3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 閲覧要注意作品

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「瓶詰の地獄」です。
エンターブレインさんのビームコミックスより刊行されました。

作者は丸尾末広先生。
丸尾先生の簡単な紹介と、その著作「芋虫」の紹介は09年10月27日の記事にて記載しております。
よろしければあわせてご覧くださいませ。

さて、本作は丸尾先生の持ち味であるエロスとグロテスクを退廃的な香りとともに描く短、中編集です。
収録されているのは4作品。
まず掲載されているのは表題作でもある「瓶詰の地獄」。
原作はかの夢野久作先生の「瓶詰地獄」で、原作へのリスペクトもあってか、丸尾先生らしからぬグロ要素を控えた作品となっています。
そして同じく同名の作品をモチーフに、丸尾先生独自のテイストを混ぜ込んだ「聖アントワーヌの誘惑」、本巻中唯一の完全オリジナル作品である「かわいそうな姉」などが収録されているのです。
そんな中で今回紹介したいのは、こちらも同名の作品、というか落語が原作となっている「黄金餅」。
原作では金銭欲に取り憑かれた者の妄執をブラックに描く、落語には珍しい毒の強い作品になっているのですが、そこは丸尾先生。
より一層どす黒い味付けを施していらっしゃるのです!!

夜道を按摩の男が1人。
目が不自由らしく、杖で探りながら道を歩いています。
目の前にある大きな水溜りを前に思案している、そんな彼の様子を見かねたのか、通りすがりの女性がこの辺は道が悪いからと先導役を買って出てくれました。
ですがただでその先導役を務めたわけではないようで。
そのまま按摩と女性は、一夜をともにしてしまうのです!

貧しい人たちが、貧乏を嘆きながらも賑やかに暮らしているうらぶれた貧民街。
その中に先ほどの按摩、亀の市の家はあります。
家、と言っても貧乏長屋の一室ですが!
その亀の市、周囲の人間にある疑惑をもたれています。
目が不自由なのは、偽装ではないのかと言うこと。
実際冒頭の水溜りのシーンでも見えないはずの蛇を認識していたようですし、道端に転がっている何かの糞もこともなげに避けて歩いているのですから、その疑惑も真実味も帯びると言うものです。
画像

そんな亀の市が自室で食事をしていると、壁に開いた穴から隣の部屋の住人が様子を窺っています。
どうやら亀の市には、大金を隠し持っていると言ううわさがあるようで。
その大金を探り出し、盗んでしまおうと隣の部屋の夫婦は目論んでいたのです!!
ところがいつ様子を窺っても金は見えませんし、思い切って空き巣にはいってみても、床下から天井裏まで何一つめぼしいものはなく。
画像

犯罪に手を染めるにしても、その大金があると言う確証が得られぬままいるのでした。

一方の亀の市はと言うと、その夜やってきた金を貸してくれと言う親子の申し出を断ったあとにとある行為に没頭していました。
壁に開いた穴から、あの隣の夫婦の情事をのぞき見ること……!
やはり亀の市の目はしっかりと見えていたのです!

翌朝、亀の市と隣の夫婦の元に変化が訪れました。
亀の市の頭に出来た、チクチクと痛むできもの。
そして、隣夫婦の奥さんに親しげに話しかけている、彼女の兄だと言う男性の訪問。
画像

この二つの出来事をきっかけに、物語は大きく動き出すことになるのです!!

近いうちに大金を掴んでみせる!と、奥さんの兄、次郎に誓う隣の旦那。
そのあてと言えばもちろん亀の市のあれしかありませんが……そんなことを知るよしもない亀の市がその日も自宅に帰ってきました。
ですが、その日の亀の市はいつも以上に無愛想。
どうも機嫌が悪いようですが、その原因は頭に張られた大きな絆創膏の下にあるのでしょうか。
その原因は、程なく明らかになるのです。

安飲み屋で管を巻いていたと言う亀の市。
その飲み屋で彼がぼそぼそと打ち明けたと言う事実……
それは、あのできものが癌で、余命がもはや幾許もないと言うものでした!
どこからかその情報を聞きつけてきた次郎に、隣夫婦の旦那はその件を聞き、より一層監視の目を強くします。
金を溜め込んでいるなら、きっとその整理をするはずですから……!
監視されている亀の市、再び金を貸してくれとやってきた親子に奇妙なお願いをしています。
前回は50銭を貸す事さえ体よく断っていた彼が、餅を20個買ってくると言うおつかいをしてくれれば5円も駄賃としてやると大盤振る舞いをしたのでした!!

