3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : F4U

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「怪獣のテイル」第3巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者はF4U先生。
本作の紹介は「F4U」のテーマにてまとめておりますので、よろしければ併せてご覧くださいませ。

さて、突然ふってきた卵から生まれた女の子型怪獣、テイルの父親になってしまったマサキ。
同好の志や幼馴染、また別の怪獣なんかも加わって、騒がしいながらもたのしい日常を送るのでした。

最初は人間を敵視していた新たな怪獣のイヴとも打ち解け始め、いつもどおり、いやいつも以上に楽しそうな日常に戻ったテイルたち。
そんな町に、新たな宇宙からの来訪者がやってきました。
ですが今度はテイルのような怪獣ではありません。
全身タイツ的な見た目の、つるっとした男性型のそれ、名は「スターマン ジャスティスロウ」。
画像

そう、いうなればM78星雲から来たアレのような、ヒーローだったのです!
自称正義の使者である彼の目的は、これまたアレのような怪獣退治!!
見た感じからしてまだ幼いようですが、それでもヒーローはヒーロー。
怪獣を倒そうとやる気まんまんで地球に降り立ってまいりました。
が、最初に降り立ったのはテイル達が愛用しているごっこバトル用のミニチュア町。
誰もいない、もしかしてもう怪獣に絶滅させられちゃった?と肩を落とすロウ。
そんな彼が最初に見つけたのは、町に新しく作られたお城を見てカッコいいと感動していたテイルだったのです!

テイルのサイズに合わせて巨大化(と言っても普通の地球人サイズですが)し、戦いを挑んでいくロウ。
ごっこバトルの撮影をしよう、とマサキが超頑張って作り上げた大阪城を破壊しながらテイルにビームを浴びせます。
とはいえテイルもセイバーなんかとごっこで鍛えているテイルにとってはたいしたダメージはありません。
今のビーム何?かっこいい!とごっこバトルの申し込みをしながらテイルはロウに駆け寄り、渾身のパワーボムを叩き込みました!!
画像

続けて頭突きで突進攻撃を仕掛けるのですが、これはかわされてしまい、正樹がそれはもう頑張って作った姫路城に突っ込んでしまいます。
ぐったりするテイルを引き摺り、このまま宇宙に投げ飛ばして悪さできないようにしようと足をつかみあげました!
ですがテイルも力を振り絞り、思い切り火炎放射!!
凄まじい威力を誇る火炎放射ですが、それを持ってもロウを倒すことは出来ません。
ロウの必殺(?)技、
画像

ジャスティス根性で耐え切ったのです!!
耐えたロウは改めてテイルを投げ飛ばすものの、流石にもう宇宙まで飛ばす体力は残っていませんでした。
マサキがくたくたになるまで頑張って作った熱海城にテイルを激突させるのが精一杯だったのです。

体力を使い切ったロウは、その場に駆けつけたセイバーとあづきによって捕獲されてしまったロウ。
悪い怪獣を倒さなければいけない、自分が倒れてもきっと正義の使者のスターマン一族の兄たちが駆けつけて成敗するはずだ、と強がりを見せてきます。
そんな彼の正義心も、今まで戦っていたのがミニチュアの町で、地球人たちは本物の町で平和に暮らしていると知り、その上テイル達が人間と仲よく平和に暮らしていることを知ると揺らいでしまいます。
平和なのはいいことだけど、これじゃ正義の使者たる自分の存在が危ぶまれる。
そんな思案に暮れていると、そこにイヴが現れました。
アレは人類に危害を加える恐れがある怪獣だぞ、とセイバーに指差されると、ロウは元気を取り戻してイヴに大見得を切って戦いを挑……みませんでした。
イヴの顔立ちを見るや、
画像

その可愛さはジャスティス!と一気に態度を急変!
一転してイヴにアプローチをかけまくるようになってしまうのです!

