3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 一文字蛍

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ASURA'S WRATH ~廻KAI~(アスラズラース カイ)」第1巻です。
角川書店さんの角川コミックス・エースより刊行、ニュータイプエースにて連載されています。

作者は原作がカプコンさんとサイバーコネクトツーさん、脚本が岡田邦彦先生、作画が一文字蛍先生。
カプコンさんとサイバーコネクトツーさんは本作の原作となるゲームの発売元と開発元の会社。
岡田先生は、アニメの脚本を本業としている方のようです。
そして一文字先生と、最終巻刊行中止と言う非業の最期を遂げた作品「転生神機メロウガイン」の紹介は、「一文字蛍」のテーマにてまとめておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ。

さて、本作は12年2月に発売された、「アスラズラース」と言うゲームを原作とした、所謂コミカライズ作品と言うやつです。
ですが本作は、原作のストーリーをそのままなぞるわけではなく、オリジナルキャラの登場や設定の微妙な変更を加え、ポイントを抑えつつもオリジナルのストーリーとなっているのです!!

遥か未来か、遠い昔かわからない、今とは違ういつか。
人と神が共に暮らすその土地に、一柱の神が眠っていました。
底知れぬ憤怒を秘めたその神は……

人間の暮らす村に、「神民」と呼ばれる、神の側の少女ウパラがやってきました。
姿を現した神民に、人々はすがりつきます。
どうかこの村にもご利益を与えてください。
ウパラはそんな懇願に笑顔で答え、早速病で苦しむ人々に薬を与えるなどの施しを行うのでした。

ウパラがこの地に来たのは、ある人物の命によってでした。
神の中でもトップクラスの地位を持つ「七星天」。
そのうちの一人、カルロによって「全ての地を浄土にする」ため、神の英知で無知蒙昧な人間を導け……と伝えられたのです。
ですが、その地に向かうにあたってひとつの警告があるそうで。
そこには邪神が眠っている。
画像

大儀に仇為し、世を乱した悪逆の大罪者がいる……と。

その村に響き渡る、大きな音。
村人によれば、これはその邪神のうなり声なんだとか。
遥か昔、村人がこの地に村を築くずっと昔から邪神は谷底にあり、時折地鳴りのような唸り声を上げているのだそうです。
地鳴りのような唸り声どころか、本当に大地が揺れている気さえする。
そんな言葉を口にしたその時、村人達がにわかに騒ぎ始めました。
「ゴーマ」が出たと言うのです!
ゴーマとは、大地にたまった穢れが噴出すとき現われる怪物。
それは村人達の生活を、命を、無慈悲に破壊していきます。
ウパラは手に持っていた銃でゴーマを撃ち、この隙に村人達に逃げるよう指示!
ですがその逃げる先にもゴーマが大挙して押し寄せてきてしまい、もはや村人達に逃げ場などありません!
するとどうでしょう。
村人達は大地に突っ伏し、「奉魂」させてくれと懇願してきたのです!
奉魂とは……村人の言動から察するに、神の手によって死を迎えることの様子。
画像

それも神民の責務なのですが……まだ経験が浅く、心根の優しいウパラにはどうしてもその引き鉄を引くことが出来ないのです。
どちらにしても、村人に待っているのは死。
そんな絶望ゆえでしょう、恐怖に耐え切れなくなった一人の子供が大声で泣き喚き始めました。
神民様に救済いただけるのに何を泣いているんだ、と子供を黙らせようとする父親。
ですが、その泣き声は思わぬ出来事の引き鉄となったのです!
「その泣き声を止めろ!」。
その咆哮と共に、石造と貸していた邪神が石の殻を砕き、復活したではありませんか!!
ゴーマにくわえ、邪神まで復活したとあっては村人達ももう固まるより他なし。
目覚めた邪神は、どうやら記憶がいまひとつハッキリしない様子です。
そんな彼がまずしたことは……
画像

怒ること!!
ゴーマに視線をやり、お前らが泣かせているのか!と叫ぶや否や、ゴーマたちに猛烈な勢いで襲い掛かったのです!!