程なく届けられた餅。
その餅を前にして、亀の市は奇妙な行動を始めました。
まずてにしたのはいつも使っている杖。
仕掛けが施されているようで、引っ張ると一部が外れ、杖の中の空洞が顔を出しました。
その空洞からのびている、1本の紐。
それを引っ張ると、中から大量の紙幣が出てきたではないですか!
画像

そう、彼は肌身離さず自身の財産をもって歩いていたのです!!
次に亀の市は、餅をてにして中にはいっているあんこを丹念に捨てていきます。
それが終わると、今度は大量の金のにおいをかぎ、涙しながら感触を味わって惜しみ……その金を餅へと包み込んでいきます!
そしてその餅を
画像

次々に丸呑みにしていったのです!!
けちすぎる亀の市は、とうとうその金をまともに使うこともなく、あの世へと持っていってしまうことにしたのでした!!
ですがその強欲の代償はすぐにやってきてしまいます。
有り余る金を腹におさめた餅。
その餅は、すべて自身の腹におさめるには多すぎたのです!
息も絶え絶えになりながら最後の一つを飲み込むと、亀の市はもだえ苦しみだし……
そのまま絶命してしまったのでした……

様子を窺っていた隣夫婦と次郎は、すぐさま亀の市の死体を桶に入れて人気のない紺屋へと運びました。
次郎に渡された包丁を手に、脂汗を流しながらもその刃を突き立てる旦那。
その腹の中からは、出てくるわ出てくるわ餅また餅!
画像

真っ赤に手で染まった、金の入った金餅を手に旦那は歓喜するのですが……
すぐさま彼もまたその包丁で絶命することになるのです!
奥さんの兄だといっていた次郎。
彼はやはり彼女の兄などではなく、いい人でして……
この金を元に次郎と商売を始めると、旦那を冷たい目で見下ろしながら冷酷な真実を打ち明けるのでした……

その金で開業した餅屋、「黄金餅」の名物である黄金餅は大人気。
連日売り切れが続出し、次郎たちは順風満帆な人生を送っていました。
誰一人心を許さず、自分ですら使わないままあの世にもって行こうとした金を、結局まるまる縁もゆかりもないものに奪われて成功の礎にされてしまう。
ケチの末路なんて無情なものだ……と、そんな教訓めいたオチで物語を終わらせる丸尾先生ではありません。
幸福の絶頂の彼らの前に現われた、恐怖の光景……!!
破滅を予感させるラストは、その目でご確認ください……

と言うわけで、落語のブラックな名作を、よりブラックにリメイクした作品を収録した本作。
本作はもちろんのこと、他の作品のどれをとっても丸尾先生らしさが非常に強く出されています。
前述した「黄金餅」でもその一端が知れるかとも思われますが、とりわけその味が強いのは「かわいそうな姉」。
人を選ぶといわれる丸尾先生の作品ですが、この作品は収録作中最もその傾向が顕著に出ていまして。
退廃的な空気、どす黒い人の心、あまりにも無残な結末。
そのすべてがこれでもかとつめられた「かわいそうな姉」もまた、お好きな方ならば必見の内容になっていると言っても過言ではありますまい!!

丸尾先生による短、中編集「瓶詰の地獄」は全国書店にて発売中です!!
原作月作品から完全オリジナルまで網羅した本作。
人を選ぶ作品であることは間違いありませんが、その幸か不幸か選ばれし者たちならば引き込まれること間違い無しですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


瓶詰の地獄 (ビームコミックス)
エンターブレイン
丸尾末広

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 瓶詰の地獄 (ビームコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ハーレムエンド」です。
コアマガジンさんより刊行されました。
グロテスクな描写、ブラックなネタが多数含まれておりますので、閲覧の際はご注意ください。

作者は駕籠真太郎先生。
駕籠先生の他作品は、「駕籠真太郎」のテーマにてまとめております。
どれもがエログロな非常に人を選ぶ作品ですが……よろしければそちらもご参照ください!

