3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ : 楳図かずお

本日紹介いたしますのはこちら、「わたしは真悟」です。
小学館さんの小学館文庫より全7巻が刊行されています。

作者は楳図かずお先生。
楳図先生の紹介と個人的最高傑作の「神の左手悪魔の右手」の紹介は11月17日の記事にありますので興味等ございましたらごらんくださいませ。

さて、こちらの「私は真悟」ですが、楳図先生作品としてだけでなく、あらゆる漫画作品の中でも異質極まりない作品となっています。
なにせジャンルわけのしようがないんですから。
どういった話かといいますと、これがまた一言では説明できない摩訶不思議なお話なのです。
とある町工場に2台のロボットが入荷されます。
その工場の従業員の息子がサトルです。
サトルはそのロボットに興味津々で、見に行きたくてしょうがない気持ちを抑えて毎日を過ごしていました。
そんなある日、学校の社会見学の一環としてその工場へロボットを見に行くことが決まりました。
しかしロボットといっても工業用のアームで何か物を作るだけの代物でサトルは拍子抜けしてしまいます。
ですがその工場に別の学校も見学に来ており、そこで一人の少女に出会います。
彼女はマリン。
一目見たときからサトルとマリンは惹かれあい、その後頻繁に逢引をするようになりました。
その場所はもっぱらあの工場でした。
工場でロボットに様々な命令を組み込んで遊んでいたのです。
そんな幸せな毎日を送っていた二人ですが、マリンがイギリスに引っ越すことが決まってしまいました。
反発した二人は家を飛び出し、「結婚して子供を作る」と決めました!!
ンマーおませさん!……といいたいところですが、二人は子供の作り方なんて知りませんでした。
そこで様々な命令を組み込んだロボットに子供の作り方を聞いてみることにしたのです。
出てきた答えは「333ノ テッペンカラ トビウツレ」でした。
彼らはそれを「東京タワーの上から飛び降りる」ことだと理解し、夜の闇にまぎれて東京タワーの頂上目指して登ってしまうのです!!
とにかく言いようのない鬼気迫る迫力を持ったそのシーンは手に汗を握ってしまいます。
やってること自体は意味不明なんですが、それでもひとつ間違えれば死という緊迫感をひしひしと感じさせ、楳図先生の本気がギュンギュンと感じられるのです!
その謎のクライマックスは謎のまま収束する……と思われたのですが、この行動がひとつの変化をもたらします。
東京タワーから飛び降りたことをきっかけに例のロボットになんらかの衝撃を与え、なんと自我を目覚めさせたのです!!
ですが目覚めたばかりのロボットはその時は特に何をするわけでもありませんでした。
ロボットが動き出すきっかけは、完全に離れ離れになることになったマリンにサトルが届くあてのないメッセージを打ち込んだことでした。
「マリン ボクハイマモ キミヲアイシテイマス」と。
それによってロボットは目覚めました。
その時工場は景気が悪くなり、ロボットを処分してしまおうとしていました。
そして自我の芽生えたロボットを前にして口をついた経営者の「壊す」という言葉。
「壊す」とはどういうことなのか。
このサトルのメッセージも壊されてしまうのか。
そう思った瞬間、ロボットは完全にひとつの意識を持った物体になりました。
アームを使って自ら移動し、電話線に介入してメッセージを送り……
サトルのメッセージをマリンに届けようと考えたのです!
そして全7巻中に第3巻終盤にしてついに彼はこう語ったのです。
「ワタシハシンゴ」
真鈴(マリン)と悟(サトル)の間に生まれた「真悟」だと。
「わたしは真悟」だと!!

物語の折り返しも間近という時点でついに明かされるタイトルの真実!
前後の異様な盛り上がりもあり、とうとうきたか!!と熱くなってしまう演出ですよ!!
その後主人公、真悟の長い旅が始まります。
イギリスにて幼女性愛の変態英国外道男に拉致監禁されてしまうマリンのもとへ向かい、真悟はその自我をどんどん拡大していき、ついには神の領域にまで達します!
ですが凄まじい事件に巻き込まれてしまうマリンを救うため、そして人類の過ちを正す為にエネルギーを使い果たし、どんどんと真悟としての力を失っていきます。
ですがマリンに託された新たなメッセージ、「サトル、ワタシハ イマモ アナタガ スキデス。 マリン」を悟るに伝える為、全身の力を振り絞ってサトルのもとに向かうのでした……

最後の最後、物語は唐突ともいえる終焉を迎えます。
マリンのメッセージは伝わることはないのです。
ですが真悟の行動は無駄ではなく、あるひとつの言葉をサトルに残すことに成功します。
サトルがその言葉に気付き、驚きの声を漏らす。
そのシーンでサトルとマリンと真悟の物語は終わってしまうのです。
サトルとマリンはこの後どうなるのか、まったく語られることはありません。
しかし彼らは最後の言葉を胸に強く生き続ける……そんな余韻だけは確かに感じられるのでした。

というわけで、ジャンルわけ不能な物語は不能なままおわります。
主役は中盤まで動き出さず、恋愛を描いた物語にしてはかかわる脇役達が続々と不幸に陥ったり死んだりしていって血生臭く、ホラーというほどに恐ろしさはなく……
とにかく不可解な作品です。
ですが、楳図先生の傾けた猛烈な情熱は物語全編からものすごい勢いで感じられ、それに引っ張られるかのように物語は電波を発しつつも傑作といえる面白さに仕上がっています。
楳図先生といえばホラーor下品ギャグと考える方も多いでしょうが、そうでない「愛」をモチーフにした傑作までも作り出す文字通り鬼才なのです!