何もわからないが、こそ共の泣き声にはなぜか無性に腹がたつ。
その思いだけでゴーマを砕いていく邪神。
ウパラは邪神と恐れられるはずの彼がこうしてゴーマを倒してくれていると言う事実を見て、どうしても邪神が忌み嫌われる存在だとは思えないようです。
ですがそんなウパラを戒める人物が現われます。
現われるなり人間達を踏み潰すその巨体の主は七星天のワイゼン!
画像

ゴーマが人間を食う前に、我らが人の魂を召し上げて浄化するのだ!と、ワイゼンはひれ伏す人々を次々と踏み潰し続けます!
その暴虐が子供まで及んだその時。
邪神はその泣き声を上げさせたワイゼンに怒りの矛先を変えました!
ゴーマを一撃で屠るその攻撃を、張り手で難なく防ぐワイゼン。
どうやらワイゼンは邪神の正体を知っているようで、こう話しかけました。
企画現世に迷い出るであろうと聞き及んでいたが、思いのほか早かったな。
裏切り者「アスラ」よ、と!
邪神の名はアスラ。
アスラは己の名前と共に、忘れてはならないはずの記憶を思い出しました。
自分の愛する妻が殺され、泣き叫ぶ娘を連れて行かれ、反逆者の汚名をかぶされて奈落に落された……ウランでも恨みきれない、怒りの源泉を!!
憤怒と言う言葉すら生易しい、激しすぎる怒りを滾らせるアスラはワイゼンに猛然と攻撃を仕掛けます。
怒りなど、我らの大義には勝ることなし、と突進するアスラを殴り飛ばすワイゼン。
それでもアスラは、燃え尽きることのない怒りのままに再び立ち上がり、攻撃を始めるのです。
そんなアスラを矮小だと笑うワイゼンは、力の差を見せ付けるように笑いながら体を巨大化させていきます。
どんどん、どんどんとその体は大きくなり、やがてそのサイズは
画像

この星と同じほどの超々巨体にまで膨れ上がったではないですか!!
今やそのサイズ差は、象とアリ以上!!
ワイゼンは天空より、アスラをひねり潰そうと人差し指を突き出してきました!!
大きさが違うなどと言うレベルではないこの大きさの違い。
それでもアスラの怒りはまったく陰りを見せないのです!
大きさなど関係無い、貴様らが娘を!
アスラは怒りのままに拳を連打するのですが、
画像

相手にとっては文字通り蚊が刺すほどにも感じないわけで……
アスラは、この怒りでワイゼンを打ちのめすことが出来るのでしょうか!?
彼が怒り狂う、妻と娘に行われた仕打ちとは!?
彼の前に立ちはだかる七星天の力とは!?
宇宙にまで轟きわたるアスラの復讐劇は、まだこれからが本番です!!

というわけで、アスラの復讐劇を描く本作。
誰と戦ってどうなるか、というような重要なところは原作に沿っているものの、独自の味付けがなされていうるのがやはり本作の特徴でしょう。
一番大きな変更点は、ゲーム版にはいないウパラというオリジナルキャラクター。
彼女の存在により、アスラ以外には疑うもののいない神の非道ぶりが強調されており、その非道に憤るアスラと、神の行動に疑問を感じ始めるウパラという二人の主人公が生まれるかたちとなって、感情移入がより深まっているのです!
そして、この原作ゲームのテーマともなっている怒り。
怒りに伴って生まれる激しさ、荒々しさがまた一文字先生の筆致にぴたりと合致しており、宇宙規模の大バトルにふさわしい迫力を生み出すことに成功しているのです!

