3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ: めいびい

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「黄昏乙女×アムネジア」第7巻です。
スクウェア・エニックスさんのガンガンコミックスJOKERより刊行、ガンガンJOKERにて連載されています。

作者はめいびい先生。
本作の紹介は「めいびい」のテーマにてまとめておりますので、よろしければご覧ください。

さて、「夕日に照らされる足」の持ち主の調査を行った前巻。
その依頼から当初の目的である七不思議のひとつ、「異次元十三階段」にたどり着くことが出来ました。
当初は何もない拍子抜けの単なる噂に過ぎないと思われていたその十三階段ですが、実は隠し扉のようなものが存在していて、その先には夕子のためと思われる部屋があって……
そしてどうやらその部屋には、霧江の祖母であり夕子の妹である、紫子が関与しているようなのです。

物憂げな表情でため息をつく貞一。
そしてその姿をちらちらと見ながら、何と言うか……意ずらそうな表情を浮かべる小此木。
怪異調査部の部室には珍しくその二人しかいません。
時間はもう5時を回っています。
とうとうやりきれなくなった小此木は、遅いですよねぇ?と貞一に話しかけました。
小此木が遅いといっているのは当然霧江のことなわけですが、それどころではない貞一は、夕子さん来ないのかな、と吐露してしまいました。
いつもは夕子さんが普通にこの部屋をふらふらしていることを知らない小此木は、噂の幽霊、夕子さんが来るのかと大興奮!
慌てて貞一は霧江さんだとだと訂正するのでした。

その霧江は、夕子はなぜ来ないのでしょうか。
それは昨日のことです。
あの謎の部屋を自分の目で確かめ、影夕子に遭遇したものの、思わず逃げ出してしまった夕子。
そんな夕子にあった貞一は様子のおかしい彼女に対し、夕子の力になりたい、どんな過去でも受け入れるを語りかけるのですが……
自分の意思で一度切り離したものを、「今」受け入れることが出来なかった夕子は、過去を受け入れられない自分の弱さのためなのか、そんな自分に注がれる貞一のやさしさのためなのか……
画像

その場から走り去ってしまうのでした。

そのあと、貞一は自分の目であの謎の部屋を確かめにいきます。
そこで待ち構えていたのは霧江でした。
霧江はこの部屋が何かと言うことを教えてくれます。
夕子の遺品が置かれていると言うこの部屋は、学園の理事でもある紫子が彼女への思いを閉じ込めた部屋なのだと言います。
夕子にこの部屋の存在を教えたのは他ならぬ霧江。
夕子の真の望みをかなえるために教えたと言う霧江ですが、結果として夕子はショックを受けて泣いていたわけで。
こんなのは違うと思う、と漏らす貞一ですが、霧江は続けるのです。
この部屋をキレイに保ってきた60年間、紫子はどんな思いで過ごしてきたのか?
夕子は過去をしらなくてはならないし、それは貞一の目的と同じはず。
夕子がどうなろうとも、それはあるべき姿に戻るだけのこと。
……例え結果として、夕子が消えてしまうことになったとしても……
その言葉に、思わず怒鳴って返してしまう貞一。
画像

勝手なことを言わないでくれ、自分はそんなことを望んではいない。
何が正しくて、どうすれば夕子のためになるかわからない。
ここで夕子に何があったのかすらわからないのに……
そこまで行ったところで振り返ると……霧江はなんか涙目になっていました。
自分だっておばあちゃんが……と何かいいかけた後、仕切りなおして(?)怒鳴らなくたっていいじゃないか!とないて走り去っていってしまったのです!
画像

すけべだのおっぱい星人だのと捨て台詞を残して……

それから何日立っても夕子は部室に来ませんでした。
流石に貞一も不安になったのか、放課後は毎日学校内をウロウロして探し回るのですが、その姿はどうしても見つからないのです。
ですがそんな苦労もついに実を結び、夕子の姿を発見しました!
猫じゃらしで猫をじゃらしている夕子。
画像

ところが夕子、貞一に声をかけられるとあわてて逃げ出してしまうのです!!
必死で呼びかけながら追いかけるのですが、残念ながら見失ってしまいます。
一体夕子がなぜ自分から逃げ回っているのかわからない貞一は頭を抱えてしまうのですが、その時先ほどまでの自分とよく似た境遇の二人を見かけます。
画像

