラドッゥルスを観ているから、ウチに来て一緒に観ようよ!と言うお誘いを掛けるのですが、るねはいま
画像

大絶賛爆走中!!
るねもレースをしながら、つきひもよくロボットアニメばっかり見て飽きないねえ、とあきれながら応対するのです。
数あるロボットアニメの中で、動かしてみたいと思うのはグラドゥルスだけなんだよねぇ、等となぜかしたり顔をしながら語るわけですが、そんな彼女にるねもとうとう突っ込んできました。
今は「ルナホッパー」の試合中だってことを忘れていないか、と!

ルナホッパーとは、特殊なアーム付きの高速車両。
るねは今まさに、円状のステージの中央にあるポールを取り合うという試合を行っているのです。
で、この試合を行うチーム「サーペント・コイル」にるねやつきひが参加しています。
つきひはそのエースパイロットだったりするのですが、今はある事情でチームリーダー的存在のカントクが代わりに操縦しているのです。
その事情とは、つきひのパイロットスーツの故障。
そしてその故障を直しているのが、今隣にいるお父さんなのです!
要するに今、つきひはパイロットスーツの修理待ちで、出来上がり次第レースに駆けつけなければならない状態だったり。
そんなこともすっかり忘れるほどつきひはグラドゥルスにのめりこんでいたということなわけで……
現状を思い出したつきひは、試合のポイントを確認。
すると、18対2という大差で大負け中なんだそうで……
臨時パイロットの監督はもう辞めるぞと諦めモード。
メカニックのポン太や、るねに説得されてなんとか試合の継続だけはしてくれているのですが、勝ち目は薄そうです。

ちなみに今回の試合のお相手は、人工知能で動く無人機だとか。
これからの時代、人間が操縦するロボなんて要らなくなるのかもね、と言いながら修理を終えたつきひのお父さん。
それを聞いたつきひの心の中には、ふつふつと熱いものがこみ上げてまいりました。
画像

人類対電子頭脳ロボ……燃えるシチュエーションじゃないか!!
妙なところでやる気をまんまんに補充したつきひは、試合も終わり近くなっ太頃に現場に到着しました。
点差は更に広がって24対2。
仮に残りすべて最高得点を取ったとしても同点どまり。
そうなるとタイム差で勝敗が決定するんだそうですが、相手のタイムはキレイに同じで、しかもそのタイムはつきひが以前出したレコードタイムと同じなんだそうで……
つまり、どう足掻いても勝ちはないということです。
ですが勝つだけがすべてじゃない、と言うつきひ。
せめて一矢報いちゃくれませんかね、と語りかけてくる監督と共に、つきひはいやらしい笑いを浮かべまして……
その表情に物凄くいやな予感を感じるるねですが、その予感は的中することに!!
つきひからすればこの「ロボットアーム」がついたこのルナホッパーもロボット同然。
ロボットを動かすのは人類だ!と叫び、そのロボットアームで
画像

グラドゥルスの必殺技名を叫びながら、相手のルナホッパーを叩き壊してしまったのでした!!

試合中にアームで相手を叩くのは別に反則ではありません。
ですが、荷重の制御なんかが難しいので普通はやりたくても出来ないのです。
とは言え、ポールを取り合う試合形式を無視して、相手を壊すためのどつく、しかも相手を稼動不能に追い込むほどの勢いでどつくのは正直やりすぎでしょう。
るねやポン太は落ち込むやら怒るやらするのですが、カントクは大笑い!
どれだけグラドゥルスが好きなんだ、ここまでやるなら本物引っ張り出して叩きゃいいのにと言い出しました。
……本物?
何を言ってるのやらと言う表情を浮かべるつきひ。
当然の反応といえましょうが、カントクはこう続けるのです。
画像

この月に、本物のグラドゥルスがあると知らないのか?と!!!

というわけで、本物のグラドゥルスを動かすために奮闘するお話となる本作。
その肝心のグラドゥルスは結構あっさり発見され、しかもちゃんと何故、何のために作られたのかもきっちりとわかっちゃいます。
だからといって動くかどうかと言うのはまた別のお話。
グラドゥルスがこの月に眠っていたのは、50メートル級の2足歩行ロボが実用性に欠けるから……というわけではなく、いろんな事情から未完成に終わっていたからです。
となれば、グラドゥルスを何より愛し、操縦したがっているつきひがするのはグラドゥルスのパーツ集めしかありえないでしょう!
いろんな人の協力や、つきひの無茶やるねの名推理なんかで、パーツ集めに挑む日々が始まるのです!

中平先生作品では珍しい、少女が主人公となる本作ですが、つきひとるねの他にも気になるキャラが登場します。
学力、体力共に優秀なお金持ちの娘さん、あまねです。
彼女のそれらの要素が、ロボットアニメとかの重要キャラっぽい、と自分が脇で暴れてるお子様キャラっぽいと自覚しているつきひは憧れまくり。
積極的に友達になろうとするのですが、なぜかあまねはつきひをライバル視していまして。
画像

完璧超人っぽいあまねの、ドジっ子要素や、つきひをライバル視する理由であろう意外な要素は、彼女のキャラターをより魅力的に。
つきひ&るねだけでなく、あまねの活躍にも期待しちゃいます!!

月生まれの少女が夢に向かって突き進む、「つきロボ」第1巻は全国書店にて発売中です!
グラドゥルスのパーツ集めを軸に、つきひの日常を描く本作。
意外な人のかかわりなども明かされたりと、パーツ探しは驚きと感動にあふれたものになる予感が!
待望の完成まで、どんな事件が起こるか、どんな人が関わってくるか……先の展開が楽しみですね!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


つきロボ 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
集英社
2012-01-19
中平 正彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by つきロボ 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



このページのトップヘ