その後、地球に滞在を始めるロウ。
地球では怪獣が人類に適応し、平和に暮らすこの星で、乱れているのは自分の純情なハートだけだとロマンチックな感想を漏らす彼。
尊敬する兄達には、怪獣は凶悪で凶暴、自分達が倒すべき存在だと教えられてきました。
ですがこの星では、災厄であるはずの怪獣が楽しく暮らしており……この星に自分の知る「正義」はないんじゃないかと彼の頭を悩ますのです。
そもそも正義とは一体何なのか?そんなレベルにまで彼の悩みが達したとき、そこにやってきたのがロウの兄達でした!!
「正義」とは、我々スターマンのことだ!とロウにきっぱりと断言するそのうちの一人、トラスト。
画像

兄弟の中で誰より多く怪獣と戦ってきた、歴戦の勇者にしてロウ憧れの兄である彼。
彼にとって怪獣とは、どんな形やどんな適応を見せていようとも、絶対に悪なのです!!
そんな彼は、ロウにこの星の怪獣は違うんだといわれてもその信念を疑うことすらしません。
怪獣に味方するのが地球人なら、地球そのものが悪なんだろう。
トラストはアレだけのタフさや強さを持っているセイバーを一蹴し、こう断言するのです。
怪獣と、その親を殺す……!!
画像

あづきがいままで再三行ってきたワザワイとは、どうやらトラストのことだったよう。
ロウとは比較にならない筆舌に尽くしがたい強さを持ったトラストに、テイル、あづき、再起動したセイバー、そしてイヴは立ち向かいます。
更にその凶刃はマサキにも向けられ……
にわかにやってきた、シリアスな大ピンチ。
この戦いは意外な結末を迎え、また物語もまたフィナーレを迎えます。
マサキの命まで危険に晒される、決戦の行方は!?
イヴに焦がれるロウの恋路は?
気になるマサキの将来は!?
感動のラストが貴方を待っております!!

というわけで、完結巻となる本作。
ちょっとイヴの出番が少なかったりしたのは心残りと言えば心残りですが、素晴らしくきれいにまとまったラストを迎えてくれるのです!
ラスト直前のシリアスな展開のおかげで、マドカやかなめとの恋模様はうやむやになってしまうわけですが、そこもまた本作らしいといえば本作らしいところ。
何事にもならないと言う点が、綺麗なラストの味わいをより深くしているようなしていないような気がするのですから!
オマケ漫画も4P描き下ろされており、最終和でとっても気になったあのアレの詳細が明かされたりも。
最後の最後まで読者を楽しませてくれる、充実の内容です!

感動必至のラストシーンが待っている、「怪獣のテイル」採集第3巻は好評発売中です!!
可愛い怪獣と送る日常が楽しい本作。
楽しい日々の終わりは、新しい楽しい日々の始まりでもあるのです!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


怪獣のテイル 3 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
集英社
2012-02-17
F4U

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怪獣のテイル 3 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「怪獣のテイル」第2巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプにて連載されています。

作者はF4U先生。
本作第1巻の紹介は10年5月27日の記事にて紹介しておりますので、ご興味などございましたらそちらもご覧くださいませ。

さて、ニートの特撮大好き青年マサキの下に突然ふってきた怪獣娘のテイル。
色々型ハズレな彼女に振り回されるものの、なんだかんだと特撮好きの彼にとって怪獣の娘が出来たと言うことは喜ぶべきものでした。
ですがやっぱり怪獣の身内がいるという異常事態は、当然厄介なトラブルも招くわけでして……

テイルの存在に興味を持ち、一時は金で買おうとまでしていた超お金持ちのお嬢様、マドカさん。
その日はテイルにお友達を紹介しに来た、とマサキの常駐先となっているお店にやってまいりました。
早速空から降ってきたそのお友達、名前はセイバー。
画像

ドイツからやってきた、マドカの「怪獣」となるロボットです!!

特撮界においてセイバーとはやられ役戦闘機の名前だよ、と変なところに落胆するマサキですが、そこはそれ。
マドカは自信たっぷりに、テイルにセイバーと戦ってみないかともちかけてきました。
怪獣の本能なのか、戦いに飢えまくっているテイルはいちもにもなく承諾!
仮にぶっ壊してしまったりしたとしても、これはくまで怪獣ごっこと言う遊び、弁償とかは気にしなくていいよ!とのことで、世話焼きの幼馴染、かなめの心配も杞憂に終わります。
オマケに対決ムードを盛り上げるためだと、
画像

25分の1スケール特撮セットまでわざわざ製作!
このセットにこれで俺も夢の体長44メートル、体重1.5千キロだと興奮を隠せないマサキ、テイルに思いっきり遊ばせてやろう、と目を輝かせるのです!