ほとばしる怒り、「アスラズラース~廻KAI~」第1巻は好評発売中です!
話題作に一味加えた圧巻のバトル漫画となっている本作。
内容的に考えるとおそらく次巻で完結しそうです!!
一瞬も見逃せないドは苦慮句バトル、クライマックス絵は更に過熱すること間違いなしですね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ASURA’S WRATH?廻KAI? (1) (角川コミックス・エース 367-1)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-02-23
一文字 蛍

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ASURA’S WRATH?廻KAI? (1) (角川コミックス・エース 367-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「転生神機メロウガイン」第2巻です。
ソフトバンククリエイティブさんのフレックスコミックスより刊行、フレックスコミックスブラッドにて連載されています。

作者は一文字蛍先生。
一文字先生や本作第1巻は09年4月16日の記事にて紹介させていただいておりますので、お時間ご興味などございましたらご覧になってみてくださいませ。

さて、第1巻ではメロウガインを駆り敵の幹部を連続撃破したちかげ。
ですがティアマット・ボルトという巨大ロボを操る敵幹部、ロッテに敗北を喫してしまいます。
更にその戦闘に巻き込まれ、よく世話になっていた隣のおばさんが死亡……
敗北と悲劇、絶望のふちにたったちかげはどうなるのでしょうか!

戦闘に破れ海に落下したちかげ。
メロウガインのスクリューも稼動せず、もはや死を待つのみと覚悟を決めてしまいます。
そんなとき夢か幻か、ちかげの脳裏に今は亡き両親が姿を現しました。
今まで両親の敵を討つために戦ってきたちかげ。
ですが姿を現した両親は敵討ちなど望んでいない、ちかげが幸せに生きることが本当の望みだと告げるのです。
あきらめなければきっとチャンスは見つかるはずと母に諭され、冷静になったちかげはスクリューが動かない原因が小石が挟まっていただけだと気づいたのです。
小石を取り除くとすでに両親の姿はどこにもありません。
ちかげは両親に礼を言うと地上へと帰還するのでした。

その後無事治療を受け、完治はしていないものの退院することになったちかげ。
彼女は隣のオバちゃんが死んだことを知り、さらに瓦礫と化した自分の住む街を見て戦う意義を見失ってしまいます。
ですがちかげを慕う人物に「守れないものがあったかもしれない、でも守ったものも沢山ある」という言葉を投げかけられ、新たな決意を固めるのです。
復讐に生きてきた過去を改め、みんなを守るために戦う本当のヒーローとして戦う決意を!!
画像

再び襲撃してきたロッテですが、ヒーローになった決意から来る集中力を発揮したちかげは7200倍の出力差をものともせずに圧倒します。
更にその集中力をもってして海中に沈んで見つけられていなかったメロウガインのパーツを呼び寄せ、
画像

「メロウガイン・ヒロイック」として更なるパワーアップ!
必殺の「スーパー逆突きハリケーン」をもってロッテを完全に撃破したのです!!
画像



しかも破壊したロッテの乗機ティアマットを修理改修し、メロウガイン・ヒロイックと合体!
画像

その超絶合体ロボ「ティアマット・ガイン」に乗って不退転の敵であるゲステルの本拠地へと乗り込むのでした!
ところが本拠地に待っていたのは四天聖騎士の鉄腕ゲッツただひとり。
他の幹部たちはすでに姿を消しているのですが、彼は一人残ってちかげを撃破しようと考えていたのでした。
パワーアップしたメロウガインとヒーローになったちかげ。
もはやその実力にかなうものなどほとんどいないはず……だったのですが、ゲッツはちかげ拮抗するどころか有利に勝負を進めるではないですか!
なんと彼もまた地球のために戦うヒーローの覚悟を持った男だったのです!!
画像


というわけで第2巻も飛び交いまくる必殺技は健在!
迫力満点に炸裂を続ける必殺技の応酬は一文字先生の熱気が伝わってくるかのような熱気がこめられており、呼んでいるこちらもついつい手に汗握ってしまうことでしょう!
絵面的な部分以外でも前巻から続いていた窮地から見事な復活を遂げるカタルシスや、負けられない背景を背負ったヒーロー同士の戦いなどのストーリー的にも燃える展開が連続!
ご都合主義とも取れる展開こそありますが、この漫画にはそれすらふさわしいと言えそう!
まさに「熱血」の展開がたまらない一冊になっています!
第1巻に引き続き単行本のおまけとして各種メカやキャラクターの設定資料が付属しており、データを見ていると胸がときめく層の方々大満足間違いなし!
そうでない方でもこんなところまで妙に熱い台詞(?)回しで解説されていますので、十分に楽しめるはずです!