「わたしは真悟」は全7巻が文庫にて発売中です。
楳図先生の気持ちがゆんゆんと感じられる傑作、あなたにも是非読んでいただきたいものです。
さぁ、本屋さんにダッシュだ!!

わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫)
小学館
楳図 かずお

ユーザレビュー:
ずっと本棚に居続ける ...
お嫁入り道具のひとつ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「神の左手悪魔の右手」です。
小学館さんの小学館文庫にて刊行されています。

作者は楳図かずお先生。
楳図先生と代表作「漂流教室」の紹介は10月26日の記事にありますのでよろしければご参照下さい。

さてこちらの作品。
ホラー漫画の大家である楳図先生の作品の中でも群を抜いてグロテスクな作品です。
いうなればスプラッター漫画でしょうか。
先生らしいおどろおどろしく不気味な物語ですが、何よりその過剰ともいえる無惨な描写に目が行ってしまいます。
何せのっけから見開きで少女の目からはさみが飛び出てきます。
画像張ります。グロいです。注意!
画像

これはすべて大雨のときに流れてきた「地下室」で拾ったはさみが元凶となる凶事のひとつなのですが、この少女の受難はこれだけではありません。
説明しておきますと、この少女は主人公の想(そう)の姉です。
想の姉がこの後体から様々なものが出てくる恐怖の体験をするのです。
その地下室にまつわる残忍な事件に関連するものが口の中から、または皮膚を突き破って飛び出してきます。
三輪車、被害者の遺骨……
さぁ画像行って見ますか。グロいです。
画像

とまぁこのように、おぞましいまでのグロ描写の連続。
この事件を巻き起こした異形の親子もそりゃまぁ邪悪で、恐ろしいこと恐ろしいこと。
どんでん返しに次ぐどんでん返しの末事件は解決するのですが、その驚きの結末は読んでみてのお楽しみということで。

とはいえ、そこは楳図先生。
歴代最大級のスプラッター表現だけでなく、独自のどす黒い怨念や偏執的な異常性を溢れんばかりに表現した衝撃的なホラー漫画に仕上げています。
画像を持って紹介した第1シリーズ「錆びたハサミ」での衝撃の導入の後、なんと想を含む数名の小学生達が
人は死ぬと本当の顔になるという突飛な話を信じて教師を殺してしまう「消えた消しゴム」、蜘蛛の化身らしきものに魅入られ山のような蜘蛛の大群に襲われる「女王蜘蛛の舌」、娘に読み聞かせる絵本を描くために無差別な殺人を繰り返す狂気の殺人鬼が恐ろしい「黒い絵本」、人々の守護霊を食い殺し死と恐怖をばら撒く亡霊との緊迫の戦いを描く「影亡者」の全5シリーズからなっています。
どれもが楳図先生作品中オカルト色が特に濃いのも特徴で、霊魂や妖怪じみた存在を多く取り扱っています。
そして徐々に明かされていくのが主人公の想が持つ力。
想が夢の中で左手をかざすとあらゆるものを癒し、右手をかざすとあらゆるものを殺す。
そんなタイトルのとおり神とも悪魔とも取れる力がじわじわと明かされ、最後の「影亡者」では想の衝撃の正体が明かされます!
……あんまりにも突飛過ぎてあいた口がふさがらないくらい衝撃の正体が!!

また、楳図先生独自の電波ゆんゆんぶりも遺憾なく発揮されています。
記事タイトルに書いた「あなたは想!」のくだりとかどう見ても駄洒落です!
でもめちゃくちゃ真面目なシーンで使ってるんです!!
他にも「あの世のもうひとつあの世」という謎空間(?)があったり、想が自作した消しゴム製の守り神の名前が「ぬーめらうーめら」とワケわからない名前だったり、突然守護霊が見えるようになった想が母親を見るなり「お母さんの後ろの霊が!!」と叫んで緊張のまま続いたと思ったら次の話では「お母さんの霊は去年死んだお婆ちゃんだっ!」とさりげなく改変されていて脱力したりと盛り沢山!
そういった部分でも楽しめてしまいます!!

楳図先生の黒い部分がもっとも顕著に現われているともいえるこちらの「神の左手悪魔の右手」は入手しやすい文庫本が全4巻発行されています。
グロに耐性のある方なら是非とも読んでみるべきです!!
個人的に楳図先生作品中一番好きなこの作品、万人には薦められませんが漫画好きなら絶対に読むべき作品であると断言してしまいましょう!!
さぁ、今すぐ本屋さんに急げっ!!

神の左手悪魔の右手 (1) (小学館文庫)
小学館
楳図 かずお

ユーザレビュー:
楳図作品でも大分イっ ...
楳図イマジネーション ...
ウエ…初期のころの赤 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


え?映画版?
無かった事にしたほうがいいんじゃないかな……
「黒い絵本」を原作に選ぶ時点で逃げに入ってる気がしますよね!!

このページのトップヘ