テイルとセイバーの一同公認バトル、名づけてごっこバトル。
業火を吐いたりできるテイルが有利なんじゃないかと身内は当然思うわけですが……
セイバーはマドカの謹製だけに、有り余る資金をつぎ込んだ超性能&超コスト。
一発打つのに10億かかると言うレーザーは、ミニチュアとはいえそれでも10メートル弱はありそうな巨大ビルを一瞬で両断してしまう高威力なのです。
実際最初に戦いの主導権を握ったのはセイバーでした。
画像

ジェット噴射で勢いをつけた飛び蹴りでテイルを思いっきりふっとばし、それならと瓦礫を盾にガードを固めたテイルを再び飛び蹴りで蹴散らすと言うパワーを発揮!
テイルも大声でひるませてから車を投擲、続けて懐にもぐりこんでセイバーを空中にカチ上げ、
画像

動きをとりづらくさせたところに必殺のファイヤーを炸裂させたのです!!
それでもなんと
画像

セイバーは無傷!
全てをはじくと言う超硬い物質、カネモチタニウム合金の装甲、そして地球外の素材を使ったと言う柔軟さと衝撃吸収率に富むバイオスキンで身を固めた彼女の性能はまさに規格外でした!
テイルの全力は見せてもらった、今度はセイバーのターンだと彼女をなんだかたいそうな形態に変化させるマドカ!
いかにもヤバげな雰囲気が漂ってきますが……
あえなくここで電池切れ。
タイムアップでテイルの勝利と相成るのでしたとさ。

と言うわけで、セイバーのお友達兼好敵手が登場した今巻。
今巻の新キャラは彼女だけでなく、今後話の中心に食い込んできそうな新キャラクターが続々登場するのです!
小笠原諸島からやってきて行き倒れなんかそのままの成り行きでマサキのお家に居候することになった野生児キャラの少女あづき、突然現われた一発キャラに思わせるミザル、そして彼女の目の前にふってきたあのタマゴ……
あずきはこの第2巻でもう早速活躍!
小笠原諸島の人に起こられるんじゃないかというくらい、ナチュラル野生児な彼女の重要なんだか重要じゃないんだかイマイチハッキリしないアレコレは本作のカオスぶりをより一層際立ててくれるのです!
ミザルは今巻では顔見世程度ですが、テイルが生まれてきたのと良く似たタマゴ第一発見者と言うことで、当然中身と一緒にこれからの物語を引っ掻き回してくれることは間違いないでしょう!
これから彼女達がどうハチャメチャハッスルしてくれるかが楽しみな限りです!!

また、さりげない恋愛模様も本作の隠れた(?)キモ。
ニートのマサキを密かに大好きなかなめは、相変わらず特撮一筋で何にも察しないマサキに対してやきもきし通し。
その上マサキは意図せずにマドカとのフラグを着々と立て続けていまして……
画像

かなめの本心を知るテイルも気が気じゃない、なんか良くわからない人間関係が出来つつあるのです!
怪獣がいっぱい来て大変なことになるんじゃないか?という本筋っぽいお話、テイルの成長と言う核といえるお話、そして味付け部分ながらも見逃せない恋愛関係と、それぞれ楽しめる実に贅沢な物語といえるのではないでしょうか!!

オマケ要素も設定資料的なものに描き下ろし漫画2Pとバッチリ!
隅々まで楽しめる内容となっています!

テイルのお友達が登場する「怪獣のテイル」第2巻は好評発売中です!
F4U先生独特のノリが楽しい本作。
萌え漫画といえば萌え漫画でしょうが、それだけに終わらないいろいろといきわたった作品ですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


怪獣のテイル 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
集英社
2011-04-19
F4U

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怪獣のテイル 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「怪獣のテイル」第1巻です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラより刊行、ウルトラジャンプエッグにて連載されています。

作者はF4U先生。
F4U先生とその著作、「文化部をいくつか」の紹介は09年2月24日の記事にて紹介しておりますので、よろしければそちらもご覧ください。

さて、本作は突然現れた来訪者がトラブルを巻き起こすタイプの日常漫画です。
登場するのが美少女で、同居することになる……という黄金パターンを踏襲している本作ですが、その美少女の設定がちょっぴり変わったことになっているのです!