さて、本作は近年の駕籠先生単行本描き下ろし作品の流れに沿った、エログロサスペンス漫画です。
そして毎回驚かされる大掛かりな仕掛けも健在。
今回はトリックや、奇抜な設定などよりも、異常な目的や犯行手段にスポットが当てられた作品となっています。

あ、前もって言っておきますと、今回は本編に裸などはたくさん出てきますが、それ以上のエロス要素はほぼありません。
その代わりと言っては何ですが、グロや以上描写などはいつにも増して人を選ぶものになっていますので、くれぐれもそのあたりをご理解のうえご覧ください!!

一年浪人した後、待望の大学生活を始めた伊藤。
クラスの親睦会に出席しますが、どうにも明るすぎるノリについていけないようです。
そんな中で、酔っ払って伊藤に絡んでくる女性がいました。
どうやら飲みすぎてしまった様子の彼女を介抱する伊藤。
眠りはじめてしまった彼女の世話を押し付けられてしまい、飲み会をなかば強制的に追い出され、彼女を家まで送り届けるハメになってしまうのです。
画像


学生証で住所を調べてみると、どうやらかなりおうちが遠い様子。
仕方なく自分のうちに泊めてあげることにしたのですが、彼女に方を貸して歩いている最中、幼馴染の田村に出会ってしまいます。
おすそ分けにきてくれたと言う田村、子供のころのように名前で呼んでといいますが、最近10年以上ぶりに再会した女性を気安く名前で呼ぶ度胸はありません。
とりあえず彼女と別れ、家に向かう伊藤。
そんな彼を、物陰から見つめているおかっぱの女性が……!
そんなことに気づかぬまま自宅ドアの前にたどり着くと、今度は伊藤をお兄ちゃんと呼ぶ小柄な少女が待ち構えていたではないですか!!
画像

なんでもこの少女、ナオは伊藤の父が不倫して出来た異母兄弟なんだとか。
ナオは母が死んでしまい、お兄ちゃんをたよってここまでやってきたんだそうです。

なんだか良くわからないまま、ナオのことも泊めることになってしまった伊藤。
なにやら誘惑しているとしか思えない行動を取るナオに、そんなつもりはないながらもラッキースケベが発動して押し倒す形をとってしまう伊藤。
するとそこで先ほどの幼馴染、田村が現われ……
このまま放っては置けない、監視しなきゃと彼女も強引に部屋に泊まりこんでしまうのです!
なぜかナオ、田村、酔いつぶれた女性の3人と並んで眠ることになってしまった伊藤。
ぶつくさ言いながら眠り、目を覚ますとなんかひとり増えてるじゃないですか!!
今度現れたのは、片目に眼帯をした女性で、言葉をしゃべらず筆談をしてきました。
ですがその台詞は、宇宙から来た監視員だよ、などと言うなんだか電波がゆんゆんしてきているもの。
もしかしたらアレな病院から出てきたのかも?だったら刺激しない方がいいかも、と田村と相談し、彼女をやむなく迎え入れることにしたのです。
ですがここにまた新たに女性が出てきちゃうのです。
ベランダからい当の部屋のベランダに侵入してきた女性、昨夜物陰から伊藤を見つめていたおかっぱの彼女でした。
親が決めたいいなずけがイヤで逃げてきた、15年前大きくなったら結婚しようと約束したあなたに愛に来たと言うこの女性……
やっぱり流れで伊藤は部屋に招きいれてしまうことになるのです!

