3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 富沢ひとし

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「プロペラ天国」です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラにて刊行されました。

作者は富沢ひとし先生。
富沢先生とその代表作、「エイリアン9」は08年11月29日の記事で紹介させていただいておりますので、よろしければご覧くださいませ。

さて、こちらの作品は学園を舞台にしたアクション漫画になります。
ですがその一言では片付けられない、富沢先生ならではの強い強い個性が散りばめられている一癖も二クセもある作品なのです。

主人公は中学1年生の女子、桜田子鐘(さくらだ こがね)。
画像

彼女はあまりにも頼りない姉、子糸(こいと)を強い子にしようと考え、「恋愛探偵組」という依頼者の悩みを解決する部活を作ります。
名前が名前なせいか、入ってきた依頼は恋の悩み。
気になる女子の素性を調査して欲しいというものでした。
素性、というか調べて欲しいのは「人間かどうか」。
この世界には「普通人間」と「合成人間」と呼ばれる奇妙な人種が存在するのです!
そして子糸もまた合成人間で、普通人間の子鐘を守るため奮闘します。
画像


様々な事件に首を突っ込んで行く子鐘たちですが、実はこの部活は一冊の本を元にしていました。
その本は「恋愛探偵組」。
何故か登場人物の名前が子鐘たちと同じなのですが、この本の中では子糸が非常にかっこいいヒーローのように描かれていました。
ある日子鐘が「子糸も早く主人公みたいにカッコよくなって」とつぶやきます。
するとどこかで奇妙な合成人間が起き上がり、つぎつぎと合成普通とわず人間たちを襲い始めたではないですか!
その合成人間にかかると普通人間は昏倒し、合成人間は奇妙な肉の塊に変形して機能を止めてしまいます。
子鐘もその魔の手にかかり昏倒してしまうのですが、それを見た子糸の様子が変わります。
顔がはずれ機械的な頭部が現われたかと思うと、謎の合成人間と共に人間たちを襲い始めたのです!
画像

瞬く間に動くもののいなくなってしまった学校。
しかし翌日、何事もなかったかのように日常が始まりました。
いや、何事もなかったかのようなと言うにはあまりにも大きな変化がおきていたのです。
頼りなくおどおどとしていた子糸ががさつで乱暴で妹をいじめて喜ぶような性格へと変化し、子鐘もそれが当然のように受け入れているのでした!


と言うわけでこの物語、とにかく謎が謎を呼ぶ展開が続きます。
この後物語は驚くべき急展開を迎え、この世界の衝撃的な実状が明かされるなどの息をもつかせぬクライマックスに突入します。
人間と合成人間、その関係の本当の姿は驚くべきもの!
他にも明かされていく謎の数々や、予想以上のシリアスな展開に驚愕間違いなし!
このように、とにかく驚きの連続が楽しめるハードSF漫画になっているのです!

謎が謎呼ぶ女子中学生アクション漫画、「プロペラ天国」は全1巻で発売中です。
独特の作風は勿論、富沢先生が好んで描く「少女がキモい生物に変化」も
画像

しっかり(?)とはいり、ファンは必読!
そして富沢先生の作品としては圧倒的にわかりやすいので、先生の作品を敬遠していた方にもオススメですよ!
まぁその「少女が~」の特長のおかげで万人に薦めづらいというのもあるんですけどね!!
とにかく、本屋さんに急ぎましょう!!


プロペラ天国
集英社
富沢 ひとし

ユーザレビュー:
冗談や漫画ではすまな ...
とにかく回る。 ウル ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「エイリアン9 コンプリート」です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスにて刊行されています。

作者は富沢ひとし先生。
可愛らしい絵柄とは裏腹に、異色としか形容の出来ない独自の世界観を持つ作品を生み出し続けて根強い人気を誇っている漫画家です。
週刊少年チャンピオンで「肥前屋十兵衛」にてデビューを果たし、その後にヤングチャンピオンでこの「エイリアン9」でヒットを生み出した後に活躍の場をアフタヌーンやウルトラジャンプなどにも広げています。
ほとんどの作品に共通しているのが少年少女が奇怪な人外の生物に姿を変えるという部分と、人類や人間の存亡などというシリアス極まりない題材を淡々と描くという構成です。

さて、こちらの「エイリアン9 コンプリート」はヤングチャンピオンで連載された「エイリアン9」全3巻を一冊にまとめ、書き下ろしの漫画やイラストを加えたものになっています。
丁度このころ創刊したばかりのチャンピオンREDにて本作品の続編である「エイリアン9 エミュレイターズ」の単行本が発売され、それに合わせて発売されたようです。

では肝心の内容はどんなものかと書きますと、これがまた異質なのです。
2014年、世界には頻繁にエイリアンがやってくるという事態になっていました。
人間とはあまりにかけ離れた姿を持つエイリアンたちは、多くのものが意思の疎通すら図れずに人間を襲ったり害を与えたりしてくる厄介なものでした。
頻繁にやってくるのはなぜか小学校。
そこで小学校6年生の各クラスごと一名が「エイリアン対策係」という係に任命され、エイリアンの駆除あるいは捕獲をすることになっています。
その方法とは網で捕まえたりという原始的なもの……だけではなく、「ボウグ」と呼ばれている共生型のエイリアンを体に張り付けてサポートしてもらいながら戦うというモノ。
主人公である大谷ゆりは臆病で泣き虫な少女で、同時に任命された川村くみと遠峰かすみの3人で戸惑いながらもその係をこなしていくというお話です。
とまぁここまでならよくある、とは言いませんが少し変わっただけの萌え系漫画です。
しかし大きく違うのが裏では「地球人との共生または支配を図る宇宙人同士の確執」が蠢いており、主人公達知らずにその陰謀に振り回されてしまう形になります。
他にも対策係の仲間が「体がボウグと同じものに変化してしまう」「ボウグとは別のエイリアンと同化してしまう」などの様々なショッキングなシーンが連続。
物語自体も大きな山場こそありますが、エイリアンとの戦いが終わるわけでもなく、未来への不安とほのかな希望が描かれたオチのない終了を迎えます。
ですがそれすらも富沢先生の持ち味といえるのかもしれません。
奇妙で不思議で可愛らしくも恐ろしい物語を淡々と終わらせるともなく終わらせる、そんな不気味とすら感じられるストーリー運びが見るものに様々な感情をわきあがらせてくれるのです。

漫画史を動かすとまでは言いませんが、確かに何かの楔を打ち込んだ不可思議アクション漫画、「エイリアン9」を一気に読める「エイリアン9 コンプリート」は好評発売中です。
はっきりいって読む人を選んでしまうであろう作品ですが、はまる人はビックリするほどはまってしまう不思議な魅力を持つこの漫画、とにかく一度読んでみてから評価してみていただきたいものです!!
さぁ、今すぐ本屋さんに急ぎましょう!!


エイリアン9-コンプリート (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
富沢 ひとし

ユーザレビュー:
ブ厚いアニメの方はこ ...
エイリアン9全三巻+ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このページのトップヘ