前巻で依頼を受けた、夕日に照らされた足の持ち主の沖浦と、彼女にアプローチをかける三原です。
待って下さいと追いかけるものの、ほっといてとあしらわれてしまった三原。
何があったのかとたずねてみれば、何でも最近彼女の様子がおかしいんだそうです。
学校の絵を描くのが趣味だと言う沖浦。
三原は彼女の横にいてそれを見るのが恒例になっていたのだそうですが、いつもはそっけない態度は取られるものの、別に嫌っていたりはしない感じでした。
ところがここ数日は彼女の様子が明らかに変わってしまいます。
何かを描こうとしていて、それをやめてしまう。
そしてそのことについて聞くと、先ほどのように怒られてしまうと言うのです。
怒られた際に投げつけられた彼女のスケッチブック。
それを開き、その問題の絵を見てみるとそこには、
画像

黒い女性の影のようなものが描かれていて……
これはもしかすると、夕子か、あるいは影夕子を描いたものなのでしょうか?
そしてこの絵を描きかけた沖浦が見たという、「黒い絵」。
一体これらが意味するのは何なのでしょうか!?

というわけで、またも新たな展開を迎える本作。
貞一と夕子、そして霧江がギクシャクとしてしまう本巻ですが、それ以外にも注目せざるを得ない要素がありまして……
今まで夕子のことを思い続けてきた紫子。
彼女が今巻、ついにひとつの決断をするのです。
この決断が実行に移されれば、否が応にも物語は進むしかありません。
紫子の決断、夕子の過去、影夕子。
物語のクライマックスは近そうです!!

夕子の過去は。黒い絵とは?「黄昏乙女×アムネジア」第7巻は好評発売中です!
物語が動く本巻。
次巻以降に更なる大きな動きが待っていることは間違いなさそうで、これからも見逃せない展開が続きそうですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


黄昏乙女×アムネジア(7) (ガンガンコミックスJOKER)
スクウェア・エニックス
2012-04-21
めいびい

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黄昏乙女×アムネジア(7) (ガンガンコミックスJOKER) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「黄昏乙女×アムネジア」第6巻です。
スクウェア・エニックスさんのガンガンコミックスJOKERより刊行、ガンガンJOKERにて連載されています。

作者はめいびい先生。
本作は「めいびい」のテーマにて紹介記事をまとめておりますので、よろしければご一緒にご覧くださいませ。

さて、夕子の謎を探りながら、学園七不思議の調査を進めていく貞一たち。
夕子の闇を体現したかのような、影夕子の存在に怯えながらも日常を過ごしていくのですが……?

七不思議もとうとう六つ目の調査にたどり着いていました。
「異次元十三階段」。
異次元につながっていると言う階段の階段ですが、アレコレ探しても一向に見つかる様子がありません。
そんな道中、七不思議を全てそろえるとどうなるのか?と言う疑問を霧江が投げかけてきました。
夕子の過去のことにつながっていると思われる七不思議ですが、一応既に「土地の祟りを収めるためのいけにえになった」という大まかな過去はわかっているわけで。
霧江が気にしているのはそっちの方でなく……よくある「七不思議を全て知ると不幸が訪れる」系の方面でした。
画像

七つ全て知ってしまうと、そののろいで死ぬとかよく言うじゃないか、と言う霧江の言葉に驚き戸惑う貞一ですが、あくまで霧江が言ったのはたとえと言うか、冗談のようなもの。
なんだかその言葉に夕子はショックを受けているようですが……

そんな三人の下に、いつものように小此木がやってきました。
ですがいつもと違うのは、一人の男性を連れてきているところ。
一年生だと言うその男子の名は三原。
霊界と交信できると(小此木が)言う貞一を見込んで相談があるという彼ですが、その相談というのが突拍子もないことだったのです。
画像

「幽霊と付き合うことができるか」……という!

何でも彼の話はこういうことです。
とある窓から、旧校舎の3階の端にある教室の窓が見える、
毎日ではないが、一度や二度ではない結構な頻度で、そしていつも同じような時間にその窓から「足」が見えるというのです。
教室からにゅっと突き出された、夕日に照らされる美しい足。
画像

その現実味のなさと、その不思議な綺麗さは三原の脳裏に焼きついてしまったのです。
何度も見ているうちに、どんな顔している人の足なんだろうか、そして何故あんなところにいるのかが気になって、ついにその教室に確かめに行ってしまいました。
ですがたどり着いてみれば、その教室には誰もおらず……
それから何度も、足を目撃するたびに確かめに行ったものの、結局一度も目撃することはなかったのです。
それは本当に幽霊なのか?
確かにそうだとは言い切れませんが、姿を消すということから幽霊くらいしか当てはまる存在がなさそうな。
そこで幽霊と言えば貞一だと白羽の矢を立てたんだそうです。