酔いつぶれ女、なぎさは実家から通うと2時間かかるから、と伊藤の部屋にすむと主張。
放っておけない、と田村もお泊りセットで部屋に泊まりこみ、残りの三人もそのまま部屋に定住。
なにやらみんながみんな伊藤を欲しがっているようで、彼はいきなりモテモテの引っ張りだこに。
画像

これじゃ体が一つじゃ足りないよ……
そんな彼の心の声を聞いたわけではないでしょうが、女性達は
画像

伊藤を5つに「分けて」しまったのです!

この5人の女性はグルでした。
依頼を受けて女の敵を殺す復讐サイト、「ハーレムエンド」。
彼女達がその組織を運営していたのです!
殺害後の処理も手馴れたもの。
死体を実に丁寧に処理し、殺害の痕跡をほとんどゼロにして何事もなかったかのように去っていく……
そんな恐ろしい集団ですが、物語はこのハーレムエンドと、もう一つの恐ろしい集団とのリンクを描いていくのです……!

もう一つの恐ろしい集団、それは「フリッカーズ」と言うアニメ制作会社です。
大人気声優となりながら、男性がらみのスキャンダルから仕事が激減してしまった平原綾。
彼女の元にそのフリッカーズから仕事の依頼が舞い込みます。
彼女が連れられて、フリッカーズの社内で見せられたアニメは意外にも実写でした。
しかも、ひとコマずつ画像を撮影し、コマ送りで作るストップモーションアニメでした。
違和感を感じながらそのアニメを見ていると、横向きツインテールにしている魔法少女風のキャラクターが最近連絡が取れないと言う声優、松戸遥に似ていることに気がつくのです。
そしてそのアニメに、大きな顔の魔女オバケが登場し、春香似の少女の首をガブリ!
画像

生首がごろりと転がったのです!!

怪しすぎる映像を見て腰が引けた平原。
仕事を断って帰ろうとするのですが、動画まで見てしまったんだから返すと言うわけには行かない……と、閉じ込められてしまいます。
必死で逃げる平原、咄嗟に飛び込んだ部屋には
画像

奇妙な器具を取り付けられて、操り人形のようにされている死体が山のように……!!
やはりあのアニメは、死体を使って取られていたのです!!
逃走もむなしく、平原もまたそのアニメに参加朝せられることになってしまうのです……

と言うわけで、方向性は違えども、異常な方法で人を殺す二つの集団が登場する本作。
コマ撮りアニメを取りたくて、次々人を手にかけているフリッカーズ。
そして依頼があれば、ハーレムと言う絶頂を味わわせた後にどん底に叩き落して殺すハーレムエンド。
この二つの組織が予期せぬ形でぶつかり合うことになってしまうのです。
どちらも犯罪を明るみに出さなかった、プロ級の犯罪組織。
その殺し合いは壮絶なものとなります。
繰り広げられる互いの異常性の披露、容赦なき凶刃。
どちらが勝ったとしても後味がよろしくないであろうこの奇怪にして醜悪な争いは、どのような形で決着するのでしょうか……?
良くも悪くも駕籠先生らしい、モヤモヤしまくりのラストを見せ付けてくれるのです!!

そして今回の作品、既にピンと来ている方もいるでしょうが、実在のアニメやら声優さんやら監督さんやらのパロディがたっぷりと盛り込まれています。
ほぼもれなくアレされてしまうので、正直シャレがわかる方でないと許容できないかも……!
そういった意味でも上級者向けの作品となっているのです!!

そして180P超の描き下ろしの本編の他、「うぶモード」誌にて発表されたエログロナンセンス読みきりも5編収録。
こちらは本編に輪をかけてアレな作品になっておりますので……くれぐれも訓練された方のみがご覧になることをおすすめいたします!!

駕籠先生単行本描き下ろし長編第3弾、「ハーレムエンド」は全国書店にて発売中です!
帯に描かれている通り、「閲覧注意」「表紙詐欺」上等の本作。
表紙とは打って変わって、萌えられない……いや、萌えてはいけないような気がする内容ですよ!
今までの作品同様、エログロブラック何でもオッケー!と言う方以外は避けて通る方がいいでしょう……!
残された数少ない、よろこんで茨の道を歩む方は……さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ハーレムエンド
コアマガジン
駕籠真太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハーレムエンド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



このページのトップヘ