自分が特別でない、極普通の人間で極普通の日常を送り続けることに気付き、それを変えてくれる何かを待ち続けていた青年、マサキ。
彼が夜1人公園でたそがれていると、隕石のようなものが飛来してきました!!
画像

もしかしたら愛してやまない宇宙怪獣の類だったりして、と思ったマサキはおもわず「来たれ宇宙怪獣!世界に破滅を!!」などという中二的発言を口走ってしまいます。
するとその隕石らしきもの、突然ぐるりとUターン。
マサキのもとへと急降下してきたのです!!

恐る恐る近寄ると、
画像

本当に卵のような物体がクレーターの中心に鎮座ましましておりました。
こりゃもう間違いなく怪獣の卵だろうと擦り寄ると、早速ひび割れ始めるではないですか。
中から飛び出してきたのはやっぱり怪獣でした!!
画像

……女の子型の、ですが!!
登場するなりマサキを見て尻尾を振りながら「お父さん」と呼ぶ女の子。
家に連れ帰るわけにもいかず、とりあえず同じ怪獣好きの女性、カオリが店長を務める喫茶店を訪ねます。
最初は少女誘拐かと通報しようとするカオリですが、女の子のお尻に生える尻尾を見てようやっと怪獣であるらしいことを理解。
そして卵から生まれる動物にある刷り込み……生まれたはじめてみたものを親だと思う習性によって正樹を父だと認識したのだろうと予測しました。
預かって欲しいというお願いもあっさり却下され、結局正樹は自宅へとつれて帰ることになってしまうのでした。

親に見つからないよう女の子を自室へ連れ帰るマサキ。
一応怪獣図鑑で調べては見るものの載ってるはずもありません。
明日からどうしようと悩みながらも眠ってしまいます。
翌朝目が覚めると、女の子の姿はありません。
そうか夢なんだ、夢に違いないと言い聞かせて茶の間へと降りていくと、そこには両親と一緒に食事をしている女の子がいるではありませんか!
両親はどうやら女の子をマサキの彼女だと勘違いしているようで、それならその方向で誤魔化していこうとするマサキ。
ですがそんな思いも知らず、女の子はマサキがお父さんだとあっさりばらしてしまいます。
が、両親はそれを聞いてもまったく驚きません。
尻尾があることを教えても、母のご飯をおいしそうに食べる女の子なら娘だろうと尻尾があろうと気に入った、とすんなり受け入れてしまうのでした。
結局一番驚いたのはそんな両親の所業を見せ付けられたマサキだったわけです。
そんなマサキに対してマサキの父は、その子がマサキの子なら家においても良いが、親になる覚悟があるならまずは名前をつけろとだけ言いつけるのでした。

とりあえずカオリのもとへ相談に行くマサキ。
怪獣は好きだがこの子は尻尾以外まるで怪獣らしいところがないなどと嘆くマサキに、カオリはそれこそがこの怪獣の特殊能力なんじゃないかと指摘します。
生まれていきなり日本語を話したり、朝ごはんを普通に食べたりマサキ家にすぐ馴染んだりと、そういわれればそんな気もします。
相談中の今も熱心に怪獣のDVDを鑑賞中で、今は尻尾だけでもそのうち超進化するんじゃないか!そんな可能性すら漂ってきた
画像

……様な気がします。
無限の可能性を秘めた女の子を見つめるマサキ。
するといきなり女の子は振り返り、DVDの怪獣がしていた口から火炎噴射をやってみたいと言い出しました。
難しいがそのうちできるんじゃないか、とわりと無責任な返しをするマサキですが、女の子は無邪気に火を吐くまねをすると……
画像

でました。すごいのが。
コントのオチみたいになってしまったマサキ。
人に向かって火を吐いちゃいけない、と怒りつつ、まだまだ怪獣成分は尻尾だけで十分だという意味合いを込めて女の子に「テイル」と命名したのでした。
こうして始まったマサキとテイルの奇妙な親子関係。
テイルを欲しがるお金持ちの高飛車キャラ円や、幼馴染でマサキが好きだけど素直になれない王道的キャラのかなめなど、個性豊かなキャラが続々参戦しつつ展開していきます!!