どうしてもその彼女に会いたいという三原。
小此木も霊と恋愛なんて危険だ、と牡丹灯篭を例に挙げて釘を刺しながらも興味は津々のようです。
霊との恋愛、と言われては貞一もちょっぴりどきりとしてしまうのですが……
ともかく調査を始めたのでした。

旧校舎にやってきた一同。
現場の教室にも言って見ますが、これと言った収穫はありませんでした。
貞一はその教室に何か違和感のようなものを感じてはいたようですが、その正体まではつかめず。
とりあえず一旦調査は中断されるのです。

その後も貞一たちは調査を続けます。
夕子が件の足が見えるような体勢になり、事件(?)の再現もして見ました。
まぁこれは、夕子がこうすれば足がきれいに見えるのかな?と言う邪な考えで行われたどうでもいいことなんですが……
そんな様子を見ていた霧江はため息をついて、三原の見間違いじゃないのかと率直な感想を漏らします。
ですが、貞一はそんな気がするだけだと前置きをしながら、彼はきっと「何か」をそこで見たんだと言い切るのでした。
そんな貞一に、霧江はなんだかんだと言いながらも自分が調べた旧校舎周りのアレコレのメモを手渡してくれました。
これだけ調べても十三階段は無い、もしあるとしたら隠し階段だが、校舎じゅう調べるのは難しいだろう、と言う言葉とともに。

時間はちょうど夕暮れ時。
例の足の幽霊が出る時間ですし、改めて調べてみようとなったのですが、ここで貞一の脳裏にひらめくものがあったようです。
隠し階段、そして夕子の再現。
画像

考え出した結論は……!

早速例の現場に言ってみると、今日もその足がはっきりと見えていました。
貞一が例の教室に入ったとき感じていた違和感。
それは、「夕日が差し込んでいなかった」と言うことでした。
つまり、彼女の足がきれいに見えたのも「夕日が差し込んでいないから、夕日に照らされていた」のです!
今まで見ていた窓は、旧校舎の端の窓でした。
ですが突入した教室は、性格には端からひとつ手前の教室で、実際はもうひとつ隣に隠し部屋がある!
突き当たりだと思っていた廊下に置かれていたロッカーを開けると、そこにはぽっかりと穴が開いており。
その先には、その美しい足の持ち主の女性が腰掛けていたのでした!!
画像


彼女の正体とともに、貞一と夕子は意外にも十三階段も見つけてしまいました。
ですがその十三階段は、期待していたようないわくつきのものではなかったようで。
落胆のような安心のような、複雑な感情で貞一たちはこの調査を終えるのです。
ですが、この十三階段はあくまで導入に過ぎなかったのです。
霧江が1人で調査し、気がついてしまった十三階段の真実。
さらにこの真実に、意外すぎる人物が関わっていることがわかり……
物語は大きく進展することになりそうです!!

というわけで、七不思議の解明が進む本作。
夕子に関しての謎も徐々に解き明かされていくようで、大きくお話が動く予感がびんびんします!
夕子と霧江、そして十三階段に関わっているある人物。
彼女達が、失われている夕子の記憶や、封印されている過去を明かす鍵になることは確か。
夕子がかつて自分から切り離した存在である、影夕子。
彼女と夕子が融合することがおそらくその早道であるのでしょうが……
そう簡単に物事は進まないようです!

そして今巻もまた、霧江の活躍が多いのがファンとしては嬉しいところ!
オマケ漫画にいたっては、完全に霧江をフィーチャーした漫画になっております!
彼女のから回りっぷりを見守るべし、です!!

夕子さんもストッキングからタイツに衣替えし、物語の雰囲気も変わっていきそうな「黄昏乙女×アムネジア」第6巻は好評発売中です!
TVアニメの放送も間近に迫った本作。
その放映開始を記念し、第7巻は12年4月と、第6巻から連続刊行が予定されています!
夕子さんファンも霧江ファンも、物語が楽しみの人も嬉しい振る舞いですね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


黄昏乙女×アムネジア(6) (ガンガンコミックスJOKER)
スクウェア・エニックス
めいびい

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黄昏乙女×アムネジア(6) (ガンガンコミックスJOKER) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↑このページのトップヘ