ヒーロー万歳メカ大激突バトル漫画、「転生神機メロウガイン」第2巻は好評発売中です!!
何かと「必殺技」「決め台詞」という漫画ですので、そういった漫画が苦手な方には受け入れづらいかもしれませんが、逆にそのワードがビンビン来る方ならばガッチリ楽しめるこの作品。
イキイキと紡がれる台詞の数々を堪能すべしです!
さぁ、本屋さんにいそぎましょう!!


転生神機メロウガイン 2 (Flex Comix)
ソフトバンククリエイティブ
一文字 蛍

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「転生神機メロウガイン」第1巻です。
ソフトバンククリエイティブさんのフレックスコミックスにて刊行、FlexComixブラッドにて連載中です。

作者は一文字蛍(いちもんじK)先生。
一文字先生は06年に「銃姫」というノベル作品の外伝コミックで世に知られることとなった漫画家です。
今作は先生初のオリジナル作品の単行本になっています。

さて、こちらの作品はパワードスーツ的なメカ纏った者同士が戦いを繰り広げるバトル漫画です。
ロボットモノと言うよりは変身ヒーローモノに近く、重火器よりも肉弾(メカ弾?)攻撃が主な激しいバトルシーンと、ヒーローモノらしい必殺技の応酬が見所となっています。

主人公は突出した空手の腕前を持つ少女、伊那ちかげ。
彼女はメロウガインという兵装を纏い、地上へと進行する海中国家ゲステルを撃退しているのです。
画像

空手をバックボーンとしていることもあり、必殺技は正拳。
しかしメロウガインのパワーを活かしたすさまじい威力を持つ技になってます!
その名も「正拳逆突きハリケーン」!!
画像


全容こそ明かされていませんが、彼女は自分の家族と住む場所をゲステルに奪われ、その復讐を誓って戦闘を繰り返している様子。
しかしなにやらゲステル側にも地上を攻める理由があるようで、どちらにしても戦いは避けられません。
そして第1巻にして早くも発動する地上破滅計画!
富士山を爆発させことによって、日本に集中する地質プレートに衝撃を与え地殻変動を起こし、一気に海水面を上昇させ、世界の主要都市を水没させる……
実質の世界滅亡を招く恐ろしい計画です。
計画の為に現われた超強力なロボット、ティアマットボルトによって蹂躙される自衛隊。
もはやそれに対抗できるのはメロウガインのみ!
いきなりクライマックスの火蓋が切って落とされます!!

熱血バトルシーンでの必殺技の応酬は手に汗握る、作者さんの熱い情熱が感じられる白熱の仕上がりに。
それだけでなく、任務によって潜入したゲステルの幹部格ロッテンマイヤーがちかげの友人である諦とフラグを立ててしまうコミカルかつ萌えるシーンもあり、熱血一辺倒ではありません。
画像

しかもそのシーンが引き金となる一大イベントも起こり始めまして、先が楽しみなこと楽しみなこと!

気合が入りすぎていて見辛いシーンもありますが、描きたいものを描いている、と言う意気込みが感じられるその情熱は本物です!
設定資料も充実しており、データ好きにはたまらないものがありますよ!

熱血ヒロイックヒロインバトル、「転生神機メロウガイン」第1巻は好評発売中です。
物語の発端や背景はいまだ全てが明かされず、それゆえにこれから展開するであろう物語の盛り上がりに期待するべし!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


転生神機メロウガイン 1 (Flex Comix)
ソフトバンククリエイティブ
一文字 蛍

ユーザレビュー:
いいねいいね熱さもさ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