という感じの日常ギャグ漫画となっている本作。
設定、性格共にはちゃめちゃなテイルを中心として物語は進むものの、ドタバタというよりは独特の味わいある雰囲気で進んでいきます。
生まれたばかりで何事に対しても好奇心満点なテイルの日常の他、恋愛要素やほんのりバトル風味も加わったりして、単なる日常におわらない起伏を作っているのです!
最後に収録されているエピソードではなにやら今後の展開を左右する謎のキャラが姿を現し、気になるところで終わっているのも憎いもんですよ!!
こういった作品でとりわけ重要視されるキャラ付けですが、こちらもバッチリ。
天真爛漫なテイルやツンデレを地で行くかなめは勿論、ワルいキャラになりがちな金持ちキャラの円も憎めない面白キャラですし、地味になりがちな眼鏡キャラのカオリも結構はっちゃけるいい味を出すキャラ。
だれをとっても嫌な人がいない、平和な感じのキャラ関係が心地良いんです!

単行本のおまけとして設定資料やカバー下本体に怪獣図鑑などを収録。
巻末のイラストなどには「文化部をいくつか」の生徒会長が出演し、テイルとの夢の(?)共演も果たされています!!

求めてやまなかった怪獣との共同生活が始まる「怪獣のテイル」第1巻は好評発売中です。
かわいらしい女性キャラによる萌え要素に、独特なシュールなギャグ、意外にも多くの謎を孕んでいる今後など、様々な要素が楽しめる本作。
エロスはあれども乳首券などはない無難な範囲、バイオレンスもほとんど皆無な平和さは万人が楽しめる作品となっています!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


怪獣のテイル 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
集英社
F4U

ユーザレビュー:
クトゥルー的なにかが ...
怪獣の娘というのもい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「文化部をいくつか」です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラにて刊行されました。

作者はF4U先生。
2002年ごろから成年向け漫画を中心に活躍している漫画家で、おそらく全年齢向けの単行本は本作が始めて。
シンプル且つ丁寧で可愛らしい絵柄が特長的です。

さて、こちらの作品は学園を舞台にした日常ギャグ漫画に分類されます。
生徒数6000人を越えるマンモス高校の様々な文化部1話1部ごとを取り上げて、エロスを交えたギャグ短編が展開していきます。
まさに成年向けで活躍中!!というエロスな描写がそこかしこにあり、放送中の放送部員のぱんつを放送部長が舐めたり、あげくにその部長が自分のぱんつから突然「金剛丸」と仰々しい名前の付いたどうみても大人のおもちゃを取り出しその部員におしりに当てたりと、世が世なら成年向け間違い無しです!
生物部では馬を愛するあまり発情期の世話をしたり、馬に乗っているだけで
画像

こうなったり、もうやりたい放題ですよ!

じゃあ全編こんな調子なのハァハァ、と思いきやそうではありません。
5話目くらいからその図式は崩れ始め、エロスは影を潜めて生徒会長を中心としたシュールでカオスなギャグが繰り広げられていく漫画へと変化していきます。
各文化部をとりあげ……という図式すらなくなり、生徒会長のわがままな思いつきに振り回される話が中心になるのですが、それがまた実験的というか……やりたい放題です!
生徒会長がエコを訴えて背景やらベタやら作画やらを省エネし始め酷い有様になっていく、と思いきやそれは漫画内で漫画内のキャラが主役となった漫画を読んでいたと言う話だった、と言うあらすじを書くだけでわけのわからない話や、
生徒会長が少子化を解消する為に啓蒙アニメを作ると称し、ポ○モンとウルトラマンと生殖行為の暗喩(直喩かも……)を合成し、BL要素やショタ要素をも取り入れたハイブリッド作品を作り上げる話など、それはもう自由自在な物語が繰り広げられます。
そして最終回にいたってはメタフィクションの様相まで呈し、突然最終回となった人気のなさを悔やみ、同作者の別作品に出場してでも生き延びる為に突然キャラ作りをはじめる始末!
動物耳をつけて語尾に「コン☆」とか付け出したり、生物部の部長など行き過ぎて野生児になってたり、挙句の果てにオカルト部なんてこれですよ。
画像

とにかく最後は力技でハッピーエンドを迎えるのですが、流れるように書き下ろしのオマケにまで繋がっていく切ないオチは必見です!

エロスと思わせて何でありのギャグ漫画、「文化部をいくつか」は全国書店さんにて好評発売中です。
萌え目的は勿論、やりたい放題なギャグが好きな人にもオススメです!
さぁ、本屋さんに急ぎましょうか!!






このページのトップヘ